仙人の祈り

奴隷を解放せよ - 2,700万の心の叫び

世界には控えめな数字でも2,700万人の奴隷がいる。奴隷貿易時代にアフリカから移送された奴隷のおよそ倍の規模だ。

150年前、アメリカの農場に送り込まれた奴隷の値段は当時の平均年収の3倍であったが、現代の奴隷は僅か18ドルの借金によって、家族が何世代にも渡って奴隷となっている。これは昔話ではない。今現在、この地球上で起きている話である。

レンガ工場の奴隷インドやネパールのヒマラヤ地方にレンガを焼く窯がある。気温50度を超える現場では、男女子供関係なく頭にレンガを載せて数百メートル先のトラックまで運ぶ。

16時間休みもなく、彼らは黙々と同じ作業を繰り返す。まるで古代エジプトかダンテの「神曲」の地獄篇のような光景である。

子供が自分の体重以上の石板を麓のトラックまで運ぶ。飲み水も休みもなく、慢性的な脱水症状を起こしている。

彼らは生まれた時からその環境にいるため、外の世界を知らない。「宇宙は自分に興味がない」、そう思うしかない。

カトマンズではキャビンレストランと呼ばれる強制売春宿がある。レストランの入り口は一つしかなく、脱出は出来ない。中には7歳の子供までいる。

世界最大の人造湖であるガーナのヴォルタ湖では4,000人の子供の奴隷が働く。深夜の真っ暗闇の湖で投網をして魚を取るが、毎年多くの子供が溺れて命を落とす。
金鉱山では、大人の奴隷が働く。足は水銀の入った水に浸かっている。奴隷はやがて結核や水銀中毒で死ぬ。親が死ぬと子供にその借金が行く。その繰り返しである。

カンボジア人の物乞いをする少女インドでは目を潰された子供が花を売る。バンコクではカンボジア人の女の子が裸で土下座し、物乞いをさせられている。

中国政府は昨年だけで4,449件の人身売買業者を摘発した。先日も中国で生産された玩具の中からSOSの手紙が見つかる事件があったばかりだ。

NYタイムズによると、毎年10-30万人のアメリカ人の貧困層の子供が性奴隷や臓器提供者として世界で売買されている。挙げればキリがない。

奴隷ビジネスは世界で年間130億ドル以上の利益を生み出す巨大産業だ。この世には地獄の冥府に繋いでおかなければならないような鬼畜が、数え切れないほど存在する。

言うまでもないことだが、奴隷として扱われる彼らは、私達と同じように生きる権利と尊厳のある人間である。

Free the Slaves(奴隷を解放せよ)は、この問題に最も正面から向き合うNGOだ。著名人やお金持ちからの寄付金によって、奴隷を買い戻して解放する活動を行っている。先進国の政府は独裁政権には軍事仲介するが、奴隷問題のためには一切手を出してくれない。頼れるのはこのNGOだけだ。

2,700万人の奴隷たちはFree the Slavesが助けてくれる日を待ち望んでいる。幸運にも彼らによって解放された人は、一本のロウソクを握って写真を撮る。写真には「ロウソクの灯火が見る人の心に光を当て、すべての奴隷が解放されることを願う」というメッセージが込められている。
子供がいるので、ニュースで北朝鮮のお腹すかせて
いる場面を見ると、胸が苦しくなり消してしまいます。。
自分の子がこうなったら、、と考えると
正視できません。
日本は少子化ですから、地域みんなで支えあって
引き取れる制度ができるといいですね。
外国にばら撒くお金があるなら、子供らを救って
欲しいです。
それなら、私は喜んで税金払いますね。
[ 2013/01/17 08:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
るんさん、コメントありがとうございます。

一億総平均の日本にいると、特に気づきずらい部分かと思いますが、人類の貧富の差は結構大きいと思います。
るんさんが仰るように、子供には何の罪もないのに、生まれついた場所が違うだけで、多くの不幸が生まれています。

裸で土下座をする少女を、見て見ぬフリをする街行く人々もある種の同罪ですね。
[ 2013/01/17 11:27 ] [ 編集 ]
このような恐ろしい現実があるとしたら、奴隷解放は必要な活動だと思います。
ただ「奴隷を買い戻」すという点が少し気になりました。
誘拐犯に身代金を払って人質を取り戻すのと同様に悪人を利する結果になると思います。
司法的な救済手段(人身売買業者等の取締・処罰、被害者の保護)は得られないのでしょうか。
資金と組織があれば、実力で解放することも可能ではないでしょうか。第三者のための正当防衛は認められると思います。
[ 2014/08/09 02:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索