仙人の祈り

お金の価値と人生の価値

投資をする人は「お金が欲しい」という目的が第一義的にあるわけであって、何もレジャーやボランティアでやっているわけではないだろう。もちろんそれでいい。結局のところ、まともに勉強して、まともにリスクマネーを投じない限り、まともなリターンを得られないし、市場でまともな会社が評価されて株価が上がる(資本コストが下がる)ことが、まともな社会の発展のために寄与することになる。

しかし、往々にして身銭を切って投資を行う個人投資家というのは、その先の目的を持っていない。「何故、お金持ちになりたいのか?」と聞かれて即答できる人は何割くらいいるだろうか?仕事を辞めて、豪邸に住んで、綺麗な格好をして、美味しいものを食べて、、、そう思う人が多いかもしれない。ただ、もし貴方が投資家として大成して実際にお金持ちになったとしたら、その願望はどうでもいいものになっているはずである。人はお金を得るほどに、お金を超えた価値を知ることになるからだ。

Slum_community201312マレーシアの貧しい家庭で育った友人のMは、子供の頃、病気に苦しむ母親の治療費を稼ぐために、近隣の住人たちに「何でも屋」を申し出てお金を稼いでいた。貧しい村であったため、隣人も決して裕福ではなかったが、多くの人は善意で彼に仕事を与え、時には食べ物や薬を恵んでくれた。Mはその後、猛勉強をして某アイビーリーグで経営学修士を取得し、ウォール街の投資家として優れた成績を収めるようになった。しかし、若くして大金持ちとなった彼は、ある日突然引退し、全財産をマレーシアで自身が設立した基金へ拠出してしまった。

基金は小さな子供のいる貧しい家庭に対して医療費や学費を支援するものであり、条件として、その子供が将来お金持ちになった場合に、再び同基金にお金を拠出してもらう設計となっている。また、基金の特別条項には、子供の頃のMに施しを与えてくれた村人の名前が記載されており、彼らが病気になった際に全ての医療費を支払うことも明記されている。彼は村人たちの一杯の飯の恩を忘れずに大人になり、それに報いることを人生の目的の一つとした。

人生は誰にとっても一度きりであり、二度目はない。だが、ほとんどの大人は人生の7回裏あたりからそのことに気付く。Mにとって、人生における最良の時間と空間は、貧しくとも家族や隣人の愛に包まれた何気ない日常であった。どんなに富と名声を得ても、遥か先にあると思われた山の頂きに立ってみても、それ以上のお宝はこの世界にはないことを悟った。彼は絶頂のうちにウォール街を去り、今は故郷でファンドマネージャーとして基金から給料を貰い、一方で医大生として勉強に励む毎日を送っている。

お金は大切だ。しかしそれは経済というシステムの中での通行手形のようなものでしかない。そこから切り離した一人の人間としての儚い人生を思う時、胸の中にぽっかり空いた侘しさは、自分以外の命に対して与えることでしか埋められない。お金持ちになって優越感に浸ること、嫉妬や歪んだ自己愛に狂い他人を攻撃すること、己を否定しながら透明な存在に徹すること。そのような人生に価値を見出すことはできない。いつまで経っても。

Mは人生の早い時期から人一倍の悲しみを知り、感謝する心を持っていた。カフェで話をしていた時、私が自分の失敗から得た暗黙知のようなものを話すと、カバンから使い古した分厚いノートを取り出して、蟻のように小さな字で必死にメモを取り始めた。ノートにはびっしりと文字が詰まっていたので「まるでバイブルだね」と言うと、愛おしそうに表紙を手で撫でながら「いいえ、それ以上です」と答えたのをよく憶えている。亡き母からプレゼントされたというそのノートは、彼にとって、お金の価値を知り、そして人生の価値を教えてくれるものとなった。

BLOGOSで読む
[ 2013/12/16 18:00 ] 仙人 | コメント(13)
理由
あいかわらず、ステキな記事ですねぇ…(T_T)

お金を稼ぐ第一の理由は、家族を守るためですが、もし、許されるなら、今の仕事を辞めて、ある疾患で苦しむ人を助けてあげたいと思っています

でも、10億では足らない…100億で余りあると私は思います
施設を作り、医師を雇い、治すための最適でカツ保険範囲で安く済むような、長く続けられる環境を作りたいですね
この疾患で自殺者も出ますが、ニュースには取り上げられません
理由も分かりますが、今の日本経済と同じくらい、後戻りできない状態です
治す方法は知ってるのに、現実では今の仕事をこなすのが精一杯ですね

家族を犠牲にしてまで、この問題に対応できないのが、今の私の弱さだと思います
Mさん、ステキな友人ですね…
本当に立派な方だと思います
[ 2013/12/16 21:17 ] [ 編集 ]
当人次第(^。^)
「Mサン」…ニャリに貧しさヲ如何、克服チュンのか?

如何シタラ、母親にょ看病ギャ出来て助けられるニョか?

色々チョ長い月日ヲ重ねて問題点ヲ試行錯誤ちて努力した甲斐有って

『成功』…ヲ治めたのでしょう。。。当人、ご本人次第でつネ!

勿論、周り( 村人etc )のご恩恵モ有ったでチョウが、、、


「ハングリー精神」…が極端に低下した先進国じぇは皆と同じ物に染まり、
唯デちゃえ受動的な日本ヲ筆頭にジョンジョンと減る一方だつ。
『邦・電機』…が「サムチュン」…に負けた敗因モ全てコリでつね!
就職戦線デ、努力しちぇるダロウ若者もシートへのやる気もマニュアル回答。
企業はチョンな人ヲ採用チヨウとは思っちゃイマチェンし、直ぐバレるだゎサ!

「楽な世の中( 日本etc )」…が、人ヲ考えヲ単純化ちて心意気モ怠惰にさせちょる。。。

「るんサン」…身内ヲ犠牲に迄して人に尽くすのは行き過ぎデチョ。
自分にょ好きな道デ、他者が喜んで頂ける事をポンチョは目指しまつが!
「甘ジョン」…ドイツ法人でスト始まった様でつぉ!!!!!…Xmas前に(>_<)
 
※ 「あまねサン」…にょ心温まるエピソードに惹かれてコメちたけんどモ
  一々、取引のご報告は要りまチェン。。。悪いが、興味無いチ!(^o^)
[ 2013/12/17 08:23 ] [ 編集 ]
・・・・利確しちゃいました!

なんか昨日でエネルギー使い果たした感じで・・・疲れた~

1万円目指してたんですが・・・貧しさに負けた~♪いいえ世間に負けた~♪

チキショー!松井和代に負けた~!

※他の皆が知りたがってるの!

え~未だそんなに市場にはエネルギーがあるの?姉さんには見えてるんだ!
俺もう終わると思ってたんだけど?難しいな~・・・何だろう?
苦しい・・・!それとtousikaさんの銘柄知らない奴ばっか!ついてけね~

キャー!・・・上がってる~・・・自慢では無いですがそんな気がしてました!
[ 2013/12/17 10:19 ] [ 編集 ]
ポンチョさん、優しいな〜ありがと♡
ウチの子が、これだったので辛さが分かる分、自分らだけハッピーでいいのか?と^^;
診療科を越え、内緒で診てましたが皆さん良くなりました
でもこれやると、仕事も家のコトもグダグダになるんでダメですね(; ̄ェ ̄)

株は、水面下で泳ぎまくりですよ〜笑
来年、目が離せませんねp(^_^)q良いお年を♪
[ 2013/12/17 12:40 ] [ 編集 ]
人生の目的
難しいです。
大金を稼いだ先にあるものは、私は夫婦の老後の不安解消ですが、金融資産三千万で良いですものね。
三千万以上の巨大な金を稼いだ先も考えて行かないといけないですね。皮算用ですが、思いがけず手にしても良い使い方はできないと思います。
こちらのblogのニューエコノミーの記事は考えさせられました。ネットワークを構築する側に参加しないと挽回不能な差を簡単に付けられてしまう話です。私は投資を通じて参加して行きたいと思いました。




[ 2013/12/18 06:58 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/18 22:18 ] [ 編集 ]
心の余裕
お金が増えると心に余裕が生まれます。心に余裕が生まれると、人に優しくなれるのではないですかね。したがって、自分のためだけにお金を増やそうとしてるうちは幸せではないのかもしれません。そんなことを今回考えさせられた次第です。
心の余裕はまだまだ遠いのが現実ですが(汗)
[ 2013/12/19 13:16 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

Mがお金持ちになったことには必然性がありました。
彼は誠実で真面目で、かつ一見すると頼りなさそうなところがあるので、周囲の人が心配して勝手に彼を支えたくなってしまいます。彼はそうした周囲の助けを得て、猛スピードで成長したわけです。
彼は最初からお金持ちになったら、これまでお世話になった人たちへの恩返しをする予定でした。深い悲しみと人一倍の苦労が、すべて良い方向へ向いていったのは、彼の母親が授けたものでしょう。
彼は成功してしかるべき必然性があったということです。
[ 2013/12/19 15:35 ] [ 編集 ]
酔っ払いはいつも記事と関係ないことばかり書いてしまいます…。
今日やっとこさボーナス出たし♪(* ̄∇ ̄*)b



ジムロジャースの言葉、


『投資で一番儲かるのは株式投資でも不動産投資でもなく、自己投資だ』
[ 2013/12/19 19:36 ] [ 編集 ]
投資って自分の姿が見えますね!利確してから思ったんです!あ~ちっちぇーな俺って!・・・今絶対皆うなずいた!・・・M今優しく笑っただろう!

チクショー松井和代め!  バキューんバキューん!

私の前後親近感が湧くな~!たぶん年は離れてのに?
[ 2013/12/19 20:08 ] [ 編集 ]
なんていい話なんだ。涙出た。
[ 2013/12/19 23:37 ] [ 編集 ]
お金では買えないもの
>人生は誰にとっても一度きりであり、二度目はない。だが、ほとんどの大人は人生の7回裏あたりからそのことに気付く。

人生80年の時代になって、7回裏からの人生も相当長いことに気づきます。思い立った時が吉です。今からでも遅くない。ダメだったらやり直せばいい。だって人はチャレンジするなかに本当の自分の価値を見出すことができるからです。金持ち父さんになれるかどうかは結果論に過ぎない。また、仮にお金持ちになったらなったで別の新たな悩みが待ち受けていることを知るべきです。貧乏父さんからの負け惜しみでした。
[ 2013/12/22 11:46 ] [ 編集 ]
お金の奴隷から開放されたい
よく見ると、ただの紙です。
しかし、これがないと食料も買えないわけですよ。
その上、不景気で先が読めない時代でも、女はお金で男を計る。
こんな紙を増やすために働き、頭を下げ、死ぬまで続けていくのは人間だれしも辛い。
この重圧から逃れ、楽しく生きたいからの投資です。
投資は男のロマンじゃないですかね。

二度目はない、、自分は9回表あたりで気づくところでした。
気づかせてもらい、ありがたい言葉です。



[ 2013/12/22 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索