仙人の祈り

日本は成熟国としての道を模索するべき

日本人選手のすばらしい活躍でリオ・オリンピックは盛り上がっているが、一方で日本経済の方に目を向けると、あまり直視したくない現実が横たわっている。

財政政策・金融政策と「あらゆる手段を動員して」望んだ世紀の一戦において敗色が濃厚となるなか、政府や日銀関係者の内にも、厭戦(えんせん)ムードが漂いはじめてきた。

外国人投資家がこれを見過してくれるわけもなく、国債を売り(金利上昇)、内需株を売り(食品、医薬品、不動産、サービス)、円を買い(円高)、いわゆるアベノミクスの失敗を織り込み始めている。

結果を一言で述べるならば、日本国民や企業は、政府・日銀の施策が、将来の負担増(増税)として返ってくることを知っており、期待インフレを引き上げるような行動は取らなかった。取ってはくれなかった。


しかし、パーティーで踊らなかったからといって、後片付けは自分たちでしなくてはならない。部屋には主催者がばらまいた様々なカードの残骸がある。若者は立ちすくみ、そして老人は寝ている。

アベノミクスは失敗した。発言することがタブーのような雰囲気があるが、それは日本人の一人一人が、薄々気づき始めていることである。

まずはそれを受け入れるための時間が必要だ。そして気持ちを入れ替えて、今度は成熟国としての道をどのように歩むのか、真剣に議論をしていくべきだろう。

4年後の東京オリンピックは、新たな成熟国のスタートとして、象徴的なイベントになればよいと思う。

BLOGOSで読む
[ 2016/08/20 18:00 ] 経済社会 | コメント(18)
ということは
株はやっぱりもうダメってことですかね。
ドル円も100円割れからまた80円ですかね。そしたら日経平均も10,000割れ。

日銀、年金、銀行、みんな大ダメージで再起不能だね。

移住するしかないか
[ 2016/08/20 20:20 ] [ 編集 ]
このバブルを何と名付けよう。
やはり、去年のチャイナショックは、バブル崩壊の序章に過ぎなかった?

100年に一度のバブルが、これからやってくるのでしょうか?

このバブルの名前は、「アベババル」でしょうか?

歴史に名を残す、初めての首相?
[ 2016/08/21 10:52 ] [ 編集 ]
なんで円を買うんですか?
小松原さん、いつもコメントありがとうございます。外国人投資家がアベノミクスを見切って、国債や株を売るのはわかるんですが、なんで、円を買うんですか?
[ 2016/08/21 11:26 ] [ 編集 ]
円を買う理由は
円を買う理由は、日本国債や社債を買うためだと思いますが、私もおたずねしたいです。ここで終了しても政府は、路線を変えないので、日銀は政府のため、国債の格付けを守るために利下げすると思っています。
[ 2016/08/23 08:46 ] [ 編集 ]
たぶん、実質金利が高い事と貿易黒字(計上)だからじゃないだろうか?
[ 2016/08/23 09:40 ] [ 編集 ]
期待インフレ
麻薬効果で2014年のみ2.75と堅調も、
15は0.79、16はマイナス予想。

共働きで子供産んで痛感しました。
社会や会社の制度や意識に大きな隔たりがあることを。

ROE継続引き上げのグロース中小株が、
7月中旬以降、潮目変わってきています。
旭化成や浜ホトのようなバリュー株というか
確固たる技術を保有している企業は堅調です。

成熟国家の繁栄には、社会人高齢者が勉強し、
知恵を出し合っていくことでしょうか。

会社の改革では、意識改革が社員の7割できれば
新事業創出や業務効率化が進むのに、
アベノミクスでは国民のヤル気が変わらなかった
のでしょうか。

残り1年余りでディズニーリゾートを満喫します。


[ 2016/08/23 13:07 ] [ 編集 ]
小松原さん、ご質問させてください。
私は今後大きな成長が期待される医薬品銘柄を保有しているのですが、ある時期から機関の大量の空売りで株価を大きく下げています。全く悪材料はなく、小松原さんが保有銘柄の要素とされていた今後確実に右肩上がりの成長を遂げるであろう会社です。株価が下げているあいだも上方修正や成長の片鱗のIRが定期的に出てています。この様な
状況は、単純な空売りではなく、下げながら買いを増やし、必要枚数を確保次第、買いに転換するようなテクニック的側面があるものでしょうか。それとも単純に現在の指標からして割高な要素によるところが大半なんでしょうか。良く、優良銘柄では、大量の空売りで株価を下げていた機関が、一転大量保有者とし出てくることから、見極め方など有りましたらご教授お願い致します。
[ 2016/08/24 07:55 ] [ 編集 ]
いや、だから主様は質問コーナーしか出てこないって

医薬品株ってだいたい売られてるから、それじゃね?
[ 2016/08/24 20:03 ] [ 編集 ]
失敗しているのになぜ円高になるのでしょうか?
失敗したら国の信認が失われて円は売られると思うのですが・・・。
[ 2016/08/26 03:29 ] [ 編集 ]
円高になる理由は簡単だ。

景気が弱くなると輸入が落ちる。しかし、海外の景気は変わらないので、輸出は変わらない。
つまり経常黒字が拡大する。よって円高になる。

基本中の基本。
[ 2016/08/26 09:36 ] [ 編集 ]
厭先気分の割にはジャクソンホールで黒田さん強気の発言してましたが、プロの方はどの様に受け止めていらっしゃるのでしょうか?悶々とした日々が続いています。
[ 2016/08/30 16:36 ] [ 編集 ]
現状維持でも・・・という思いの背景には
日本以外の国に滞在する度に思いますが、多分、多くの日本人(幼少時に戦後を体験した、寝ている老人達にとっては特に)にとっては、ずっと右肩上がりで成長し、昔と比較してあまりに快適になりすぎて、生活するだけであれば今でも十分幸せなので、現状維持でもいいじゃないか、と感じているのではないかと思います。笛吹けど踊らずというのはよくある話ですが、役人が音頭を取って成功した経済関係の政策は今も昔もあまりありませんし、踊らなくてもよい世界になって、しばらく何もせず、退屈になってきたら、何かすごいことをしようという気力が湧いてくるのではなかろうか。
[ 2016/09/07 23:08 ] [ 編集 ]
円高
円高なのは、単にタイムラグではないでしょうか。
円は今ピークで、これから円安になると思います。
[ 2016/09/17 17:26 ] [ 編集 ]
国の役割
様々なテクノロジーが発達していくと、国の役割はどうなっていくと思われますか?
愚問かもしれませんが、国家の役割が低下していけば、国債などどんな位置付けになっていくのでしょうか?
[ 2016/09/27 14:00 ] [ 編集 ]
いや、だから主様は質問コーナーしか出てこないって

P.S 主様はクソ真面目な御仁なので、自分で設定したルールとかは破ってくれないんだな

あとブロゴスとかネットの記事の書き込みが嫌になっちゃったか、なかなか更新してくれないんだな
[ 2016/09/27 19:02 ] [ 編集 ]
寂しいですねえ。
[ 2016/09/27 19:07 ] [ 編集 ]
更新はムリでも
せめてコメント返信をお願いします。

もう大木のようなウンコもいませんし、関係ないことをコメントする輩もいないと思います。
[ 2016/09/28 11:48 ] [ 編集 ]
アベノミクス失敗
日本はアベノミクスが失敗しても、突進するしかありません。
在日勢力や上級国民の多数派が日本の富や技術を中韓やタックスヘイブンに流出させてきたので、現在の弱った日本の国力では何ともならないのです。団塊Jrに投資されるべき資金500兆円が中国で投資され焦げ付いていると言われています。日本は大穴のあいたバケツのような経済体制でした。穴を作った人を追放し、穴をふさがなければなりません。
しかし、穴を作った人達がキックバックされた資金を使って日本を支配している構図です。日本人は耳目をマスゴミ等にふさがれ、自己決定権を失ったとCIAでレポートが1990年代には出ていた噂です。日本の政治家は穴を作った人になびかないかぎり生き残れなかったのです。日本を正常化しようてしている安倍政権は米軍の支えと牽制でやっと立っている少数派政権です。 
中国投資を主導した多数派の上級国民は政治的に失脚するべき時期に来ています。しかし、少数派である安倍政権には限界があり、攻めあぐねています。パナマ文書を日本政府として調査しないと官房長官が表明しましたが、政権に影響ありすぎて今は調査しない方が良いということでしょう。
私達日本人は安倍政権を応援するしかありません。
[ 2016/10/01 10:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索