仙人の祈り

ボラティリティの拡大とアロケーションの再考(2)

年初のエントリーと思うところは同じであり、特に変わりありません。たくさんのコメントありがとうございます。

今年からリスク資産の動向には明確な変調が見られており、運用力が試される展開が続きそうです。個人投資家の皆さんは、資産アロケーションにいつも以上に注意すべきかと思います。

最近は一般データ保護規則(GDPR)について勉強しています。ネット関連、データ関連企業にとっては大きな節目であり、早晩、日本企業の競争環境にも大きな変化をもたらすでしょう。ゲームチェンジが起きています。

世の中の流れのスピードがどんどん加速しています。そのことに気づき対処しようと考えている人と、そうでない人とでは、とても大きな差を生むと思います。もちろん私はそれをチャンスと捉えています。それではまた。
[ 2018/04/19 18:00 ] 投資全般 | コメント(13)
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索