仙人の祈り

-別アーカイブ  [ 2019-05- ] 

5月のコトノハ

5/28
義烏の問屋街は徒歩で通り抜けるだけでも4時間かかる。すでに米国のダラーストア大手が交渉に来ている。彼らは義烏がなければ商売などできない。彼らは言う、米国への輸出に関税がかかるならばメキシコなどの第三国経由で米国に物を入れればよいだけのこと。

5/26
米中の貿易戦争について「識者」はGDPに与える影響は限定的なので大したことないと言うが、私は逆。
景気というのは人の心理からくるものなので、設備投資や消費が想定以上に弱含みリセッションになるリスクを警戒したい。
一方でさすがに両国とも妥協して歩み寄る可能性があるので、最悪シナリオは回避できるという期待は残る。

5/25
仕事のできない人って簡単に言うとオーナーシップがないんだよね。

5/24
立食パーティーって食べたか食べてないかよくわからなくなるよね。

5/22
野村、日興、大和は清々しいほどのクズ。この腐った組織で働いている人々は決して信用しない。

5/20
中国には元安誘導、米国以外の輸入関税の引き下げ、内需拡大の財政など、やれることはたくさんある。米国は来年大統領選、中国は共産党100周年。
米製造業ISMが50割れるのは確実だが、市場はすでにそんなことはわかっている。

5/17
名探偵ピカチュウがヒットしているのは、ピカチュウがカワイイから。ピカチュウが可愛いのは、人間の赤ちゃんの表情や動きを取り込んでいるから。

5/16
カンのよいサービス企業はサブスクリプション・モデルへの事業転換を図っている。人手不足のなかで収益性を維持・向上させるには、利用頻度が少ないニーズを少額で継続課金するモデルに変えていくしかない。

5/14
米国はかつて日本に対して行った締め付けなのか、はたまたソ連に対して行った締め付けなのかで、今回の中国への対応が変わる。
赤への攻撃であれば、ソ連のように何も産業を育てさせずに衰退させるシナリオがある。しかし今回は欧州が非協力的なのでそれはできないだろう。どの道、中国にとって日本の重要度が増してくるので、日本企業に対して締め付けなどはやってこないだろう。

5/11
米中の貿易戦争は長期的には中国にもメリットになる。付加価値の低い製造業が減り、産業全体が高度化せざるを得ない。(かつての日本もまったく同じ道を歩んだ)
短期的には日本の製造業は経営者の能力が問われる。サプライチェーンをどれだけ早く変更できるか。できない会社や業種はもともと投資に値しない会社なので、丁度いい。

5/8
高めの球を投げて相手の出方を見る大統領と、不透明な外部環境に思考停止して低めのガイダンスを出す日本の経営者。

5/6
ブッタに出会って人生の価値を見出したスダッタという大富豪がいた。彼はブッタの教えを広めるための精舎を地元に建てたいと考えたが、そこはコーサラ国のジェータ太子の荘園であった。
ジェータ太子は「金貨を敷き詰めた分の土地を譲ってやる」とスダッタに意地悪すると、彼は本当に全財産を投げ打って金貨を敷き詰めはじめた。
ジェータ太子はスダッタの熱意に参り、やがてブッタの教えを知るところとなる。祇園精舎はこうして建てられた。
スダッタは史上最古にして最大のリターンを得た投資家とも言える。

5/1
令和の時代は二世代前となった昭和の悪しき習慣を否定することで、より新しい価値観や社会システムが形成されやすくなる。
結局のところ投資は人生のパーツの一部分。投資で心の穴は埋められない。人生における価値とは、もっと意味深く崇高なものだから、幅広い視野を持たないとね。
[ 2019/05/01 18:00 ] 雑感 | コメント(14)
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索