仙人の祈り

スペイン懸念が上昇するも、好調な米国経済により米株はほぼフラットで終了

スペイン懸念が上昇するも、好調な米国経済によりフラットで終了しました。AUDJPYも結局小幅高で終了。昨日の84.60のヘッジ売りは仙人モードのルールに基づき、同値で決済しています。

アジア市場は下落。スペインの財政再建が遅れる懸念が強く、沈静していた欧州債務危機が再び台頭。スペイン10 年物国債とドイツ国債のスプレッドが昨年12 月以来初めて400bps を超え、欧州市場も軟調。8 時半、週間新規失業保険申請件数は、35.7(予:35.5)万件となる。市場予想を小幅に上回ったが2008 年4 月以来の低水準となる。

米株式市場は欧州の軟調な流れを引き継ぎ、素材、一般消費財セクターを除き多くのセクターが下落し小幅安で取引を開始する。寄り付き後ダウは▲62 ドルまで下落するが、素材、エネルギーが牽引し次第に下げ幅を縮小する。その後も金、銀先物が買われる展開。ナスダックはマイクロソフトやアップルが上昇し反発。3 月ICSC チェーン店売上が発表され、前年同月比4.1%増。アパレル店や百貨店、ディスカウント店が好調な一方、ドラッグストアは4.4%減と3 ヶ月連続でマイナスとなる。

11 時前、金先物はピークをつけると上げ幅を縮小する展開となるがエネルギー株が買われダウも一時プラス圏に回復。午後に入っても買いを集めたアップルが史上最高値を更新し、ナスダックは上げ幅を維持するが、エネルギ-株がマイナスに転じた事からダウも下落基調となる。個別では、3 月既存店売上が好感されたTJX(ディスカウント)やノードストロム(デパート)が上昇。昨日市場予想を上回る12-2 月決算を発表したベッドバス&ビヨンドが大幅高。スターバックス、ダラー・ツリー(1 ドルショップ)は高値更新。強気な1-3 月業績見通しを示したPPG インダストリー(塗料メーカー)も堅調となる。2 時頃、ダウは▲52 ドルをつけると次第に下げ幅を縮小する展開。2 時半、原油先物は103.31(+1.84)ドルと大幅高で取引を終了。その後、翌日は米株式市場が休場でかつ3 月雇用統計が発表される為様子見ムードが高まるかと思いきや、じわじわと下げ幅を縮小。
[ 2012/04/06 07:27 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索