仙人の祈り

雇用統計のネガティブサプライズの解き方


本日発表の3月雇用統計は12万人の増加とコンセンサスを大きく下回りました。

キーポイントは、

建設と小売の雇用が2ヶ月連続で低下する一方で、自動車が堅調であったところでしょうか。先行指標と言える派遣の雇用数も低下しました。失業率は若干低下しましたが、これは就職を諦めた人などが分母に入ることと、季節調整が入っているため、低下したとしてもあまり意味のないものと言えます。米国マクロは昨年と同様に春先に減速するシナリオが高くなってきましたが、本格的な調整に入るかどうかは決定していません。S&P500は月曜日に基準線を割るでしょうが、日中に底堅い動きを見せれば、買いも入ることが想定され、基準線付近での攻防が続くと考えます。

為替はUSDJPY、AUDJPYともに1円程度の下落、ダウ先物は1.1%の下落をしており、米国の市場参加者は少ないものの、ネガティブサプライズは取り合えず織り込んだと考えています。週明けのAUDJPYは多少の反発があるものの、上値は限定的となり、未だ下げトレンドは続いていると考えています。

ポジションはRSIが40となる84.60で再び完全ヘッジをしています。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索