仙人の祈り

S&P500は下落トレンド入りの可能性

S&P500は0.59%下落し、転換線の1377.42を割って終了しました。小幅のレンジながらも上から基準線(1389.88)、転換線、実線の順番となっており、米国株式市場は下落トレンド入りするのかどうか、注意が必要です。

米国企業の第一四半期決算は連日好調であり、概ね市場予想をビートしています。ただし、本日もそうですが、マクロ指標は連日市場予想を下回り、またスペイン10年債の利回りも上昇傾向が続いているため、要注意です。本日行われた10年債の入札は入札倍率は前回よりも上昇していますが、利回りも上昇しています。

USD/JPYは日銀の金融緩和期待から底堅い動きですが、米国10年債利回りは小幅に低下していますので、単発で終わる可能性が高いと考えています。AUD/USDも米国株下落の割りには不気味に値を保っていますが、欧米のファンドメンタルはどちらかというと下向きですので、これも突然の下落のリスクがあると思います。

何れにしても、このような時は静観するのがよいと思います。
[ 2012/04/20 06:40 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索