仙人の祈り

クロスカレンシーRSI

一週間が終わりました。クロスカレンシーRSIです。先週と同様にGBPが強く、初の金利引き締めを示唆したCADも若干買われ、一方でマクロ指標の減速が目立ってきたUSDが売られましたが、全体的に小動きの展開となりました。

20120427.jpg

AUD/JPYですが、今週は結局84円を中心に行ったり来たりで、変化ありませんでした。豪州CPI、FEDの金利政策、日銀金融緩和、などいろいろな重要イベントがありましたが、概ね事前予想どおりでした。

私は依然、ニュートラルのスタンスのままです。AUD/JPYは実線が転換線と基準線の間にあり、気迷い状態ですが、転換線は雲の下限すれすれを漂い、基準線は下を向いています。下落トレンドは続いていると見てよいでしょう。このような時は勝負を致しません。

USD/JPYはイメージどおりの動きをしました。金利差から言ってUSD/JPYは70円台へ再び突入してもおかしくないと思っています。来週は70円台を見る可能性が高いでしょう。AUD/USDは不気味に強いと見ています。豪州は金利を50bps程下げると思っていますが、USD安が進んでいるとは言え、かなり強いと感じています。ショートカバーが入っているのかも知れませんね。米国企業の決算が好調であるのが、S&P500を含めこの要因ですが、決算はピークを過ぎており、支える材料に乏しくなってきていると思っています。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索