仙人の祈り

相場の3匹の動物

AUD/JPYは日足の一目均衡表では下値を探ることが出来なくなっていますが、こういった時に反転のタイミングを計る上で重要なのが、RSIです。RSIは40以下にあり、私の経験上、40以下というのは危険領域で、更なる下があることが多いです。

ここはひとまず静観ですが(週末何があるかわからないので)、RSIが20くらいまでになったら、強気の買いになることは間違いないですね。

USD/JPYですが、昨日中尾財務官から「必要なら適宜適切に対応できるよう緊張感を持って為替市場を注視」という発言が出ています。日本の政治家や官僚や学者ほど相場のセンスがない人達はいないでしょう。

相場には3匹の動物がいます。一般的には牛(ブル)と熊(ベア)だけですが、もう一匹、鴨(カモ)がいます。
[ 2012/05/03 00:27 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索