仙人の祈り

4月の小売は若干弱いが想定内。雇用統計に備えましょう。

午前8時半発表の週間新規失業保険申請件数は36.5万件とコンセンサス予想よりも若干改善。ECBドラギ総裁が記者会見で経済指標が一段と不透明になったとコメントしましたが、LTROの効果を期待する様な文言であった為、追加的な緩和期待が遠のき、欧州株式市場が弱含む中、NY株式市場の主要指数も終始売り優性。続いて午前10時に発表された4月ISM非製造業景況指数は53.5とコンセンサスを下回り、主要指数は一段と売られました。

小売の4月の月次が発表され、+0.8%と市場予想の1.5%より悪かったですが、早めのイースターや気温が低かったこと、そもそも昨年の4月の数字が高くハードルが高かったことなどが事前に予想されていたため、それ程反応はしませんでした。アパレル企業が+4%と良かったですが、この動きももともと予想されていました。概ね小売にはトレンドの変化がないと見てよいでしょう。

明日は(日本時間の金曜夜9:30)は最大イベントの雇用統計ですね。予想は160Kですが、先日のADPが悪かったので、かなりビビってしまうところです。先月はネガティブサプライズでしたが、2ヶ月連続で冴えないとちょっと厳しいですね。悪かった場合のリアクションの方が大きいと思われますので、特にUSD/JPYは仕掛けられる可能性もあります。私はニュートラルで静観ですが、良かった場合に備えて、ちょっとだけ抜くかも知れません(マクロは誰にも予想出来ません)。ただ、下げトレンドが続いているので、無理はしません。
[ 2012/05/04 07:45 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索