仙人の祈り

ギリシア政局の行方と国民感情

さて、本日はS&P500を仙人均衡表で見てみましょう。今のところ1,350で止まるという私の予想通りの展開となっていますが、企業決算は欧州のファンダメンタルズが予想以上のスピードで悪化していることを示唆しており、欧州のマクロ指標が市場予想を下回り始めると、この水準の維持は厳しくなるでしょう。

1,350は相当な抵抗線であると考えていますが、仙人均衡表は実線が転換線の下にあり、また雲の下限を突破したため、どちらかというと下を示唆しています。現時点では1,350という予想を維持しますが、ここを終値で明確に割るような下げがあった場合には下落が加速する可能性があり、注意が必要です。このような場合は、ゆっくりとした動きを心がけましょう。落ちるナイフは拾ってはいけません。

週末はギリシアの政局がどうなるかに注目が集るでしょう。同僚のギリシア人のマリオスの見解は、市場よりも悲観的です。ギリシア人は過去の戦争の禍根からドイツ人を嫌う国民感情があり、今回のように緊縮財政をユーロ圏の雄であるドイツから指示されていることも、ユーロ脱退の世論を強くしていると言っています。もし再選挙になったら、ユーロ脱退派が躍進するのは間違いなさそうです。

豪ドル見通し:下落基調変わらず。
S&P500見通し:
下値は限定的、1,350辺りで止まる。
織り込まれていない材料:(ネガティブ)ギリシアの連立政権樹立の失敗→再選挙→ユーロ脱退。(ポジティブ)QE3はない。

S&P500(仙人均衡表)

201205112.png
[ 2012/05/12 05:01 ] 投資全般 | コメント(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/12 13:56 ] [ 編集 ]
Re: 質問してもいいですか?
こんにちは。

例として9月末の日経平均株価のイメージですが、今よりも60%くらいの確立で上昇していると考えています。8,000円台は基本的に買い場探しのスタンスです。

ただし、ドル円は更なる円高を覚悟する必要があります。ドル円は米国10年債の利回りがとても重要ですが、これが1.83%と現在かなり下落しています。現状では77円台あたりまでの円高はイメージに入れておきましょう。この時、日経平均は8,000円台前半になっているでしょうから、その辺りで強気の買いになります。ここで買えれば9月末に勝てる可能性は85%といった感じでしょうか。

ご質問はどのようなものでも大歓迎です。お互いの健闘を祈りましょう。
[ 2012/05/12 23:28 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
しかし随分恐い回答になりました、77円だと暗い日本になってしまいますね。
8000円の株価も心地悪いです…。
経済って本当に恐いですね。

突然の質問に快くお答えして頂きありがとうございました。
[ 2012/05/13 12:10 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございます
そうですね。また77円とかになったら、正直日本人は疲れてしまいますね。

ただ、衰退していく国と一緒に沈む必要はありません。我々は資本市場を活用することで、少なくとも経済的には自分自身を防御することは可能です。

海外の株や通貨を長期でゆっくりと投資する「貯めて、増やす」を実践していきましょう。
[ 2012/05/13 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索