仙人の祈り

最強通貨は米ドルになったのか

これまでの最強通貨と言えば日本円でしたが、最近の動きは市場が米ドルを最強、日本円は次に強い通貨と見ている可能性があります。以下のグラフにあるように、これまでドル円は基本的に米国10年債金利をトラックして動いていましたが、このところは米国金利がヒストリカルロー近くまで低下しているにも係わらず、ドル円はそれとはかい離して上の方にあります。

20120516.png

もちろんこれは短期的なズレであるだけかも知れませんが、動きとしては注目に値すると思います。ついに市場は日本経済の本質的な弱さを織り込み始めている可能性も考えられるからです。私が77円を視野に入れているのは、この図のようなイメージが頭にあるからですが、見方を変える必要も出てくるかも知れませんね。

相場の見方は昨日と変わりませんので、割愛します。
[ 2012/05/17 06:09 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索