仙人の祈り

仙人均衡表とは

これまでに仙人均衡表というものが度々出てきたと思いますが、時間がなくて説明を省いてしまいましたので、簡単に説明させて頂きます。

この表の唯一最大のポイントは一般的な日足の「一目均衡表」の転換線と基準線の将来の予想が付いていることです。転換線と基準線は一目均衡表の中でも特に重要な線ですが、この線の予想がある程度出来ることは、あまり知られていません。計算ロジックは私独自の確率計算なども織り交ぜていますので、省略させて頂きます。

(豪ドル)仙人均衡表

20120525.png

ブルーの線は私が勝手に引いているトレンドラインです。黒い線は、25日の平滑移動平均の値を表示しています。

仙人均衡表の下にあるOSCIなどは他所にもあるものですので、特別なものではありません。

その下のRSI(14日)は正しいRSIです。一般的な教科書に載っているようなRSIの式では正確なRSIを作ることは出来ません。正しいRSIは平滑移動平均の考え方を導入する必要があります。Bloombergなどが提供しているRSIは、この正しいのRSIですので、私が計算しているものと同じです。私がたまに「RSIが20となる価格は○○円」などと書くことがありますが、私は任意のRSIの数値から当日の価格を逆算していて、それに基づいています。この数字の計算をしている人は、世の中にそれ程いないと思います。

テクニカル指標では、主にこれらをよく見ているので、アップしています。もちろんどのような資産でもこれを見ることは可能ですので、豪ドル以外で見たいものがあったら、リクエストして下さい。
[ 2012/05/26 05:30 ] 投資全般 | コメント(4)
ユーロ円、ユーロドル
ユーロは色々騒がれています。
この先どう考えてもユーロの貨幣価値は応急手当てによりハイパーインフレを起こすのではないかと思っています。
ユーロ消滅はありえますか?
今後は値下がりするだけの一方方向と考えていますが甘いでしょうか?
[ 2012/05/29 00:55 ] [ 編集 ]
Re: ユーロ円、ユーロドル
ちょうど昨日「アゴラ」へユーロの将来に関して書いて送ったのですが、、、まだ掲載されていないですね。。。

結論から言うと、私の考えではユーロ崩壊はないと思います。しかし、ユーロ圏の財政が統合されると思っています。そしてECB(欧州中央銀行)が最後の貸し手となると思います。ユーロが不安定なのは実は誰も保障をしていないところなので、ECBを日本でいう日本銀行のような存在にしない限り、安定しません。

ただ、このように移行する前に、金融ショックが起きて、ユーロは一時的に大きく下がる可能性はあると思います。ショックが起きなければ、そのような大改革に乗り出そうとはしないでしょうから。

ユーロは下がると思いますが、空前のショートポジションが溜まっている状態なので、皆そう思っているということです。短期的にショートカバーで急騰するようなこともあると思うので、長期の場合はレバレッジは下げた方がいいかも知れません。
[ 2012/05/29 02:09 ] [ 編集 ]
丁寧にありがとうございます
あまねさんは凄く的確で分かりやすいです。
ありがとうございます。

FX負けてばかりなので少し休みながら勉強します。

頑張ってください、いつも見ています。
[ 2012/05/29 12:16 ] [ 編集 ]
Re: 丁寧にありがとうございます
応援ありがとうございます。大変有難いです。

偉そうに語っている私も、昨年鼻血が出るほど負けましたので、大丈夫です。仙人としてブログを書き始めたのも、自分自身に対する戒めでもあります。

静かな心がないと、冷静に考えられなくなってしまうので。

[ 2012/05/29 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索