仙人の祈り

マイクロソフトの新タブレットSurface - iPadとの比較

昨日マイクロソフトが発表したタブレット"Surface"のスペックが明らかになりました。もちろんi-Padのパクリですが、やはりというか何というか、若干ダサイ気がします。タブレットというか、ノートPCに見えるのは私だけでしょうか。。。やはり実用性とデザインを両立させることに関してはアップルには敵いませんね。

値段は明らかにされていませんが、400-500ドルは最低するスペックです。ちなみにUSBポートが付いていますが、一方で通信キャリアのネットワークが使えるようになるかは不明です。

過去のマイクロソフトによるハード経験を振り返ると、上手くいった例がありません。Xboxはゲーム機としては悪くないですが、電源アダプタに欠陥があり、10分ぐらいゲームをしていると、不快な爆音をアダプタが出してきます(アメリカ版だけかも知れませんけど)。6年前に発売した音楽プレーヤーのZumeはゴミでしたし、2年前のスマホのKinはガラケー並みの汎用性のなさでした。最近でも、携帯で提携しているNOKも散々という状態なので、期待値はかなり低いところから始められます。

マイクロソフトとしては、自ら先陣を切って、ウィンドウズを搭載したタブレットとはこうだと見せることが目的で、他社がタブレットで追随してくれれば、OSを売ってボロ儲けという戦略かと思います。マイクロソフト陣営はアップルの一人勝ちを止めることが出来るでしょうか。ちなみに、Surfaceの発売は秋以降です。

[ 2012/06/20 09:02 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索