仙人の祈り

中国の消費懸念

先ほど、米国市場の引け後に発表されたNikeの決算は衝撃的なものでした。実績が大幅にミスしていることに加えて、会社予想もコンセンサスを下回り、特に中国のオーダーが+2%と極めて弱いです。

市場は中国の次の四半期のオーダーを+15%と予想していただけに、ショックが大きく、現在場外で10%程売られています。

これを受けてその他の中国消費関連銘柄(ケンターッキー、マクド、ティファニー、コーチ等等)も若干下落していますが、欧州のブランド関連株は本日大きく売られるでしょう。

中国の減速懸念が日に日に増している中で、世界最大のスポーツ企業の見通しまで弱いことで、市場はショックを受けています。一方で、足元では金利引下げによって、不動産が再び回復してきているという話もあるため、難しいところです。今年の中国は政権交代の年であるため、何としてもGDP成長率は維持するはずですが、政策がイマイチ小出しなので、不安が払拭されないというのが現状です。

私はこれは絶好の拾い場であると考えていますが。。。
[ 2012/06/27 05:31 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索