仙人の祈り

FOMC議事録はサプライズなし

FOMC議事録はサプライズは何もありませんでした。市場はそれよりも、次々と出てくるネガティブな企業決算に注目をしています。久しぶりのマイナス成長の四半期になる可能性が高く、市場は下半期の景気予想をセットし直している最中と言えます。

豪ドルは中国経済の減速懸念がある中でも、かなり堅調な推移を見せています。金利の引き下げトレンドの終了期待や、米国干ばつによる穀物高の恩恵を受けられることなどを意識しているのかも知れません。資源を持っている国が羨ましいですが、何にしても世界の潮流に反して豪州経済が堅調であるため、高評価は納得ですが。

豪ドル円はチャート的にもピークとボトムから半値戻し、RSIも58とスワップ派には最も安定した期間に突入しています。
[ 2012/07/12 06:19 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索