仙人の祈り

QE3の可能性が少し上昇

バーナンキの議会証言の行間を読むと、QE3の可能性に関してかなりリアリティーを持って考えていることが伺えます。

米国決算は先ほどインテルが出しましたが、無難な数字が出てきており、強気派には朗報となる内容でした。

カジノ大手のWYNNも出しましたが、予想どおりマカオやラスベガスが悪いですが、織り込まれている程度の悪さであったため、サプライズはありませんでした。

金融も次々と出てきていますが、良くはないですが、概ねイメージの範囲内。インダストリーセクターなどではネガティブな決算及び見通しが相次いでおり、株価も下向きのものが多いですね。

まあ決算は始まったばかり、これからいろいろととんでもないことが起きそうです。波乱のない決算など、米国ではありませんので。米国は日本のようにストップ安などがないのもあり、決算が悪かった時の株価は容赦がありません。簡単に30%とか下がる銘柄が出てくるので、本当に恐ろしいですね。
[ 2012/07/18 06:12 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索