仙人の祈り

決算は悪いが株価は下がらず

米国株式市場は決算のど真ん中であり、流石に私も忙しくて更新が滞っています。

米国決算は想定通りか、若干弱い決算が相次いでいます。特に実績よりもガイダンスに経営者のマクロの見方の自信のなさが出ています。

株の方は、概ね織り込んでいるため、インデックスも決算が要因で大きくは下がりませんが、今年度のEPSは確実に切り下がっていくため、力強い上昇は見込めないかも知れません。あるとすれば、LTRO3やQE3によるカンフル剤の投入でしょうか。

昨日のドラギ総裁の意味深な発言によって、LTRO3は可能性が高まって来ました。スペインはそれだけ早めに手を打たないと手遅れになるという焦りの表れと言えます。
[ 2012/07/27 08:17 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索