仙人の祈り

嵐の前の静けさ

欧州市場は先週金曜日のドラギ総裁の発言から、引き続きリスクオンの動きが続いており、スペイン債の利回り低下と株の上昇が続いています。米国時間早朝にS&Pが2012年のユーロ圏GDP見通しを0.0%から0.6%減に下方修正しましたが、織り込み済みでありリスク資産は特に反応はありませんでした。

欧州市場はリスクオンが続いていますが、本日の米国株市場は金曜日の大幅上昇から一服し、ほぼ横ばいで寄り付きました。先週金曜日のドラギ発言によってLTRO3の可能性が高まっており、ユーロドルはドラギ発言が出た直後から売りで反応し続けていることも、米国市場を冷静にさせている要因のひとつかも知れません。10時半頃に、米独財務省が、共同声明で、国際的な協調の必要性を指摘し、ガイトナー米財務長官が、ユーロ圏の安定化に向け当局が必要な措置を講じることに自信を表明しましたが、こちらも特に反応はありませんでした。

米国株式市場及び為替市場は、金曜日のような加熱感はなくなり、FOMC、欧州金融決定会合、雇用統計などのビックイベントを前に完全に様子見ムードとなっています。

FOMCでQE3がアナウンスされることはないでしょうが、9月にはやるようなトーンを出して来るかも知れません。ECB理事会ではスペイン債の直接購入とLTRO3が出なければ、ネガティブサプライズです。雇用統計は悪いとむしろポジティブ材料となるでしょう。
[ 2012/07/31 07:16 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索