仙人の祈り

リスクオン相場 - 債券より株の方が魅力的に

相場はリスクオンへ向けて動き始めていますが、本日はS&P500は1400をトライしつつ、一度も振れずに終わりました。市場関係者はユーロの反発を見ながら、リスクをどれだけ取りに行くかを見ているようですね。

私は米国債券利回りに注目しています。こちらも一時1.3%台まで落ちましたが、現在は1.566%まで反発してきています。米国債券はこれまで爆騰してきたため、中長期的にアップサイドの魅力がなくなってきており、投資家が株に改めて目を向け始めている可能性も考えられます。コアインフレ率に近い1.3%より下がる可能性は理論上少ないからです。

米国企業の利益がパッとしないことが玉にキズですが、それでも多くの企業がすでにリーマンショック前を遥かに上回る利益を上げており、ここから買ってもそれ程違和感のないバリュエーションにはなっています。

取り合えず、すでにリスクオンの相場に入っているということは意識したいですね。
[ 2012/08/07 06:29 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索