仙人の祈り

引き続き10年債利回りに注目

先週はラスベガスとシアトルをそれぞれ1泊ずつ滞在で6社の会社訪問をしてきました。とにかく移動が大変だし、気候も45℃の砂漠から、北部の針葉樹林に覆われた街まで、アップダウンが激しかったですね。

夏のシアトルは住むには最高の街ですね。空気は高原のように清清しく、街は都会であるのに、とても綺麗です。それと比べてニューヨークはまるでゴミの中で生活しているような感じですが、、、。私はボストンも好きですし、どうやら緯度の高い街の方が好きなようです。

相場はこのところジリジリとリスクオンの動きが続いていますが、施策待ちなので、かなりスローですね。ドル円とユーロ円は先日記載した通りの動きを見せました。私が予想したように、米国10年債の利回りが急上昇してきました。引き続き、この動きに注目しています。
[ 2012/08/21 06:33 ] 投資全般 | コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/22 06:17 ] [ 編集 ]
Re: リスクヘッジについて
なるほど、おしゃっているのはプロテクティブプットですね。
http://www.kanetsu.co.jp/options/options_strategy.html

株の現物の時価に対して、何%ヘッジするかというのは、特に決まりはありませんが、一般的にはプロテクティブプットを行うと決めたら、100%行うことが多いと思います。下値をプット買いのオプション料を支払うだけで、限定できます。コールオプションの買いとペイオフは同じですが、現物をヘッジする手段としては、プロテクティブプットはとても有効です。

私は本業ではロングオンリーなので、ヘッジを出来ませんが、実際には相場感に応じて、ディフェンシブ銘柄のウエィトを増やしたり、景気敏感銘柄を増やしたりなどで、調節はしています。これもある意味では緩やかなヘッジのひとつと言えるかも知れません。

何れにしましても、最強のヘッジは現金であることには間違いありませんが、、、。
[ 2012/08/22 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索