仙人の祈り

FOMC議事録ショック

米国時間14:00に発表されたFOMC議事録にて、QE3が近いタイミングで行われる可能性が高いことが示唆されており、ドル円が大きく下落、ユーロや豪ドルなどは対ドルで爆騰しました。議事録には、「雇用に明確な改善を示すデータが出ない限り」、金額や期限を定めないQEや、景気見通しを下げ金利の時間軸効果の延長、モーゲージの買い入れなどを行うと記載されています。これにより今月末のジャクソンホールで昨年同様、バーナンキがQE3を発表するシナリオが想定されます。

米国株は上昇し、ドル円が下落したため日本株は下がるでしょう。このパターンはリーマンショック以降ずっと続いていることですが、日本株のプレーヤーは疲れてしまいますね。

市場はややパニック的にドルを売りましたが、時間とともにオーバーシュートした分の戻りはあるでしょう。QE3が実施された場合、必ずしも円高ドル安になるとは限りません。

古典派のマネタリーセオリーに従うとドル安となるというだけであって、米国景気に安心感が広がり、株高、金利高、ドル高が来る可能性も十分にあり得ます。よって本日の下げでトレンドが逆転したかどうかは、しばらく時間を置いて見る必要があると思います。ドル円も日足では上昇トレンドを未だ維持しています。
[ 2012/08/23 06:00 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索