仙人の祈り

FRBに逆らうな

「FRBに逆らうな」という言葉がよく聞かれます。バーナンキ先生が金融緩和をもう一発「やります」と、議事録の行間で明言している限り、QE3はやるでしょう。FRBがリスクを取って行けと後押ししている中で、それに逆らう選択肢はなくした方がよいでしょう。ジャクソンホールで何も喋らないからと言って、失望することもないでしょう。彼は議事録でやると書いているつもりなので、講演で再び言う必要はないと考えているかも知れません。

為替はユーロや豪ドルをショートするのは短期であってもやめましょう。中国が最近やけに静かですが、いつものようにまさかのタイミングで金融緩和を発表してもおかしくありませんし、欧州ではECBが「やる」と言っている限り、FRBと同様にやるでしょう。世界の3極が金融緩和の発射準備をしている中での、リスク資産の売りは割に合わない勝負です。

ドル円は上昇中との見方も維持しています。QE3はドル安に繋がると考える人は多いですが、政治力・実行力のある米国の信任が高まることで、ドル高へ向かう場合ももちろんあります。今回は後者の方ではないかと考えています。大統領選でも、オバマもロムニーも将来へ向けて良いことを言いまくるので、ドルの売り方は劣勢になりそうです。
[ 2012/08/28 05:34 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索