仙人の祈り

ジャクソンホールは日本時間夜11時から

本日は明日のジャクソンホールを前にリスク回避の進んだ一日となりました。

相場の重しとなったのは、スペインの首相が財政支援を求める計画は現段階ではないと発言したこと、またスロバキアの首相がユーロが崩壊する可能性は50%と発言したことなどが挙げられると思います。ただしこれらは後付けの理由で、本当のところはジャクソンホール前の単なるリスク調整かと思います。

8月の小売各社の月次データが発表されましたが、先日書いたように、すべての会社が市場予想を大きく上回る好調な結果となりましたが、市場のリスク回避のセンチメントを変える材料にはならなかったようです。

明日のバーナンキの講演は日本時間夜11時から1時間程の予定です。時間軸の延長は述べますが、QE3に関しては言及なしというのがコンセンサスですが、前回の議事録の文言はかなりQE3に関して強いトーンで書かれており、バーナンキが議事録と同じ内容を口頭でなぞるような場合、近頃の市場の不安感を払拭するような展開になるかも知れません。
[ 2012/08/31 06:37 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索