仙人の祈り

米ISMの読み方 - 製造業はリセッション?

8月のISM製造業指数は49.6と市場予想(50.0)及び7月(49.8)をわずかに下回りました。2009年6月以来の低い水準です。ヘッドラインの数値以上に内容は悪く、製造業の景況感が悪化していることを示唆しています。

生産指数が47.2と2009年5月以来の50 割れを記録した他、新規受注指数は47.1と3ヵ月連続の50割れ、納入遅延指数は49.3と7ヵ月連続で50割れとなりました。

輸出動向を反映する輸出受注指数は47.0と50割れが続いています。生産活動の先行指数である受注指数の50割れが続いている一方、在庫指数は50越えとなり、先行きの生産活動が弱含む可能性を示唆しています。

先日の中国PMIと似た動きです。グローバルに製造業の景気は減速しており、ISM製造業指数は今後さらに弱含む公算が大きいとみています。焦点は受注や生産などの悪化が続くと、雇用と消費へ波及してリセッションが起こるので、ISMの動向は気になるところです。

【OE3の可能性】

私は今月のFOMCでQE3がアナウンスされる可能性が60%程あると見ています。恐らく、市場予想はせいぜい20-30%くらいの可能性で見ているでしょう。本日のISMの悪化はQE3の可能性を高めたと思います。金曜日の雇用統計が100Kを割れれば、その可能性は更に高まると見ています。
[ 2012/09/05 06:00 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索