仙人の祈り

QE3の可能性

さて、来週のFOMCでQE3がアナウンスされる可能性が高まって来ました。金曜日の雇用統計が予想外に100Kを下回り、かつ先月、先々月のデータも下方修正されており、雇用は今年の春から一貫して停滞が続いていることがわかりました。

FRBは物価の安定と雇用の増大という2つの使命があるため、雇用の陰りに対しては何かしらのアクションが必要です。100K以下の雇用増加は、人口が1%程伸びている米国にとっては、実質的にはマイナスになっていることを示しています。

私は先日述べた可能性よりも更に高く、90%の確率で、QE3かモーゲージの買い取りなどが来ると考えます。ちなみにコンセンサスも金曜日以後、60%に引きあがっています。

ただし、QEは雇用増大に対して直接的な効果が出ていないため、モーゲージ買い取りのような他の手段で行うことも想定されます。昨日の中国のCPIを見ても、これまでの金融緩和が物価の上昇を引き起こしており、QEには副作用が伴うことを改めて実感させるものとなっています(米国の物価は不思議と安定しているので、今のところ副作用は見られませんが)。

リスクは何もなかった場合ですが、この場合はリスクオフは避けられません。
[ 2012/09/10 00:48 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索