仙人の祈り

閑散 - S&P500が気になる下げ

本日は閑散とした一日で、特に何もありませんでした。しかしS&P500はジリジリと売られ、ラスト30分では更に売られました。

以前にも書きましたが、米国相場はラスト30分が重要です。ここに投資家の本音が表れるからです。QE3があるのか、ないのか、あるにしても小出しではないのか、といった憶測が膨らんでいるのかも知れません。

ユーロも豪ドルもドルストレートでやや売り込まれています。基本上目線ですが、短期的にストンと落ちることもあるかも知れません。
[ 2012/09/11 07:10 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索