仙人の祈り

スーパーKY安住

昨日の米国株の違和感のある下落は、どうやら本日ムーディーズが発表した「米国債務削減のメドが見えなければ格下げをする」というコメントがリークしていた可能性がありそうです。

これにより財政の壁の問題が意識され、ドルは全面安、債券は売られ金利は上昇しました。ドル円は一時77.70まで売られました。日本の安住財務相が「引き続き市場を注視する≒特に何も考えていません」というコメントを昨日しており、介入の心配がなくなったことも要因のひとつです。QE3が囁かれる中でのこの発言には、もう呆れて物も言えません。

豪ドル/ドルの大きな上昇は、ドル安に加えて、温家宝がコメントを発表したこともあります。GDPは想定通りで着地できることや、1,000億元の財政出動の枠があることを示唆したため、中国不安が少し和らぎました。また宝山鉄鋼が10月積みの建値を4ヶ月振りに前月比据え置きと発表したため、鋼材価格の下落が終了したことも、ポジティブに受け止められたはずです。

FOMCでの声明は明後日です。米国も金融緩和を発表すれば、世界の3極から施策が出ることとなり、リスク資産の下値不安は払拭されることとなりそうです。

QE3があった場合、ドル円は日本政府が動けないとわかっていますので、ヘッジファンドに更に強烈な売りを仕掛けられる可能性があります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索