仙人の祈り

QE3を決定 - 期待を上回る内容

私の予想通りFOMCがQE3を決定しました。要点は以下。

・QE3を決定、MBSを毎月400億ドル新規で購入する。明日から開始する。
・すでにツイストオペと償還された債券分でMBSを購入しており、これを含めると月850億ドルペースへ拡大させることとなる(→合計でQE2と同規模になる)
・ゼロ金利を15年半ばまで継続へ
・2012年のGDP見通しを6月の1.9-2.4%から1.7-2.0%に下方修正

市場はQE3がないと思っている人もいたくらいですので、QE3が発動されたことと、規模も及第点であったことから、市場はリスクオンとなりました。前回議事録のバーナンキの文言には、今回QE3をやると行間に書いてありましたが、その通りとなりました。

重要なのは、追加されたコメントの中に、「追加緩和策なしには雇用状況の継続的改善に不十分である」「時期尚早の緩和解除はしない」とあり、雇用が回復するまでQEを続けることを暗に示しています。つまり、12月にツイストオペの期間が終了した後に、更なる追加緩和を行う可能性があることを含んでいることです。将来の出口戦略なんのその、といった感じでしょうか。

米国の金利は30年債が小幅の上昇となりました。QEがMBSで行われることから、債券は売られたかたちとなりました。

FEDはやはり市場の期待を裏切りませんでした。リスクオン継続と見ています。ドル円は円高が進んでおり、いつものことながら、世界経済の悪い部分を何故か日本が請け負う構図となっています。政治力・実行力の差ですね。
[ 2012/09/14 03:48 ] 投資全般 | コメント(1)
そうですか、それは素晴らしいですね。私が個人的に注目しているマレーシアは急速な勢いで発展していますが、通貨リンギットは安いので、旅行にもとてもいいですよ。私はクアラルンプールに短期滞在していたことがありますが、華僑の色がとても強いのが印象的でした。
[ 2012/09/14 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索