仙人の祈り

ユーロ/豪ドルにトレンド変化の兆し

ユーロ/豪ドルにトレンド変化の兆しが出てきています。

QE3の効果を疑っている声も聞かれますが、私はやはり強気材料として考えています。FRBは実際に、毎月$80以上の金融緩和を行い、かつ終了する期間が明示されていないのです。債券などの安全資産は十分に買われて来たため、アップサイドがほとんどありません。資源や株などのリスク資産への資金が流れやすくなっていると素直に考えています。

ユーロももちろんリスク資産ですが、足元での達成感が出てきました。それに比べて豪ドルは経済の好調にもかかわらず、しばらく出遅れています。この流れが変わり始めるかも知れません。
[ 2012/09/21 10:58 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索