仙人の祈り

ISMは予想上回るも反応は限定的

9月製造業ISM指数は51.5と市場予想平均の49.9を上回り、市場はリスクオンとなったものの、勢い続かず、売りに押されてしまいました。

同日バーナンキは講演で、金融緩和や利上げは例え景気回復に力強さが見えて来ても、早急に解除せずに慎重にみるとコメントしましたが、本日の限りでは流れは変わりませんでした。

ただ、QE3が実施されて日も浅いので、この程度はボラの範囲だと思います。依然、リスク資産は上昇トレンドの中にあると見ています。QE中に相場が大きく崩れることは、正直考え難いです。QE4という噂も出てきているくらいですので。

この後、豪州が金利を発表します。多くの市場参加者は利下げと予想しているようですが、私はあまりそうは思いません。豪州の経済にそれ程失速の影は見られていませんし、据え置きで様子見がRBAとしては妥当な判断であるように見られます。
[ 2012/10/02 06:06 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索