仙人の祈り

日本企業のブランド戦略 - ニューヨークのレストランから学べ

世界的に見て日本企業はブランド戦略が下手であるのは周知の事実だが、ニューヨークでは少し事情が異なる。

お金持ちのニューヨーカーたちにとって、日本ブランドは現在でも最高級にランクされており、他の国とは明らかに一線を画すブランド価値を保持し続けている。日本製であることは、最高級の技術と丁寧さ、ホスピタリティーが担保されていることを意味しており、価格が高くても消費者は受け入れてくれる。

そのよい例が、日本食だ。ニューヨークにはチャイナタウンもコリアンタウンもあり、そこでは安価なレストランがたくさんあるが、ジャパニーズタウンなるものは存在しない。日本食レストランはたくさんあるが、そのどれもが個々に展開しており、またハイエンドの価格帯のレストランばかりとなっている。

お寿司で言えば、「Sushi of Gari」などが有名だが、私も自腹で一度行ったことがあるが、とても庶民が気楽に行けるような値段ではない。イカが一貫で$8する世界であり、本気で食べて飲んだら$300-400以上はするだろう。しかし、この店は常にニューヨークセレブで一杯である。(味は美味しいが、日本であったら有名店には決してなれない。)
NYUの近くにあるラーメン「一風堂」も高い。日本人には博多ラーメンの相場観というのがあるが、NYでは別の価格帯で設定されている。2-3時間待ちでようやくお店に入って、ラーメン($15くらい)をサクっと食べて帰るような雰囲気にさせてくれないシステムになっており、やはり$30-40くらいはする。

デフレで喘ぐ本国とは別に、ニューヨークの日系企業はそのブランド価値をお互いに崩さず、ある意味ではカルテルのような状況で、日本=高級というイメージ戦略を維持しているのである。これは本国の企業も見習うべき点がたくさんある。

ユニクロはついに5番街に旗艦店をオープンさせたが、これらの事情をよく分かっており、ファストファッションの競合ひしめくニューヨークでも、ヒートテックなどJapan Technologyを前面に押し出し、店員の対応が親切な日本流をローカルスタッフに教育し、差別化を図っている。また、あれだけ日本が嫌いな韓国人たちでも、日本ブランドの強さを知っており、それを利用することに余念がない(しかし中身がないので、消費者にバレているケースが多いが)。

世界では昔の先人たちの努力の賜物であるが、今でも日本製であることの信頼は、消費者の心に強く残っている。他社もニューヨークで日本ブランドがいかにパワーがあるのかを今一度研究してみると、ブランド価値の創造のヒントが得られるかも知れない。
[ 2012/10/08 10:51 ] 経済社会 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索