仙人の祈り

ソフトバンクがスプリントを買収へ

スプリントがソフトバンクによる経営権取得に向けた協議を行っていることを正式にコメントし、スプリントの株価は現在18%上昇しています。

スプリントの時価総額は$17.7Bln(1兆4,000億円)です。ソフトバンクが66%なのか、100%の取得を目指しているのかで話は変わりますが、$12Bln程のキャッシュと健全なバランスシートを持っているため、銀行借入で何とか賄える金額です(銀行団がOKを出していなければ交渉はしていないはずです)。

スプリントは米国ではAT&T、Verizonに対して完全なる負け組みの会社で、P/Lも長らく大赤字で、今期2,000億円程度の赤字が見込まれています。バランスシートは$9Blnの自己資本に対して$21Blnもの巨大な負債を抱えています。

孫さんの考えとしては、スプリントの保有するネクステルや、プリペイド携帯などの足を引っ張っている事業を切り離し、純粋に携帯電話だけを低価格戦略で展開すれば、復活の可能性が高いと分析していることと思います。孫さんの実績からしたら、信憑性のある案件であると考えています。

ただし、やはり買収した直後の数年は苦しい展開が予想されます。ソフトバンク連結のP/Lとバランスシートも相当な痛手を食うことになり、かつスプリントはソフトバンクと同様に、LTEへの投資が遅れているため、今後長期間に渡って設備投資が必要です。

またAT&TやVerizonがソフトバンク流の低価格路線に政治的に難癖を付けて来ることは間違いありません。日本企業が、規制された業界の負け組み企業を買収して復活させることに対しての疑念は続くため、株価は一本調子で上昇していくことはまずありません。

また更なる推測ですが、もともとスプリントは米国4番手のT-mobileを買収しようとしていました。そしてこのT-mobileはプリペイド携帯大手のMetroPCSを買収しようとしていました。ソフトバンクがスプリントを買った場合(あるいは第三者割当を引き受けて、スプリントに資本金を注入した場合)、更にT-mobileの買収を考えるかも知れません。しかしAT&TもT-mobileを買収しようとしていましたが、国から待ったが入り断念したばかりですので、T-mobile買収のハードルは高いですが。

日本の株式市場にとっては久々に大きなニュースかと思います。円高であるうちに、勇気を持って借り入れでレバレッジを効かせて、海外へ投資をするべきです。今後の展開を楽しみにしています。
[ 2012/10/12 00:49 ] 投資全般 | コメント(1)
Soft Punk 買収??
>「日本の株式市場にとっては久々に大きなニュースかと思います。」

はい?
チョンまさよしネタでしょ。チョン系マスゴミ以外、みんな話題にもなんなかったわよ。
なんか、感覚ズレてませんこと?
[ 2013/02/15 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索