仙人の祈り

スペインの救済要請 - 来週なされる可能性が高い

9月米国新築住宅着工と建築許可件数は、両指標とも、市場予想を大幅にビートした。ITやインダストリアルなどの外需が減速する一方で、住宅や金融などの内需は堅調に回復が続いている。

本日は、米国市場は債券の方が大きく動いており、住宅指標の発表後から、現時点で米国債金利は40bps以上上昇し、10年物金利は再び1.8%台となった。下図のように、米国金利とドル円の上昇に差が出始めているが、これはQE3効果を織り込んでいると言えるだろう。FEDのバランスシートは毎日風船のように大きくなっている。

20121017.png


欧州ではスペイン債金利が大幅低下。先ほど、Black RockのCEOがカンファレンスで「来週スペインが救済申請を行うと確信している」とコメントしたことも要因の一つとして挙げられる。何か情報を掴んでいなければ、このようなことは言わないだろうから、一応心に留めておく価値はある。ちなみに、これ程大胆なポジショントークはないが、彼は同時に救済が発表されたらスペイン債を売るとも言っている。
[ 2012/10/18 06:52 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索