仙人の祈り

911に潜む影 - 真の闇は夜より暗い

投資家として資本主義経済の中で仕事をしていると、必ず一度は行き着く問がある。それは「お金とは何か」という問いである。

ここで言うお金とは、日常的には紙幣のことを指すが、紙幣とは正確に言えば富の交換券である。1万円があれば、ある財やサービスと交換できる。富を紙幣の量に換算することで、取引が円滑に出来るようになり、効率が良い。ここまでは誰もが知っていることだ。

知ってのとおり、リーマンショック後に、欧米日などの主要国がとてつもない量の紙幣を新たに発行した。疲弊する経済を立て直すために、紙幣の量を増やすことで、景気を刺激するのが目的だ。

しかし、ここで誰もが分からなくなる。「富は増えていないのに、どうして紙幣が増えるのか?」というシンプルな疑問である。

街中には様々な市場関係者のコメントや経済学者の分析が溢れかえっているが、面白いことに、この問いに対する答えを述べている人は一人もいない。本当のことを言うと、誰も知らないからだ。

紙幣を発行する権利を有するのは中央銀行であり、米国で言えばFRB、日本で言えば日本銀行がそれに該当する。しかしこれらの中央銀行は何故か株式会社であり、営利団体となっている。

もちろん各国の財務省が大株主として保有をしているが、それ以外の株主が存在することをご存知だろうか。

日本銀行(株)は実は四季報にも載っている店頭株だ。その株主は55%が財務省であるが、残りの45%の株主構成は非公開となっている。店頭株だが買おうとしても、どこの証券会社も扱っていない。

紙幣に裏書されているはずの富と、それを発行する権利は、国民にとって最も大切なことである一方で、これを追求することは、現代社会でリアルに存在する最大のタブーとなっている。もちろん、この裏にはロスチャイルド家とその縁者がいることは大体想像がつく。しかし当のロスチャイルド家の実態は、既にパラレルワールドのような世界にあり、知る術がないのが実情だ。

「光を背に負った者こそが、本当の闇である」という言葉がある。20世紀初頭には歴史の表舞台に現れて活躍していたロスチャイルド一族は、第二次大戦の以後、まったくと言ってよい程、その存在を見せなくなってしまった。(過去記事:ユダヤ人の影響力とその源流

World Trade Center under constructing21世紀の元年となる2001年に発生した、911のテロとその後の理由なきイスラム圏との戦争。

アメリカ人の大衆でさえ、911のテロの裏に、何かとてつもない陰謀が隠れていると信じているのに、その真相は闇の中に葬り去られてしまった。

どの建築家も物理学者も化学者も、中型ジェット機が突っ込んだくらいで、WTCがあのように崩壊するなど理論上在り得ないとコメントしている。それにも係わらず、政府の最終報告書は、「ジェット機の衝突による衝撃と熱で崩壊した」とされた。(ついでに無傷の周りのビルまで一緒に根元から崩壊しているが。)

ペンタゴンにはハイジャックされた航空機が激突したというのも嘘で、実際には巡航ミサイルが撃ち込まれた。例え大きな圧力を受けていたにしても、普通の軍人であれば、良心の呵責にあい暴露をするはずであるが、それすら出て来ないということは、実行犯は一般の米国軍ではないのかも知れない。

これ程の大掛かりな嘘と捏造を行える存在がいるとすれば、やはり国よりも強大な力を持った存在ということになる。そしてそれは、主要国の中央銀行を裏で牛耳る人物と同じではないか?しかしこの先へ行こうとすると、やはりパラレルワールドへ行き着き、その先のことは闇の中になってしまうのである。

写真は一年程前に撮った新しいワールド・トレード・センターだ。今現在はほぼ完成しており、夜中でも煌々と明かりを放っている。私はその眩しく光る巨大ビルを見る度に、その光が夜の街に映す巨大な影に、寒気が走る感覚を覚える。真の闇は、夜よりも暗い。

るとぅるるはこちら
[ 2012/11/25 20:00 ] 経済社会
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索