仙人の祈り

ニューヨーク観光の穴場 - ベスト5 (フード編)

前回のニューヨーク観光の穴場ランキングに引き続き、今回はフードランキングを発表する。フードと言っても、ここではファーストフードに限定する。普通のレストランを入れると、とても多すぎて選び切れないからだ。ニューヨーク観光の際のランチ候補として参考にして頂きたい。


第五位 Papaya Dog

papaya-dog.jpgPapaya Dogはホットドックのお店で、5番街の33丁目など、マンハッタンに何ヶ所かある。単にホットドックを食べたいだけなら屋台が必ず視界の中にあるので、そこで$2で買えば済むが、こちらは全然旨くない。

Hot Dogと言えばNathan'sというファーストフード店が元祖であるが、Papaya Dogの方がパンもソーセージも圧倒的に旨い。オニオンやチリソースをかけたやつが特に旨い。

Papaya Drinkと言って何故かトロピカルドリンクがついてくるセットがあるが、日本人の口には合わないかも知れないので、無理に頼む必要はない。


第四位 McDonald's

big-angus.jpg言わずと知れたマクドナルドが、まさかの4位にランクイン。日本の観光客には是非食べてもらいたい。日本のマックよりもバーガーが大きく、ジューシーで旨い。特に写真にあるアンガスバーガーがオススメ。

ポテトは日本とまったく同じだが、店員に言ってケチャップを大量に貰うのが正しい食べ方(言わないとくれない)。ポテトはケチャップを塗りまくって食べるのが、米国ではデフォだ。

ドリンクも50¢追加でシェイクに変更可能。本場のシェイクにはホイップクリームがたんまり乗っている。一食で1,500kcalを越えたりするが、マックでカロリーを気にしてはいけない。
第三位 Five Guys

five-guys-burger.jpgマックよりも値段が高く、グレードが高い。熱々のバーガーがアルミホイルに包まれている。ニューヨークでベストバーガーに何度か選ばれた実績もある。

トッピングを選ぶのだが、面倒な人は全部と言えばよい。なお、サイドメニューのポテトは必ずレギュラーサイズを選ぶこと。レギュラーであっても、食べ切れない程の量が来る。ケチャップは言わなくても共用スペースにある。



第二位 Shake Shack

shakeshack.jpgこちらもハンバーガーだが、女性でも好きな人が多い。小ぶりだが、バンズはやや甘くふっくらしていて、肉はマイルド。全体的にお上品な優等生タイプのバーガーだ。

オススメはチーズバーガー。サイドメニューはそれ程特徴はないが、兎にも角にも、メインのハンバーガーのマイルドさが、初めて食べる人のバーガー感を一変させるだろう。なお、お店は大人気なので、いつも長蛇の列が出来ている。場所や時間帯で多少異なるが、30-60分は待つ気でいた方がよい。


第一位 Chipotle

Chipotle-Bowl.jpg堂々の第一位はメキシカンのファーストフード店で、ここ数年で米国で大ブレイクしたチポトレだ。すべてオーガニック素材であり、食材がフレッシュなのがポイント。

ニューヨークでは数多く出店しており、簡単に見つけられるはずだ。お昼にいくと行列が店の外まで続いていたりするが、オペレーションが速いので、それ程待たない(実は初期の頃にマクドナルドがノウハウを教えてあげた)。

ブリトーかボウルかスタイルを最初に選び、豆やライスや、肉を選んでいく。その後、トマト、ソース、コーン、サワークリーム、チーズ、レタスなどをのせていき、一番最後にワカモレ(アボガド)をトッピングするかどうかを聞かれる。これだけは別料金なので注意。しかし、入れると更に旨くなる。

日本ではあまり馴染みのないメキシカンだが、米国では身近な存在だ。しかし、ファーストフードというとタコベルしかなく、美味しいメキシカンというのは実はなかった。そこに登場したのがチポトレだ。フレッシュな穀物、お肉、乳製品、野菜が一体となった絶妙なハーモニーは、日本では決して体験できない美味しさだ。


(ご参考)こちらの記事でも、ニューヨークのレストランについて述べています。
日本企業のブランド戦略はニューヨークのレストランから学べ
[ 2012/11/29 21:00 ] 雑感 | コメント(2)
だー!!美味しそう~
この町に住んでると、体重を維持するのは難しそうですね^^;

でも、アメリカは太ってる人は、自己管理ができないと
低く評価される傾向にあるのですよね??
あんなにボリュームがあるのに、どうやってみなさんは
自己管理できるのでしょうか・・・
やっぱり、映画の中みたいに、ジムや公園で走ってるんですか?
[ 2012/11/30 15:54 ] [ 編集 ]
るんさん、コメントありがとうございます。

そうですね。二極化していまして、カロリーの高いものばかり食べている人と、食事にすごい気を使っている人に分かれている気がしますね。

カロリーの低い食事の方が値段が高いので、高所得者ほど痩せていて、太っている人は低所得者に多いですね。

私の場合は、食事には全然気を使っていませんし、運動も特別していませんが、体重は変わってないと思います(≧∇≦)なんか食べ過ぎたな〜と思うと、自然と食べる量をセーブしたくなるので、それで調節してますかね。

でも流石にハンバーガーは日本よりも旨いですね。
[ 2012/11/30 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索