仙人の祈り

「何故夜空は暗いのか」 - 素朴な疑問は進化の源泉

小学生の頃、星空を見ていると「何故、夜は暗いのか?」とふと疑問に思ったことがある。早速、先生に聞いてみると、「夜は太陽が沈むのだから暗いに決まっている」と答えが返って来た。

それでは納得のいかない私はこう聞き返した。「宇宙には何千億もの恒星があるのだから、本来ならば空のすべてが星で埋め尽くされていて、明るいはずではないか?」。この質問には先生も答えを持っていなかったらしく、「そう言うのを屁理屈というのだ」と怒られた。

star111.jpgその後も身近な人に事あるごとに同じ質問をしていったが、誰も答えを知らなかった。結局、私がこの問の本当の答えを得たのは、大人になってからである。アインシュタインの一般相対性理論や、他の学者の本にその答えがすべて書いてあった。要約すると以下のようなこととなる。

1. ビックバンによって生まれた宇宙は加速して膨張を続けている。より遠くの星ほど速く地球から遠ざかっており、まだ光が届いていない。

2. 宇宙は有限であり、星の数も有限である。また、ダークマターによって銀河は一様に広がっておらず碁盤目状に存在する。

3. 光は距離の-2乗で拡散する。このため、地球に届いている光は極めて弱く、肉眼では見ることが出来ない。

このように、身近なところにある素朴な疑問が、実は誰も正解を知らないということがある。新しいビジネスモデルやサービスも、よく考えると誰もやっていなかったというようなことが多い。好奇心や探究心から生まれる「何故?」は、万物の進化の源泉といえるだろう。
私の疑問の場合はすでに解明されていたが、世の中のすべての事象が検証されて結論が出ているわけではない。例えば、今ではニュートンの万有引力(重力)として知られる、「何故、リンゴは地球に向かって落ちるのか」という素朴な疑問は、これだけ物理学が進んだ現在でも未だ解明されていない。

アインシュタインは重力によって空間が歪んでいることを証明し、その曲がり方まで計算する公式を発見したが、そもそも何故すべての物質がその質量に比例して引力(重力)を持っているのかは解明出来なかった。

数ヶ月前、欧州の巨大な重力加速装置を用いた実験で、重力を生じさせている源であるヒッグス粒子が発見された可能性があることが分かり、世界の注目を集めた。ヒッグス粒子とは、すべての物質に重力を与えている粒子として、仮説されていた粒子のことだ。

地を這う蟻にとって、この世界は二次元でしかない。しかし、同じように我々も三次元までしか認識出来ていない。「しか」と言うのは、どうやら我々が認識している宇宙は、もっと高い次元の一部に過ぎないことが分かってきているからだ 。つまりヒッグス粒子はより高い次元の世界(ホーキング博士の膜宇宙論)から引っ張られており、それが重力の正体であるという。

とにかく、物理学の研究は学者に任せておくにしても、世の中にはまだまだ分からないことだらけである。宇宙の広大さから比べれば、我々の日々の悩みなど、些細なことである。皆さんもたまには夜空を見上げて、地球号に乗って宇宙を旅してみてはいかがだろうか。(過去記事: ガラパゴスの夜空は美しい
[ 2012/12/19 18:00 ] 雑感 | コメント(6)
そーなんですか
小松原さんは、難しい話を分かりやすくするのが、ホント上手ですねぇ、、_φ( ̄ー ̄ )
私は学生時代に磁力と絶対零度の世界に興味を持ち、そこから物理に一瞬(笑)目覚め、相対性理論も読みましたが、何度読んでも理解できませんでした(・・?)???
ただ、モノゴトを深く追求するほど、最後は物理にぶつかるなーと思いました。
星空を眺めて、癒されるのは、私達も宇宙の一部で構成されてるから、外からの周波数に心地良く共鳴してるのかもしれませんね。
今は地平線近くまで星が見える田舎にいるので、癒されまくってます( ´ ▽ ` )ノ
[ 2012/12/19 19:48 ] [ 編集 ]
るんさん、コメントありがとうございます。

るんさんは、私なんかよりもずっと物事を知っていると思いますよ。
アインシュタインは人類の夢である、統一理論の発見のために、多くの貢献をしました。時間と空間のメカニズムを明らかにし、我々の住む宇宙の概要を発見しました。

あとは、重力の正体さえ分かれば、また更に謎がとけるので、現代の物理学者がこぞって研究しています。

るんさんは、かなり良い環境で生活されているようですね。私も田舎で生まれ育ったので、自然の美しいところで、ゆっくりと暮らしたいですね。いつか。
[ 2012/12/19 21:22 ] [ 編集 ]
原発事故で、小さい子供がいるので放射能を避けるために
田舎に越して一年半になります。
仕事は高速で通いますが、この田舎は
家のウラでホタルが飛び交うほど、
水と空気の美味しいトコです!
田舎、サイコーですねヽ(;▽;)ノ
いつか、住めるといいですね♬
[ 2012/12/19 23:13 ] [ 編集 ]
るんさん、コメントありがとうございます。

そうでしたか、原発事故で引越しをしたんですか。いろいろと大変でしたね。
私の地元でもホタルが見れるところがまだありますよ。音もなく、フワフワ飛んでいるので、本当に和みますよね。
[ 2012/12/20 07:27 ] [ 編集 ]
暗いというのは主観ですから、答えは難しいですよね。
実際、田舎の夜空は明るいですし。(笑)
結局、あらゆる学問は、壮大な仮説の上に成り立っている不確実なものだと私は思っています。ビックバンもダークマターも仮説ですし。
唯一確実なのは「"無い"ということを証明することは不可能」だということです。
と私は思ってます。(笑)
[ 2012/12/22 23:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 暗いというのは主観ですから、答えは難しいですよね。
> 実際、田舎の夜空は明るいですし。(笑)
> 結局、あらゆる学問は、壮大な仮説の上に成り立っている不確実なものだと私は思っています。ビックバンもダークマターも仮説ですし。
> 唯一確実なのは「"無い"ということを証明することは不可能」だということです。
> と私は思ってます。(笑)

銀さん、コメントありがとうございます。

そうですね、多くの学問が壮大な仮説のもとに成り立っていると言えそうです。
しかし、仮説を立てるというのもなかなかクリエイティブで、大変な作業ですよね。

私も今少し考えても「何故ネコは猫背なのか」とかしか、出てきませんでした笑。
ググっても仮説すら出ていない話があると面白いですね。
[ 2012/12/22 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索