仙人の祈り

顔を見せない経営陣 - 誰に向かって商売しているんですか?

会社の命運の大部分は経営者の資質や能力に委ねられている。そんな経営者のクオリティーを垣間見ることが出来る場所が、会社のホームページの役員紹介ページである。

ブランディングに余念のない米国企業の役員紹介を見ると、どの会社も役員全員の顔写真を載せて紹介している。コカ・コーラなどでは、役員のプロフィールビデオを公開し、リラックスした状態での映像を付け、その人となりが伝わるよう工夫をしている。

役員会議室これに対して、日本の時価総額トップ100社のうち、役員の顔写真を載せている会社はなんと25社しかないそうだ。一時が万事とまでは言い切ることはできないが、上場企業の役員が顔を出せない理由とは何であるのか、逆に聞いて見たいところだ。

欧米では、自分の顔を見せないと人と人との信頼は始まらない。文化的な違いはあるだろうが、日本企業と言えども、顔を見せないよりは見せた方が良いに決まっている。ましてや、自社のブランディングを考えた場合には、見せないという選択肢はあり得ない。
近年ブレイクした、ソーシャルゲームの会社で見てみると、DeNA、Gree、サイバーエージェントは役員の写真を掲載しているが、Mixiはしていない。この事と彼らの業績の推移は、全く無関係ではないだろう。

ちなみに、東電を始めとした"お公家さん"も顔写真を載せていないところが多い。公共性の高い企業の役員が、顧客に顔を見せないで仕事をしているというのは、常識的に考えてもかなり違和感がある。

欧米企業のように、プロのカメラマンに取ってもらった美しい写真を載せろとまでは言わないが、顔写真を載せること自体にはコストがかかるわけでもない。少なくとも、オーナーシップを持って会社を運営しているという自覚があるならば、自ずと答えは見えているであろう。
[ 2013/01/04 18:00 ] 投資全般 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索