仙人の祈り

オンラインビジネス最先端 - 米国企業のトレンドを探る

日本発のEコマースと言えば、楽天やスタートトゥデイ(ZOZOtown)があるが、オンラインビジネスの最先端を行く米国ではすでに次世代の会社が出てきている。

今回はその中でも面白そうな会社をいくつかの紹介する。日本でもすでにサービスインしているサイトもあるので、覗いてみてはいかがだろうか。

まだ規模が小さいものが多いが、必ずやこの中から次の時代の寵児が生まれることだろう。

Groupon(日本語サイト)

この会社が革命的であったのは、1 日で完売することに注力したこと。また出品者に前払いをしてあげる代わりに、販売価格を下げさせ、集客力を高めた。

Farfetch.com

farfetchブティックが星の数ほどある欧州で、各店から在庫情報を集めて販売支援を行っている。例えばZegna(日本語サイト)で1,000ドルで売られている商品を800ドルで売っていたりする。オーダーが入ると当社がFEDEXまで手配してシッピングしてくれるので、お店は何もしなくてよい。これにより世界のどこからでも欧州のブティックブランドを買うことができる。
GILT(日本語サイト)

会員制(年会費無料)のファミリーセールをネットで展開する。日本ではソフトバンクと合弁会社を設立している。ヴィトンなど高級ブランドを専門に扱っており、ハイエンドに特化している。

Fab.com

fab.comデザイン性重視のおしゃれグッズの販売に特化している。創業者のJasonはもともとゲイ専用SNSを運営していたが、当サイトの方が大ヒットした。

The RealReal

中古の高級ブランドのみを扱うオークションサイト。Yahooオークションと違い、サイトのデザイン性や操作性が高い。ただし、当社が写真を撮ったり在庫管理を行うため、手数料が高い。

Bonobos

Bonobos世界発のリアル店舗を持たないブランド。男性用の着心地を重視した製品が主。元々スタンフォードMBAの卒業生が創った会社で、マーケティング力が高い。生産はすべて中国。

JewelMINT

月額30ドルの会員制のアパレル会社。アクセサリーが特に売れている。簡単にお洒落なアイテムが手に入れられない地方のユーザーがターゲット。会員は月に1 個は必ず買うと分かるので、適性な在庫が予想しやすくマージンが高い。
[ 2013/01/20 18:00 ] 投資全般 | コメント(2)
zozotownさんの未来はいかようでしょうか?
[ 2013/01/20 21:52 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
dharmaさん、コメントありがとうございます。

前澤さんの小物っぷりが明らかになり、株価は暴落しましたが、私の意見としては今くらいが実力値だと思います。もともとはバンドでドラマーをやっていて、自分たちのCDをネットで売っていただけの人で、彼らを知っているプロの投資家は(私も含めて)誰も評価していませんでした。

Amazonが日本でも本気を出し始めているので、楽天もZOZOも焦りまくっています。彼らの最近の施策のゴタゴタはこの焦りから来ているものです。ZOZOは前澤さんが会社からいなくなるか、特に付加価値のないUAの代理店から新しいビジネスモデルを展開しない限り、私なら買いませんね。

(あくまでも個人的な見解です。)
[ 2013/01/20 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索