仙人の祈り

奏でる創造力 - 音をデザインする

我々の生活の中で視界に入る多くのもの、例えばスプーンも、傘立ても、自動車も、ビルも、何もかもが人工物である。特定の目的のためにデザインされて、ある種の完成形として存在している。

一方で、それらが奏でる音というのは、全くデザインされていないものが多い。ボタンを押す音、ドアが閉まる音、お店のBGMなど、大抵の周りの音は何の趣向もないものだということに気付く。

真っ白な世界米国の心理学者が行った実験では、街の雑踏の音を聞きながらデスクワークをすると、被験者の生産性は1/3まで低下するという結果が得られた。無作為な音の波に打ち勝とうとする意識がはたらき、集中力が落ちるのだという(そりゃそうだ)。

一方で、打ち寄せる波の音を被験者に聞かせたところ、生産性が20%向上した。おおよそ毎分12回の周期で繰り返される波の音は、睡眠中の人間の呼吸の周期と同じであり、脳がリラックスしている状態となることが要因らしい。

自然の音は我々に何かをはたらきかけるように完璧にデザインされている。デザインされているというより、我々の遺伝子にプレインストールされている。鳥のさえずりは多くの人に安らぎを与えるのは、外敵が近くにいないというサインであるからだ。

このように音のデザインは人間の心理に多大な影響を与える。つまりはビジネス上でも、音というものには、もっと注意を払うべきであると言える。
皆さんも、流れるBGMがあまりにダサイために早々と店を出て行ってしまったという経験があると思う。定員の掛け声も私にしたら雑音だ。日本の服屋で流れるトランス系や、チェーン店で流れるアキバ系の音楽などは嫌がらせかと思うことさえある。

店側の人たちはBGMのせいで多くの売り上げをロスしていることに気付いていないのだろう。米国の小売店ではBGMが流れているところはあまりない。音楽は趣味趣向が複雑であり、大抵の場合、顧客を限定することになってしまうからだ。

一方、ブランド戦略に余念のない米国企業は、音についても細心の注意を払っている。インテルのジングルや、Microsoftの起動時のジングル、iPhoneのいろいろな操作音は、ブランドのイメージ戦略の中核をなす部分である。先鋭的で、クールなイメージが浮かぶように設計されている。

実は私も音に関してはある程度のこだわりがあり、自作のジングルというかサウンドロゴをいくつか持っている。プレゼンのように、自分自身をブランド化する必要がある時のためにつくっておいてある。以下に3つだけ載せておく。タイトルは皆さんのご想像にお任せする。
No.1  No.2  No.3

相手に思いを伝える道具は、何も文字や言葉だけではない。音も重要な要素である。本当に伝えたいメッセージを、言葉と、絵と、音で完全に一体となって相手に伝えることができたなら、伝える力は想像以上に増幅するはずだ。

音をデザインする。皆さんも少し意識してみてはいかがだろうか。
Ceron
[ 2013/01/28 18:00 ] 経済社会 | コメント(6)
音の可能性
私は薪の燃えるパチパチって音が好きで、炎眺めながら癒されます。
これも人類のDNAに刷り込まれてるんでしょうね。

Xmasとかメロディ付きのCardがありますが、用途を広げて、
名刺に個人の好きな音楽を載せたら印象に残るし、
栄養ドリンクやコーラのフタを開けた時、テーマソングが流れたら面白いなーと。
渋滞イライラ防止用で、車に「ししおどしスイッチ」
を着ける自動車メーカーがでないかなーなどと、色んなコラボが浮かびます

…あれ?これって音のデザインとはまた話別ですかね( ̄▽ ̄)


[ 2013/01/28 23:30 ] [ 編集 ]
Re: 音の可能性
るんさん、コメントありがとうございます。

薪の燃える音は癒されますね。遠赤外線効果もありますしね。
名刺などは将来流行るかもしれませんね。電子名刺になれば、一緒に自分のテーマが流れるようにするのは簡単でしょうしね。

会議室に小鳥が鳴く音が流れていたら、殺伐とした雰囲気も和むかも知れません。
[ 2013/01/29 07:20 ] [ 編集 ]
携帯でも聞けました…が
No.3は、どんな時に使うんだろ?
と、気になりました、笑
[ 2013/01/29 21:26 ] [ 編集 ]
Re: 携帯でも聞けました…が
るんさん、コメントありがとうございます。

携帯でも聴けることが分かり、本文は修正しています。
一応タイトルを書くと、No1は「旅立ち」、No2は「森の雫」、No3は「精霊のおしゃべり」ですかね。3つめはオチですね。何に使うのかよく分かりません笑。他にもまだまだありますが、3つだけ公開しました。
[ 2013/01/29 21:38 ] [ 編集 ]
確かに、音の力は素晴らしい
確かに、音の力は素晴らしい。
それは、感性に訴えかけてくるものであり、
CMで使われれば、商品の魅力を何倍にも増幅させる。

特にこの企業のCMは素晴らしい。
http://www.youtube.com/watch?v=gWysHOjl95E
[ 2013/01/29 23:06 ] [ 編集 ]
Re: 確かに、音の力は素晴らしい
スパイシーボーイさん、コメントありがとうございます。

カッコいいCMですね。Xperiaが欲しくなるので、CMとしては大成功ですね。
誰が作った曲なんでしょうか。坂本龍一のような感じにも聞こえますね。
[ 2013/01/29 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索