仙人の祈り

楽天が嫌いな5つの理由 - キアコン系企業のララバイ

当ブログを読んで頂いている読者の方であれば、何となく私が楽天が好きではないことを知っているであろう。事あるごとに楽天のことを引き合いに出し、遠回しに小馬鹿にする。

一応断っておくが、楽天という会社や三木谷氏に恨みはまったくないし、私は会えば直接先方に以下に書いたようなことを(小馬鹿にしながら)伝えている。

楽天グループ先方は笑いながら聞いているようで、目が一つも笑っていないのだが、それでも今まで面談を断られたことはないし、断ったこともない。つまりは公認ということだ。

私にとって楽天は、古いタイプの企業文化、組織体制、ビジネスモデルをバランス良く保持し、しかもそれが世間ではインターネット企業にカテゴリーされているために、異彩を放っているように見えてしまう。

体育の時間で一人だけ隣の中学の体操服を着ていたら、誰だって突っ込むだろう。私にとっての楽天とはそういった存在なのだ。しかし世間に同意を求めている訳では決してない。私が、たまたまブスに写ってしまった美人の写真を見て、ブスだと思い込んでいるだけかも知れないのだから。

1. キアコンのテレアポ営業

楽天の社員に必要なものはキアコン(気合と根性)である。新入社員の最初の試練は楽天カードの新規を取ってくることだ。ノルマを達成できなければその時点で窓際決定である。達成できた社員はその後のテレアポ営業に打ち込むことが出来る。ノルマを達成するために多くの友達を失っているので、残業もたくさんできる。言わばそれは戦闘員となるための、決別の儀式である。

2. 自分大好き中2病

楽天に買収された会社はすべて栄冠の楽天の名を与えられる。昨年買収したアイリオ生命もこの度、見事に「楽天生命」に社名が変更された。ジョークかと思いきや、本当の話だからすごい。楽天市場を中心に楽天カードで決済し、楽天銀行にお金を預け、旅行へ行くなら楽天トラベルでチケットを予約すればよい。楽天グループ内ですべての消費が完結する。彼らはこれを楽天経済圏と呼ぶ。重度の中2病である。

3. 二番煎じのビジネスモデル

EC、カード、証券、銀行、旅行、生保、料理レシピなど、楽天はパクったビジネスモデルの集合体である。しかも、そのデザイン、ユーザービリティ、価格などにおいてオリジナルと比べてクオリティーが劣化している。「センスのないECサイト」に毎年ノミネートされる実力は伊達ではない。電子書籍のKoboも例外なくこの法則の通りであり、進歩が見られない。(過去記事: 日本企業の賢い生き延び方)

4. 英語が公用語

楽天のどこに英語が必要であるのかが未だに理解出来ない。佐川急便が英語を公用語にしたら誰もが疑問に思うだろう。それと何も変わらない。「ここは重要なので日本語で伝えます」が社内の流行語となっているというのだから、もはやジョークでしかない。三木谷氏が憧れる海外の事業は、すべてウルトラ級の失敗をしており、先日も225億円の減損を計上し、ごり押し営業で戦闘員たちが稼いだ本業の利益をすべて吹っ飛ばしてしまったところだ。

5. ずさんなコンプライアンス

楽天トラベルが過去6年に渡って不正会計をし、利益を水増ししていたことが発覚したばかりであるが、楽天のコンプライアンスは相当なザルである。これは氷山の一角でしかない。三木谷氏が政治家との関係を深めることで騒ぎが拡大しないように抑えているが、数字のプレッシャーが強過ぎて、法を侵してでも数字を出さなければならないという脅迫観念が社員にはたらいているのである。楽天は三木谷氏にすべての進化が集約されるように出来た蟻塚であり、王の命令は絶対なのである。

Ceron.jp
[ 2013/02/19 18:00 ] 投資全般 | コメント(30)
毎回
美人に映ってしまう、ブスです。
すみません、ブスって言葉につい反応してしまいました。

よほど楽天がキライなんですねえ(・v・;)
小松原さんのブログを読んでたら、趣向がなんとなく分かりました。
実力主義&クリエイティブが好きなんですね。
私もそうです、うっはっはっ



[ 2013/02/19 22:10 ] [ 編集 ]
Re: 毎回
るんさん、コメントありがとうございます。

三木谷さんは、実は、私の言っていることを相当気にしているかも知れないですね。なかなか彼にズバズバ言って来る人はいないので、ある意味で貴重な存在か知れませんね。
るんさんの分析のとおりで、私はクリエイティブなことが大好きなんですね。No art no life ですかね。何故なら私にはそれだけ言うバックグラウンドがありますので。

ところで、次号で重大発表があります。お楽しみに。
[ 2013/02/19 22:19 ] [ 編集 ]
私の楽天の印象は、ドラエモンのジャイアンです。

関わりは必要最低限。

日本人ながら、シンプルスマートと快適さで圧倒的Amazonファン。

ポイントがあるからでなく、
応援したくなるような企業を目指す日が来るのでしょうか。




[ 2013/02/20 06:54 ] [ 編集 ]
Re: クリエイティブ
花助さん、コメントありがとうございます。

花助さんのような組織がむしろ日本ではスタンダードですので、あまり気に病む必要はありません。頭のかたいおじさんたちは、そのうち水が引くようにいなくなるかはずです。

> 先日、ご紹介いただいた小栗旬のドラマ。
> クリエイティブ、その言葉が
> ピッタリでしたよ。
> 「リッチマンプアウーマン」
> ウーマンは石原さとみサン、ご存知ですか?
> DVDは全6巻あって、
> 1巻で2話収録されていて
> まだ2話しか観ていませんが、
> とても、面白いです。
> 主人公に見とれてしまいました!
> ニューヨークにも、このDVDあれば
> いいなぁ!って、思います。
> 日本でもまだ新作でしたので、店頭に
> 並ぶのはもう少し後でしょうか?
> 是非、ご覧になってください(^.^)
>
>
> 追伸。
> るんさん、面白いドラマを紹介して
> くださり、ありがとうございます。4164

追加情報ありがとうございます。
ニューヨークにDVDがなくても、すぐに見れる環境になりますので、大丈夫です。楽しみにしています。
[ 2013/02/20 07:26 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ゆきさん、コメントありがとうございます。

楽天は国内のECシェアを捏造しており、私の調べではすでにAmazonに追いつかれています。今年はあっさり楽天が抜かれるでしょう。

私はAmazonも楽天もとてもよく知っています。Amazonは昨年から日本市場も本気で取り組み始めており、楽天は日本でも負け組が決定するでしょう。

楽天はネット販売のことがよくわからない中小企業の代行屋であり、彼らもネット販売に慣れてくると、楽天のフィーが高すぎることに気づき、離れていきます。自由なネットの世界にモールを作るという発想が、私にはまったく理解できません。ここが頭のかたい三木谷さんの能力の限界です。
[ 2013/02/20 08:42 ] [ 編集 ]
わっ
花助さん、見て下さったんですね
面白くて良かった♪( ´θ`)ノ
マイケルJFoxは、残念ながら近くの
ビデオ屋にはなくて予約してきました♪
1週間~1ヶ月待ちと言われました。
どんだけ田舎なんですかね、ココ笑
[ 2013/02/20 09:43 ] [ 編集 ]
社内公用語英語化
社内公用語化についてどのように思われますか
僕は反対です 日本人同士で英語を使うというのは
非常にばかばかしい気がします 
グローバル化という意味を何か吐きつがいてる気がします
[ 2013/02/25 10:48 ] [ 編集 ]
Re: 社内公用語英語化
きくちさん、コメントありがとうございます。

私もそのように考えています。日本人同士で拙い第二外国語で会議しても、深いディスカッションは出来ないので、もったいないと思います。英語で話せば考え方もグローバルになるとは限りません。

私もニューヨークで日本人同士で話す時は100%日本語ですよ。当然ですが。

ですので、きくちさんと同じように考えています。
[ 2013/02/25 11:26 ] [ 編集 ]
同意しつつも意見します。
同意部分も沢山あります。
特に自分大好き、コンプライアンスの悪さ、突如の英語公用語化等・・・しかし、考えてみればソニーもかなり多くの部門がありますかまほぼ全てソニーの名前が頭についています。ソニー損保、ソニーグローバルソリューションズetcそこは楽天に限らないのかと。
そしてコメントに三木谷さんが
周さんの意見を気にしている、こういう意見をする人はなかなかいないとコメントで書かれていましたが、こういった個人のブログで意見をしていてそう思われるのは自己満足じゃないかと思いますよ。直接彼のツイッターのアカウントなり企業に意見書を出すなど個人で直接アクション起こして始めて公言できる言葉ではないかと思ったので一言。
ただ、改めて共感する部分は沢山ありました。
[ 2013/05/13 15:54 ] [ 編集 ]
Re: 同意しつつも意見します。
たっぴさんコメントありがとうございます。

私は機関投資家です。ツイッターで言う以前に、三木谷さんご本人に会って言っています。もっと込み入った話もしています。
それからブログ自体が自己満足ですので、特に問題ないと思います。
[ 2013/05/13 16:07 ] [ 編集 ]
Re: 英語公用なんて序の口
あいうさん、コメントありがとうございます。

そうでしたか。楽天の内部事情は現場から見るとそんなに酷いのですね。ただ私の経験上、体育会オーナー企業というのは最も組織が変われないタイプの会社ですので、関わらないで済むなら出来るだけそうした方が良いと思います。
[ 2013/05/14 20:31 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございました。
えっ、そうなんですね(汗)もしかしたら他の記事に既に書いてらっしゃったのかもしれないですが掻い摘んでいたので見落としていたら申し訳なかったです、、、
直接会われる機会がおありなのですね、そういった意見もっと周さんから伝えて頂いて楽天の良くない所が改善されれば嬉しいです・・・最近楽天kobo中途採用募集記事のルー大柴ばりの言葉遣いにもう〜ん・・・
と見ていてむず痒い思いをしました(笑)
世界一を目指すばかりに大切な事を後回しにしようとしている印象がありますね。せっかくここまで成長してきたのですから、これからは消費者から信頼されて支持される魅力的な企業になっていってもらいたいものです。
[ 2013/05/15 17:43 ] [ 編集 ]
楽天が嫌いです。(amazon派)
楽天が嫌いです。

理由はクレジットカードが嫌いでクレジットカードが楽天では推奨しているからです。

AMAZONはコンビニが決済、受け取りで使えるところがいいですね。

それとAMAZONの社長はアポロ11号の第1段エンジンを海中から引き上げたそうです。

当方、宇宙開発にあこがれた世代で、価値観の共有ですかね。
[ 2013/06/02 23:18 ] [ 編集 ]
Re: 楽天が嫌いです。(amazon派)
ppさん、コメントありがとうございます。

私は楽天にとある重要なアドバイスをしています。それはここでは言えませんが、近い将来そういう動きとなるでしょう。楽天のECを利用しているのはITリテラシーの低い、年齢層が高めの方々です。消費で若者に相手にされていない会社に未来はありません。彼らはまず会社の組織を変えなければなりません。
[ 2013/06/16 00:36 ] [ 編集 ]
ジャイアン的な会社
確かにドラエモンのジャイアンみたいな会社ですわ。
詳しくは書かないがポイントで楽天側の落ち度を指摘し
説明と回復を求めてもできないとの結論だけ。
毎日毎日ポイント何倍とか何かに入会すると5000ポイントとかの
キャンペーンが多過ぎて会社も社員も何が何だかわからなくなっているのでは?
もう騙されずに最安値のことが多いamazonを中心に鞍替えします。
ポイント中毒にならないために。
[ 2013/07/02 21:37 ] [ 編集 ]
Re: ジャイアン的な会社
私が危機感を持っているのは、楽天の社員が上司の脅迫的な圧力によって、一線を越えている行為が頻発しているのに、それを誰も制御出来ていないことですね。

昨日もFaceBookのファンページのイイねを不当に増加させていたということで、FaceBookから削除すると通告をされていたりします。
[ 2013/07/03 07:36 ] [ 編集 ]
Re: ジャイアン的な会社
そうなのですか。
今回のトラブルは楽天社員の会員に対しての横暴に怒っているんです。
規約で明確になっていることを証拠に修正依頼してもダメ。
これは楽天の文化なのですね?
[ 2013/07/03 07:46 ] [ 編集 ]
友人が楽天市場大好きらしく
それを聞いて違和感を感じ
そして初めて自分が楽天市場が嫌いということに気づいて同士を求めてこちらにたどり着きました。

あの赤文字の安い!安い!な雰囲気が
ものすごく苦手です。
友人は守銭奴っぽいのですが
金運があまりよくなさそうなのはあの盲目的な安さ信仰者だからだろうと
勝手に踏んでいます。

確かに安い店はありますが、利便性や商品の性質(例えば鮮度が大切なもの)
それを無視して頭割で安いものがいいという思考がもう私の中では耐えられません…。
あの安易なポイント何倍っていうのも
特に魅力を感じません。一種の催眠術を無理やりかけられているような気持ちになります。

特に変なモノを掴まされた経験はないのですが
あの熱病みたいなサイトがとても嫌です
[ 2013/12/03 18:46 ] [ 編集 ]
すっきり
本当にその通りだと思います。
[ 2014/11/09 23:46 ] [ 編集 ]
ネット界のシャッター通り商店街化?
地方のどうしょうもない店舗に楽天市場ののぼりがはためいてるのは哀れだ。
地方ローカルTVでは楽天市場ランキング1位という説得力のないフレーズが大流行。
[ 2015/05/20 11:11 ] [ 編集 ]
な、なるほど!
今まで自分の生活圏にあまり楽天の存在がなかったので、
あまり気にすることはなかったのですが、
最近楽天スマホというCMが目障りだなと感じていました。

本田選手の「真っ向勝負!」という言葉を聞くたびに、
はあ?何に?という突っ込みを入れてしまいそうになるこの不快感と違和感。

こちらのブログを読んで、
落ち目だから切羽詰まった挑戦心なのかなと納得しました。
資産を増やそうと競馬に全財産つぎ込む薄汚いオヤジの図が目に浮かぶような。。。

あの昭和カラーの赤も苦手です。
バブルかよ?って。
楽天の激安サイトを何度か拝見して購入したことありますが、
あれはひどかった。
え?こんなの存在するんだ?ってレベルである意味、想像以上でした。
それ以来、楽天及び楽天カラーを見るたびに、
歌舞伎町のネオン街の風景がよぎります。

もう本当に納得!
かなりズレているのに、YAHOOやらの検索サイトと同時期に時代の波に
乗り始めちゃったもんだから勘違いしているのかな。
あ、それこそ「楽天カラー」ですもんね!
顧客が離れていっても、楽天カラーを貫く姿勢ご立派です。
私も人の事言えないかな、なんちゃって。


[ 2015/07/10 22:52 ] [ 編集 ]
私も嫌いになってきました。
キャンペーンとかでバカにされたような事がありました。
”こんな事するなら何もしないでほしかった”と感じた処です。
少しづつ楽天からはなれようと感じました。
[ 2015/11/11 13:52 ] [ 編集 ]
楽天ポイント
楽天ポイントを使おうとした所、醜悪なサイトに誘導され、さっぱり理解できずに6000ポイントが行き場を失っています。

益々嫌いになった所、この素晴らしい記事に会いました。

早々に乗り換えます(笑)
[ 2016/01/10 13:26 ] [ 編集 ]
私も楽天嫌い
楽天って本当レベルの低い会社だと思いますよ。楽天市場に登録したら迷惑メールだらけで捨てアドで登録するしかないし、サイトも広告だらけでレイアウトぐちゃぐちゃ。

渋谷にできた楽天カフェなんてダサいロゴ見てロケット団の基地かとおもちゃったよw

まぁもうすぐ終わりの時期が来るでしょうね。
差別化できたサービスがなくて、全てナンバー2位以下。

寄せ集めのコンテンツでナンバーワンになれるはずが無い!

三木谷は金持ちかもしれないけど、人として尊敬できないわ。そう思ってる人多いと思いよ。
[ 2016/03/12 19:36 ] [ 編集 ]
名前が最初から嫌いですね
楽天ってなまえがもう胡散臭い。はっきり言ってキモイっす。楽に天国に行けるってか?ばかばかしい。筆者の言いたい気持ちがよくわかります。例えば楽天銀行JCBデビットカード。このカードは年会費やらは無料ですが、デビットだから当然楽天銀行に開設しなければいけない。しかしそこのATM手数料がばか高いのである。入金するにもお金が必要。じゃあこれを無料にするにはゆうちょ銀行とどうのこうの...なんとも使いづらいw
ほかに使いやすいサイトがあるのか調べても、本家である楽天市場がひどく使いづらく、話にならない。
今のままだと、もしamazonの配送料が有料になってもamazonを使うかな。
[ 2016/03/17 20:52 ] [ 編集 ]
よく夜行バス乗るけど、楽天トラベルから予約するわ。
ECサイトはワチャワチャしてて購買欲がわかないから買い物しない。
楽天は馬鹿と鋏は使いようみたいな会社。
[ 2016/07/13 11:39 ] [ 編集 ]
所詮、昔ながらのヤ〇ザのシノギをビジネスモデルにしたような会社です。
出店料などと名前を変えてショバ代あるいは出店してるところが傘下とすれば上納金を搾取してるだけのコンプライアンスもへったくれもないエセ企業。
問題があっても店と消費者の間に絶対入らないノータッチってスタンスも下衆。
なにが安心ショッピングなんだか。
こんなだから勘違いして一旗上げようなんて出店したDQN経営者たちもやり放題。
[ 2016/08/07 05:05 ] [ 編集 ]
楽天といえばこれ
三木谷会長が5年前モバゲーのディー・エヌ・エーがの球界参入に断固反対した時の言葉。
「野球を通じて子供たちに課金システムがある携帯ゲームのプロモーションをしていいのか」

自分はどこまで清いと思っているんだろうか。
お前が言うなと多くの人が苦笑したと思う。
自分のところを棚に上げるのは楽天すべてに言える。 これが縮図だと思う。
[ 2016/08/15 05:01 ] [ 編集 ]
楽天はなんかエグい(≒エグゼクティブ)ですよね。三木谷氏も、でも憎めないキャラな印象。
子供みたいな、やぶからぼうな感じ、ゴリ進む感じ。ある意味すごいけど。

ブログを読ませていただき、いろいろ共感しましたし、勉強にもなりました。

楽天のアウトな面の書き連ねに、頷くばかりでした。
けど、文末の最後に楽天出店案内の広告しれっと貼る、ってゆう…(笑)もう最高のオチ、うまいです。笑いました。ありがとうございました。
[ 2017/04/06 06:13 ] [ 編集 ]
スミマセン。広告はたまたまだったみたいですね。偶然に笑かしてもらいました(笑)
[ 2017/04/06 06:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索