仙人の祈り

我が愛しの日本 - 早く行きたいチェーン店

突然だが、今月末でニューヨーク生活を終え、日本に帰国する予定である。仕事はこれまでとまったく変わらないが、東京の方が何かと便利になってきたこともあり、私が日本に戻ることが昨年のうちから決まっていた。

ニューヨークに未練はないのか?と聞かれるが、残念ながらまったくない。実際のニューヨーク生活というのはSex and the cityのような毎日ではなく、「ニューヨーク生活、哀歌」で述べたように、労働をしなくてはならない庶民には意外と地味なものである。

rainbow over east river雨上がりのイーストリバーに架かる虹はとても美しく、ハドソン川に沈む夕日は優しい気持ちにさせてくれるが、ニューヨークの日常も十分に体験できたし、そろそろ日本に帰って落ち着いた生活を取り戻した方が、心身ともにベターだと感じている。(写真は筆者撮影)

最近は株が上昇してきたために、日本はいくらか明るくなってきているようだ。だが、世界の中での日本の存在感は小さくなったままで、ウォール街では東京市場は相変わらず話題にも上げられない。日本人もフィリピン市場が爆騰していることを知らないだろうが、ちょうどそのような感じである。

sunset on hadson river円安がG20での最大の焦点となっているかのような日本の報道は実に滑稽で、日本のメディアは自国目線の歪曲した報道ばかり流している。私が日本へ行くのは仕事上の利便性が高いというのが本当のところであり、残念ながら組織としては「日本オワタ(・ω・)ノ」という考えを変えてはいない。

日本株を上げている人々、正確に言うと為替市場で円を売って円安にしている人々は、今のところ買いすぎた円のポジション調整を行っているというのが実情で、日本がインフレになるかどうかは、プロの中でもかなり懐疑的な見方が多い。

私は日本は復活とまではいかなくとも、回復は可能であると見ている。多くの投資家は人口ピラミッドの形を見て、人口の伸びない成熟した国はダメだと思っている。しかし、私の考えは逆で、現在の老害たち中心の社会システムが自然消滅することで、本来日本人が保持しているクリエイティビティが世界に開放されることを期待している。

さて、日本に帰ったらやりたいことはたくさんあるが、やはり日本ほど食べ物の美味しい国はないので、楽しみは食べることである。日本の皆さんには当たり前のことでも、地球の裏側のニューヨークでは食べられないものが本当にたくさんあり、書ききれない。先日も鯛茶ずけとシシャモを食べる夢を見たばかりだ。

私は大衆的なチェーン店やジャンクフードのことをよく記事にするが、その理由は幾つかある。そもそも外食企業の調査の一環として実食する必要がありそれが習慣化していること、そして仕事柄、高級店や有名店はよく行くので、あえて記事にするような面白いことはないし、プライベートで行きたいとは思わないことがある。

接待などを受ける場合にも、「何かご希望はありますか?」と事前に聞かれた場合には「高級店は私の症に合わないので、庶民的で美味しい店がいいです。」といつも答えているが、決まって生絞りオレンジジュースが1,500円するような店に連れていかれる。

眺めの良いエレガントな内装のお店で微笑みながらドリンクメニューを見ている私が「1,500円あればロイホでたらふく食えるのわ~。アホだな~。」と考えているとは、相手は想像だにしていないだろう。

そう言った訳で、日本へ帰ったら食べたいものは以下のような感じである(主にチェーン店に絞って書きます)。

牛丼

吉野家、松屋、すき家、なか卯、ランプ亭などの最新の動向をアップデートしたい。特にすき家は少し目を離すと、斬新すぎる新作を出しているので、もしかしたらもはや牛丼屋ではなくなっている恐れがある。取り敢えず、米国では生卵も食べられないので、牛丼に卵を落としてガッツリ食べるのは、ちょっとした夢である。

立ち喰いそば

富士そば、ゆで太郎の安定感は変わっていないだろう。ど演歌と隣のガテン系の客のグチを聞きながら、濃いめの汁で蕎麦という名の小麦粉麺を流し込む。日本版サブウェイの呼び声が高い「めとろ庵」もチェックしたい。また、吉野家や「てんや」もいつのまにかソバを始めているようなので、合わせてチェックしておきたい。

回転寿司

回らない寿司はお気に入りがあり、それはそれで当然行くが、仕事も兼ねてカッパ、スシロー、くらの3強のクオリティを確認しておきたい。震災や中国人のせいでネタの仕入れも難しくなったと聞いており、マグロ=赤マンボウの比率も確認したい。こちらもスシローが、少し目を離すとハンバーグ寿司のような創作寿司を流していることがあるので、寿司屋であり続けているのか要チェックである。

ラーメン・餃子

ハッキリ言ってラーメンなら何でも旨すぎて感動すると思う。特にニューヨークにはまったくない「どさん子」などの北海道系味噌がいい。餃子は王者である王将に対して、日高屋、リンガーハット、幸楽苑などの大手がどれほど追いついたかが気になる。地方の有名店である大阪王将、宇都宮正嗣、みんみん、ホワイト餃子、浜松丸福、北海道宝永、満州餃子、西安餃子などにもまた行きたい。ちなみに今のところ世界一美味い餃子は阿佐ヶ谷の豚八戒という個店だ。

その他いろいろ

自腹で高い金をかけるなら、やはり温泉宿でのご飯にお金をかけたい。そもそも長らく風呂に入っていないので、静かな温泉宿で何も考えずにゆっくりできたら最高だ。近場では湯河原や群馬の四万温泉などにお気に入りがある。温泉に入った後に、郷土の美味しいご飯を食べている時は、人生でもトップクラスの至福の時である。

さて、パッキングに取り掛かろう。
[ 2013/02/21 18:00 ] 雑感 | コメント(16)
東京チカラメシ、天下一品も是非!
外人率高いです(^ω^)

ちなみに服はどのようなところをチェックされてますか?
[ 2013/02/21 18:52 ] [ 編集 ]
お~っそうなんですか!!
私が想像してたのは
「実は、岡本太郎の孫です!」
とか仰るのかと笑
Artだし、、( ̄▽ ̄)

帰国したら、私達が受けられるような一般向け投資セミナーとかあると嬉しいです
是非お会いしたいですね\(^o^)/
最前列で、美人のお面つけてる人いたら、多分それは私です笑

ラーメンも美味しいですが、今、うどんもイケてますよ~♪
丸亀製麺は、ロシアにも進出しましたからね。
昼は毎日コレですが、飽きません☆
[ 2013/02/21 21:08 ] [ 編集 ]
Re: お~っそうなんですか!!
dharmaさん、るんさん、コメントありがとうございます。

dharmaさん、東京チカラメシを忘れてました。三光マーケティングフーズという会社はよく知っているんですが、彼らが最近焼き牛丼でブレイクしているという噂はニューヨークの私のところまで届いています。牛丼好きとしてはここは速攻で行きたいところです。ゴハンがパラパラ米らしいですね。

るんさん、そうですね、期待の割にはサプライズではなかったようですね。丸亀製麺の素晴らしさは記事に書ける程よく知っています。彼ら(トリドール)が上場してきた時に最初に会った投資家が私ですから。丸亀製麺を食べに当時イオンモールまで遠征した程です。ゆで卵の天ぷらが食いたいですね。

私が一般の投資家向けにセミナーなどをやる予定は今のところありませんが、そのような場合は告知しますよ。会場で一番の美人なお母さんを探せばよいのだから、楽ですね。
[ 2013/02/21 21:47 ] [ 編集 ]
クリエイティブ
そ、そうなんですか??

帰国なさるんですね。
仙人サンファンの私にとってとても吉報です。
コメント歴は一番短いですが、
とても嬉しいです(*^^*)

仙人サンの一般投資家向けセミナーの
開場には、るんサンとお揃いの、
美人のお面をつけているのが私です!
是非、その時は参加させてください。

さて、本日は日本のB級グルメの話題ですね。
私も最近は丸亀製麺のうどんのシコシコ麺、
大好きです。
そして立ち食い蕎麦ではありませんが、
うどんでは、恵比寿駅中の改札そばの
肉うどんが好きです。クセになります!
是非一度行ってみてくださいね(^^)/
そして、餃子はホワイト餃子を
ご存知なんですね。私も大好きです。
栃木県栃木市の若い女性が焼いてくれる
ホワイト餃子も是非召し上がってみてください!
焼き手が違うと味も違うんだあと思う
ホワイト餃子であります。
あぁ。喋り過ぎちゃいましたm(__)m

本日は明るいニュースをありがとう
ございました!
[ 2013/02/21 22:48 ] [ 編集 ]
いやいや
十分すぎるほどサプライズでした( ̄◇ ̄;)マジすか?
あと五キロ痩せねばと焦る次第でっす
うどんに天ぷらのせてる場合じゃないな笑
告知、楽しみに待ってまっす( ̄^ ̄)ゞぴっ









[ 2013/02/21 22:59 ] [ 編集 ]
Re: クリエイティブ
花助さん、コメントありがとうございます。

ホワイト餃子を知っている花助さんもなかなかの餃子好きですね。地方にしかないかと思いきや、東京にも江戸川区などにあるんですよ。

恵比寿駅の肉うどんは日本にいた頃に食べたことがあるかも知れません。大崎駅にもあるので、記憶が混同している可能性がありますが。モルガンスタンレー証券やサッポロビールに取材に昔は行ってたので。

コメントを頂ける女性人は皆さん美人さんなので、嬉しいですね。美人というのは才能のひとつですよ。
[ 2013/02/21 23:01 ] [ 編集 ]
Re: いやいや
プロの投資家というのは職業柄いろいろなことを知っているものですが、恐らく同業者から見ても私はいろいろなことを知っている方だと思います。

少なくとも5,000社以上とミーティングしたことあるので。
[ 2013/02/21 23:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ちなみに服はどのようなところをチェックされてますか?

dharmaさん、服はファストファッションのお店か、古着屋のようなところばかりですね。NYだと、ファストファッションのお店はミッドタウンなどに集中してあるので、そこはよく行きますね。後は、アッパーイーストなどに古着屋があるのでそこにも行きますね。日本人が好きなSOHOエリアは高いので行きません。

日本だと代官山の古着屋などに行ってましたね。ネットでは服は買わなかったです。
[ 2013/02/21 23:36 ] [ 編集 ]
祝☆帰国
度々お邪魔します。

そうかぁ。
それで、すぐにレンタルDVDが
借りられる環境と言われたのですね!
納得(^.^)

帰国されたら、ますますお忙しいとは
思いますが、ブログ更新を、
楽しみにしています。

追伸
ラーメンは恵比須にある「あふり」と
いう、柚子塩のさっぱりラーメンも、
ちょっと変わってて美味しいです。

帰国されて、美味しいお店ブログも
あるのでしょうか(笑)(^.^)

[ 2013/02/22 00:17 ] [ 編集 ]
Re: 祝☆帰国
AFURIというお店は食べログで3.5点以上なので、かなり評価が高いですね。
食べログをやっているカカクコムの本社が近くの駒沢通り沿いにあるので、行った帰りに食べに行きます。
ありがとうございます。
[ 2013/02/22 10:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/22 21:35 ] [ 編集 ]
Re: 非公開記念カキコー☆
逃げない中高年さん、コメントありがとうございます。

そうでしたか、逃げない中高年さんのご決断を応援したいですね。
私のような若輩者からアドバイスできることはありませんが、逃げない中高年さんの文章からはパワーを感じるので、きっと良い結果につながると思います。

記事のネタが続くかは私自身も分かりませんが、出来るだけ頑張ります。
[ 2013/02/22 21:55 ] [ 編集 ]
そうなんですか
いつも参考にさせていただいています。仙人さんのエントリーはとても難しいことをわかりやすく教えてくれるので助かってました。かなりズバッと言っているのに、ユーモアで楽しませていただいています。日本に戻られるとのことで、また新しい切り口でいろいろ教えて下さい。
[ 2013/02/23 00:50 ] [ 編集 ]
Re: そうなんですか
アヒルさん、コメントありがとうございます。

楽しんでいただけて何よりです。ズバッと言うのがある意味で仕事なので、普段から慣れているのかも知れませんね。必ず更新できるわけではないので、更新が少し止まっても気にしないで下さいね。
[ 2013/02/23 01:13 ] [ 編集 ]
お帰りなさい
NY生活お疲れさまでした。帰国後もブログの更新を楽しみにしています。貴兄の独特な視点に触れることで、自分の視野が広がります。楽天ヲチも継続してくださいね。

おっしゃる通り、日本、特に東京は食に関しては質、種類、コスパ、どれをとっても世界一ですね。存分に楽しんでください。しかし、意外と帰国して暫くたつとアメリカの食事が懐かしくなるものですよ。私もNYのバッファローで2年、アリゾナのグレンデールで1年半をすごした後、1990年に日本に帰ってきました。ほとんどのカテゴリーの食について日本に軍配が上がり「日本サイコー」なのですが、唯一、ステーキハウスについてはブルックリンのPeter Luger Steakhouseを超えるお店にはまだ出会っておらず、時々無性に食べたくなります。 焼き肉店や鉄板ステーキ点はいい店が沢山ありますが、ステーキハウスは今も探してます。でも、東京にはきっとあるでしょう。 サーチ継続です。

東京は寒いですよ。帰路、お気をつけて。
[ 2013/02/23 09:06 ] [ 編集 ]
Re: お帰りなさい
個人投資家さん、コメントありがとうございます。

個人投資家さんもアメリカ生活をされていたんですね。
ピータールーガー行きましたよ。あれはお肉を何かに漬けて、少し熟成させてから焼いているんですよね。ペースト状のホウレンソウも美味いですね。昼はハンバーガーもやっているらしいので、食べたことないですけど、かなり美味いでしょうね。

私もステーキとハンバーガーは米国の方が美味いと思います。
[ 2013/02/23 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索