仙人の祈り

金融業界に進みたがるエリートたち - 自分探しの終着点

これまでに東京やニューヨークのキャリアフォーラムで学生に話をする機会が何度かあったが、運用会社を希望するような学生は決まって俗に言うエリートの卵のような学生ばかりであり、私からするととても気持ちの悪い感じがする。

こういった自称グローバルエリートの卵たちは運用会社の他に、ゴールドマン、JP、バークレーズのような外資系証券や、マッキンゼーやボスコンのようなコンサルにも興味があり、自身を高く売れて、かつ潰しの効くところを探している。

私はやれやれと思いながらも、運用の仕事は学校の勉強とは違い、世の中のあらゆることに興味のある柔軟な発想力を持った人間が生き残るというような話をする。一方で仕事には向き不向きがあり、人生における喜びとは決して給料の高い仕事をすることではないし、たかが数百万円の年収の違いのために好きでもない仕事をするべきではないことも強調して述べる。

全体へのプレゼンが終わり、個別のQ&Aできるセッションへ移行すると、私の周りは学生で賑わう。私は採用には一切関わっていないから、遠慮なく何でも聞いていいと前置きをするが、学生からの質問は「将来ファンドマネージャーになるには運用会社に直接入った方がいいのか、証券会社でアナリストなどをやった方がいいのか?」とか「プライベートエクイティへ行きたいが、コンサルでキャリアを積むか、MBAを取るかで悩んでいる」とか、私の話を本当に聞いていたのだろうかという質問ばかりが飛んでくる。

何も知らない学生たちに私の声が届かないのは無理もないが、彼らのようなエリートによくあるパターンは、金融の仕事が地味で激務で、その上なかなか成果の出ないものであることを知り、30歳になる頃までに脱落していく。私は何人もの業界を去っていく同僚に同じような話をしたことがあるが、彼らは決まって「その話を新卒の頃に聞いておけばよかったよ」と言うのである。

しかし彼らは真面目な人たちばかりなので、挫折の後に、自分が社会に対してポジティブな影響を与えられる仕事をすることが最もハッピーであるということに気づく人が多い。もともと何かに打ち込む力は高い人たちなので、方向性が見えると、新しい道を切り開くのは意外に早かったりする。

こうして彼らは、エリート集団の中で足の引っ張り合いをするだけの毎日とは決別して、NPOを立ち上げたり、学校の先生になったり、女性用の化粧品会社の広報担当者になったりして、本当の意味での自分探しの旅の終着点にたどり着くのである。

私は投資家を辞め、神楽坂で雑貨屋を開いた同僚を訪ねたことがある。8畳程の狭いスペースに、東南アジアを渡り歩いて自分で仕入れてきたという雑貨やアクセサリーが綺麗に並べてある。「なかなか繁盛しているようですね」と皮肉を言うと、彼は投資家の時には決して見せなかった優しい笑顔で「お陰様で、今日の飯が食べられる程度の売上だけどね」と答えた。

クラシクス・ザ・スモールラグジュアリーという六本木ヒルズにある小さなハンカチブランドの広報担当となった同僚もいた。ニューヨークの紀伊国屋の2階の和もの雑貨コーナーに展示してもらうこととなったので、現地で見て感想を教えて欲しいという連絡がきた。

実際に行ってみると、半畳もないような小さなスペースに可愛らしいハンカチが陳列されていたが、一日1枚売れれば御の字という程の目立たなさであった。そのことをメールで報告すると、「改善の余地があるということは素晴らしい」と返信がきた。

彼らのようなケースを幾つも見ていると、金融界の精神的な不健康さが如何に凄まじいのかがよく分かる。学生は自分はエリートであるから、エリートに相応しい仕事があるという間違った認識をもって就活をしている。

医者や、官僚や、弁護士などはエリートに相応しい仕事と言えるかも知れないが、残念ながら金融屋には必ず必要な資格もなく、決められた勉強法もない。私の知っている優秀なプロの投資家は、元野球選手や軍人、畳屋、起業家、作曲家、ピアニストなど、変わったバックグラウンドを持つ人に多い。

結局、エリートにとっては「こんなはずではなかった感」が強く、本当のやりがいのある適職に出会うのには、幾つかの寄り道が必要となるのである。まあ、人生なんてほとんどの時間が(あるいは全部が)寄り道のようなものであるから、その過程を楽しむくらいの余裕があるならいいのだが。

たくさん勉強をしてきたのに、自分の適性はまったく見えていないというのはよくある話だが、結果的に自分に合った仕事を見つけられるのであれば、金融業での殺伐とした日々も、あながち無駄ではなかったと言えるのかも知れない。何れにしても、目的意識のないエリート程、自分探しの旅が長くなりやすい。

BLOGOSで読む
Ceron.jp
[ 2013/02/27 18:00 ] 経済社会 | コメント(7)
毎回どーして、ツボにはまる話をΣ(゚д゚
私は親の言うまま、大学=職業に進み、長いこと悩みました。
周囲を見ても、私ほど、この仕事が嫌いな人はいなかったと思います。
で、二十歳の時に株を始めました、笑
親に遠慮せず自由に生きていくには、まずはお金だと思ったので♪( ´θ`)ノ←単純

何度も辞めたいと泣き、不出来さに絶望し、違う職業を夢みてきました。
でも、あるきっかけで、逃げるのをやめました。
やりたいコトは、まず、この道で1番を取ってからやるぞ☆彡と

今だから言えますが、まずは目の前の仕事ができない人は、どんな仕事につこうと成功しないと思うんです。
仕事はキツイですが、今はこれほど自分を成長させて感謝を感じる仕事は他にありません。

給料も大事ですが、適職って成長と感謝を感じられる場なんだなーと私は思います。
踏ん張ってこそ得られるモノですよね(;▽;)
[ 2013/02/27 21:14 ] [ 編集 ]
Re: 毎回どーして、ツボにはまる話をΣ(゚д゚
るんさん、コメントありがとうございます。

そうでしたか、コメント上はとても明るいるんさんにも、そんな時があったんですね。しかしるんさんのお仕事はとても専門的で、私から見るととても羨ましいですけどね。是非ともその道で頂点まで行ってしまって下さい。頂点のものにしか見えない景色を見てみて下さい。
[ 2013/02/27 21:54 ] [ 編集 ]
うう~ありがとうございまっす(T ^ T)
頂点見てきますヽ(;▽;)ノ

あ、返信はいりません笑
帰国したら、避難食準備して下さいね!
地震多すぎです~( ̄▽ ̄)

[ 2013/02/27 22:38 ] [ 編集 ]
Re: うう~ありがとうございまっす(T ^ T)
申し遅れましたが、私はすでに日本に帰国しています。
都内のスタバでWifiで見ています。

東京もなかなか寒いですね。避難食的な物をカバンに入れておいた方がいいんですね。地震をしばらく経験していないので、感覚を忘れてしまいましたヽ( ̄д ̄;)ノ
[ 2013/02/27 23:07 ] [ 編集 ]
自分探しの旅
あまねさま、
いつも示唆に富んだエントリーを朝の通勤電車で楽しみに拝見しています。

先日読んだ独立系損保社長さんの本にも同じ趣旨が書かれてました。

仕事がないわけではないのに、ニートが増えるばかり。
給料が安く生活保護の方が手取りがよい歪み。

結局その瞬間瞬間でベストを尽くせない人は、永遠に自分探しの旅をすることになるのだろうし、それなりの出会いなり人生になるのかなと感じます。

理不尽を受け入れられるか。

ロールプレイングゲームはまだまだ続きます。
















[ 2013/02/28 06:33 ] [ 編集 ]
Re: 自分探しの旅

花助さん、コメントありがとうございます。確かに大地震が来ると水道が止まって、トイレが流せなくなるのでそういった水の備蓄も必要ですね。地震初心者なので、分からないことだらけです( ゚д゚)。ありがとうございます。

ゆきさん、コメントありがとうございます。

> 結局その瞬間瞬間でベストを尽くせない人は、永遠に自分探しの旅をすることになるのだろうし、それなりの出会いなり人生になるのかなと感じます。

確かにそうですね。明日から本気出すではなかなか変化しそうにはないですね。私も日本人のように恵まれた環境にいて、自分の努力次第では明日からでも新しい夢を見れる国に住んでいるのに、何もしていないで世の中を恨んでいる人を見ると、もったいないなと思ったりします。
[ 2013/02/28 08:55 ] [ 編集 ]
Re: BLOGOS編集部と申します
BLOGOS編集部さん、コメントありがとうございます。

ご返信をお送りしましたので、そちらをご覧頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。
[ 2013/02/28 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索