仙人の祈り

機械に仕事が奪われる - 次はホワイトカラーのターン

手塚治虫の「火の鳥(未来編)」を読んだことがあるだろうか?この作品で描かれた未来の世界では、人類は過去の反省から、国家的に重要な判断をすべてマザーコンピューターに委ねており、その命令に絶対服従していれば、間違った未来の選択を回避できるとものと信じられていた。

火の鳥未来編世界の5大都市はそれぞれのマザーコンピューターが統治していたが、ある日、ちょっとした都市間のイザコザを解決しようとネットワーク上で話合いをしていた最中に、意見が物別れとなってしまった。そして、それぞれのマザーコンピューターが、相手は頭が狂っているので水素爆弾で都市ものとも吹き飛ばすように命令をし、人類は一瞬にして絶滅してしまうのである。

もちろんこれは漫画の話であって、人類のテクノロジーはここまでは発達していない。だが、PCが生まれて40年、ネットが生まれて20年経ち、すでに多くの仕事が機械に置き換えられているのは事実である。企業からしても、雇用した後で教育をしなければならない人員を雇うより、単純な繰り返し作業であれば機械にやらせた方が正確であるしコストも安い。

派遣法の改正によって非正規雇用が容易にできるようになったこともこの流れを助長させた。付加価値のない仕事は、景気が良い時には増やし、景気の悪い時には減少させる調整弁に格下げされた。まるで機械をオンオフするような感覚である。これまで人海戦術に頼っていたような保険や証券のような営業職も、ネットサービスに置き換えられていった。この人たちはまさに、機械によって淘汰された人々である。

リーマンショック後の景気回復のスピードが、過去のどの景気回復局面よりも遅いことが問題となっているが、その理由の一つに、雇用者数の伸びが世界的に弱くなってきていることがあげられる。これはまさに上記のような機械化・IT化による効率性のアップが要因の一つとなっている。

事実「従業員一人当たりの営業利益」を見ると、その数値はどの景気回復局面よりも力強く伸びている。米企業は失業率が歴史的な水準で高止まりする中でも、過去最高益を更新している。2000年のITバブルの時に爆騰したIT銘柄は、将来彼らに移転していくであろう富を先取りしたという意味では、ある意味では間違ったプライシングではなかったとも言える。

ところで、国立情報学研究所の新井教授は「コンピュータが仕事を奪う」という著書の中で、将来は付加価値の低い仕事が減るだけではなく、ホワイトカラーと呼ばれる仕事も、その4割はコンピューターに置き換わると指摘する。

同著によると、コンピューターが苦手な論理的な思考を伴う作業を克服するようなAI(人工知能)の開発が進んでおり、最新のAIではセンター試験の6割を回答でき、2021年までに東大に合格するAIが誕生するとしている。そのうち東大よりも、芸大やお笑いセンター試験の方が難関となるかもしれない。

idiot insideホワイトカラーであっても、「私の仕事は大丈夫」と思い油断をしていると、テクノロジーの進化に追いつかれて職を失うか、給料が下がってくる恐れがある。火の鳥(未来編)の設定は西暦3404年だが、このペースであれば、もっと早くに人間が機械に管理されるような時代が来るかもしれない。

人間というのは、世代を重ねてもその愚かさは変わらないが、一方でテクノロジーは完全に次世代へと引き継がれ、常に進化していく。百年後の未来、機械では決して真似できない生身の人間の希少能力とは、「愚かであること」だけになっているかも知れない。

BLOGOSで読む
NAVER まとめ
[ 2013/03/05 18:00 ] 経済社会 | コメント(9)
う~ん・・・
ありえない話ではないですよね~・・・
ちょっと早くなるということは、2200年くらいからかしら・・・

この記事読むと、生き残りをかけて、うちのアホ息子達を
行列ができるラーメン屋かホストにでもしようかな
なんて思いますね、笑
味覚と女心を狂わすコンピューターは、まだ先だと
思うので♪
[ 2013/03/05 19:27 ] [ 編集 ]
Re: う~ん・・・
るんさん、コメントありがとうございます。

行列のできるラーメン屋は今のところ代替不可能だと思いますので、いいですね。化学調味料を摂りすぎると味覚を感じる力も弱くなるといいますから、リスクは外部環境の変化ですかね。
ホストはある意味で究極のサービス業なので、売れっ子になるにはなかなかの競争力が必要ですね。コミュニケーション力と自頭の良さが求められますので、るんさんの息子さんはポテンシャルあるかも知れませんね(=゚ω゚)ノ。

まあ、ホワイトカラーも常に競争にさらされていて、そのうえ機械とも争うようになったら、ストレスフルな社会になるので、癒し系ラーメン屋なんかがイイかも知れません。
[ 2013/03/05 20:43 ] [ 編集 ]
困りますね。。。
確かに、そんな未来は嫌だけど。
今のテクノロジーの進歩を見れば、
そんな未来を簡単に想像出来てしまいますね。

今、28歳の自分がお爺さんになるころ。
世の中はどうなっているのだろう。

ちなみに、ライト兄弟が世界で始めて1分間の飛行を行ってから、
人類が初めて月に行くまで、
人の一生(100年間)の間で完結しているという事実に、
いかにテクノロジーの進歩が早いかを実感させられます。
[ 2013/03/05 23:47 ] [ 編集 ]
Re: 困りますね。。。
スパイシーボーイさん、コメントありがとうございます。

コンピューターとエンジンなどの動力の発展は凄まじく、しかもこれからもっと凄いことになりそうです。
恐らくは将来、人類は自らのテクノロジーを制御できなくなり絶滅することになると思いますが、まぁ我々にはあまり関係のないことかも知れませんね。
[ 2013/03/06 06:39 ] [ 編集 ]
どんな時代でもタフに(´-`).。oO
癒し系ラーメン…イイですね~!そのアイデア、もらった♪( ´θ`)ノ

小松原さんのように、自力で海外でも外国人と互角に仕事できるようなタフな男に育つなら、私もこんな事考えなくて済むんですが…(T▽T)
どーやったら、こんな人になるんですかね?
親御さんに、教育方針を聞きたいですね笑
[ 2013/03/06 07:22 ] [ 編集 ]
Re: どんな時代でもタフに(´-`).。oO
るんさん、コメントありがとうございます。

タフなように見えるだけですよ。私は昨日は、中国の会社、台湾の会社、日本の会社2社とミーティングして、もうヘトヘトでした(*_*)

「実は孤児であったことろをウズベキスタンの行商人に拾われて育った。」とかいうバックグラウンドなら面白かったですが、私は日本のごく普通の田舎の一般的な家庭で育ちました。小学生の頃の通知書に「体育と図工の時以外ももっと頑張りましょう」という先生の評価コメントを見て、家族が爆笑していたのを今ふっと思い出しました。
[ 2013/03/06 08:48 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
火の鳥とか銀河鉄道999とか、ターミネーターとか、
機械に支配される世界を描く作品は結構あるのですが、
実は今話題の電力不足が人類を救ってくれるかもしれませんね。(苦笑)
[ 2013/03/30 02:55 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです。
銀さん、コメントありがとうございます。

電力をいかに安く効率よくつくれるかが一つのキーでしょうね。物理学が発達して、電気が生まれる仕組みが解明されれば、モーターを回して電気を得るようなことをしなくても、電気を得られるようになるでしょうね。
[ 2013/03/30 07:38 ] [ 編集 ]
考え方変えましょうよ
みんなが仕事しなくて済むようになるんです
ホワイトもブルーも仕事しなくていいなら金持ちが一番無駄でしょ?
そいつらの固有資産全部奪って機械の開発に回すんです
そしたら
誰も働かなくていい
誰も苦労しなくていい
み~んな機械がやってくれる理想社会の完成
全人類総ニート化
みんなで豚になろうぜ
[ 2015/02/04 09:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索