仙人の祈り

2030年Xデー - あの日の出来事を振り返る

2029年12月10日、米国の復活を導いたオバマ大統領以来、歴史上2人目の黒人の大統領となったジャクソン大統領は、民自党の小松原首相との会談後の記者会見で、日本を「Boiled Spinach」(茹でたホウレンソウ)と揶揄し、首相に事実上の引導を渡したことを発表した。

小松原氏は「すべては私の不徳の致すところ。進退は帰国後に発表する。」とだけ記者団にコメントして立ち去った。これを受け、米国からの短期流動性供給が停止するという噂が市場で広まり、日本国債の売りが加速。10年債利回りは150bps上昇し17.50%となった。

全国の銀行へは預金者が週末にも関わらず殺到し、預金の引き出しや海外送金をさせろと騒ぎを起こしており、一部は暴徒化、MUSA銀行(旧三菱UFJ新生あおぞら銀行)町田支店では暴徒化した市民により火が付けられ、国軍が出動する騒ぎとなった。

15日、政府は10万円以上の預金引き出しを禁止した。全国で多発する暴力的行為を受けて、日本政府は国家非常事態宣言を発布し、都市部では届け出なしの19時以降の外出を禁止。ドル円市場は大陸系のヘッジファンドからの攻撃もあり500円を突破するなど、市場は収集が付かなくなる。

27日、USE(欧州合衆国)のマーロン大統領はIMF理事会の後コメントを発表し、日本国債のヘアーカットに応じない日本の大手行を痛烈に批判し、域内での取引をすべて封鎖する可能性を示唆するとともに、中国に指導的な役割を担うように改めて要請した。

2030年1月5日、小松原首相は内閣総辞職を発表し衆議院を解散した。9日、国民の国外脱出が相次ぐ中、中国は$10万以上の資産を持つ家族の移住のみ認め、入国時に資産の15%を永住権として徴収すると発表。ノアの方舟のチケットは外貨建てでしか認めないとした。

10日。富裕層が大使館での手続きに殺到することが予想される中、"新宿連合"、"湘南幕府"、"王子隊"などの民間組織の妨害行為から申請者を保護する目的で、翌朝から国軍が各大使館周辺の厳重な警備にあたる。

29日、小松原元首相を始め、多くの大物政治家が横須賀基地から米国へ亡命したという噂が流れる中、総選挙で第一党となった開拓党の総裁が、民自党の小松原氏を始めとした海外逃亡政治家73名を国外永久追放すると発表した。

2月14日、開拓党は第二党となった新宿連合と連立政権を組み、新国家樹立法を成立させた。これにより償還期限5年以内の国債の80%ヘアーカットの実施と、通貨の額面を半額とするデノミが実施されることが決定。およそ5年前から危惧されていたXデーが訪れた。これを受けIMF支援の下、日本の再出発の目処が立ち、3月1日に新通貨発行と預金封鎖の解除が決定される。

3月1日、約2ヶ月ぶりに市場が開き、日経平均株価は3日間のストップ安の後、2,748円で値が付き、終値は3,021円で取引を終了。すでにデノミを織り込んでいたドル円は小幅の円高に留まり、480円で終了した。

6月15日、6月革命によって北海道、長野、名古屋、大阪、和歌山、愛媛、福岡、鹿児島、沖縄が独立を宣言。財閥系金融機関を排除し、共通の新通貨「楷(かい)」を発行すると宣言。周辺地域の併合や移民を無条件で受け入れる旨を発表。18日、沖縄の国民投票により、米国への編入が賛成過半数となり、米国議会もこれを承認した。

7月12日、新北海道の呼びかけに応じたロシア太平洋艦隊所属の原子力潜水艦が樺太沖を通過していたところ、米海軍が宇宙兵器「T201(通称: 紅の雨)」を実戦で始めて使用。マッハ15で宇宙から放たれた劣化ウラン弾がロシア潜水艦の数メートル先をかすめて、海底に突き刺さるという樺太危機が発生する。

7月18日、中国最大の空母「新華」が対馬近海に接近。米国海軍と思われる原子力潜水艦が弾頭なしの最新魚雷を発射し動力部に命中、新華が対潜水艦ミサイルで応戦する事件が発生。7月20日、新政権の統治力低下に不満を持った民間組織が大挙し、国会議事堂を占拠。

新宿連合初期メンバー21日、開拓党の首相は騒乱を収束させられなかった責任を取り内閣総辞職を発表。8月1日、総選挙で新宿連合党が圧勝し第一党へ躍り出て、初代連合総長のKが首相となる。

連立工作により、参院も押さえたK首相は、18日、国軍を解散し、人員を警察と消防の増強に充てる法案を可決。19日、公務員を1/3にカットする法案を可決。20日、資本金1億円以上の会社に、規模に応じて中学を卒業する子供(通称:マメ)を雇い入れることを義務付ける法案を立て続けに可決させる(日の丸三部作)。

25日正午。K首相が全国民へ向け10分間の演説を行う。IMFの支援の下で日本は再生が可能であるとして、方舟で中国へ脱出をした富裕層、独立を宣言した地方政府に戻って来るようメッセージを発する。

K首相は、我々の祖先がどれ程の犠牲を払ってこの国を築いてきたのかを説き、それを自分たちがどれ程の些細な挫折で放り投げようとしているということを熱く説いかけた。この演説は、聞いて涙しない日本人はいないと言われる名演説として、今日まで語り継がれている。

その後の2年間は新宿連合党の目覚しい働きにより、世界的にも類を見ない思い切った施策が導入された。その一つである産業再定義法(通称: 地方夜露死苦)では、一度は独立した地方政府を、北海道は農業、福岡はIT、大阪はエンタメ、名古屋はハイテクと言ったように、それぞれを特区と定め、法人税を10%とした。

この施策の効果は予想を越え、特区での目覚しい生産性向上に加えて、海外企業の誘致、観光客などが増加し、経済効果は膨れ上がった。そしてその後5年間、日本は歴史上かつてないスピードで国力の回復を達成し、今年2037年、再び中国を抜き、世界第二位の経済大国へ復活を遂げた。

K首相はその直後、リーゼントと特攻服が似合わなくなったとして、首相を辞任することを発表し、同日政界からも引退を発表。その後は世間から距離を置いているため定かではないが、バイクで世界中を旅しているとか、メキシコの海岸で海の宿をやっているなど、いろいろな噂が上がっていた。

約1年後、国民の嘆願を受け政府はK氏に国家厚労賞を授与したが、彼は姿を現さなかった。その数日後、アフリカのジャングルで中指を立てる仕草をする一匹のオラウータンを撮影した動画がアップされる。オラウータンの腰には天皇から下賜された鈺帯(ぎょくたい)が巻いてあることから、K氏本人の仕業であることが判明した。

その数日後、新宿連合党の夜野熱帯雨林(よるのアマゾン、本名: 水野裕)幹事長や前加羅明照(まえからあけてる、本名: 前澤明美)特区省大臣を始め、新宿連合の創設メンバーの多くがこの不祥事の責任を取るかたちで辞任を発表。その後程なくして、彼らも表舞台から姿を眩ませ、海外へ移住したことが判明した。

先日、家族への独占インタビューに成功したCNNの報道によると「あの人たちは本当のバカなので、放っておいてあげて下さい。」とだけコメントを得たという。

(当記事は完全にフィクションです。)
(参考記事: Kの見る夢
[ 2013/03/27 18:00 ] 経済社会 | コメント(14)
明日急いで銀行の預金を全額下してきます!
小松原総理ありがとうございます、

よくぞ我々にそのような重大なシナリオを教えてくれました!

家族ともども御礼を申しあげます!

親戚にも話したのですが誰も信じてくれず、

伯父さんからは大声で怒鳴られてしまいました!

norioお前イクツになった、

もう少し大人になれ!

人生が上手く行ってないからといって有りもしない事を空想して、

現実逃避するのは止めなさい!

地道に働くんだ、

お前は昔から馬鹿な事を言って真面目に働かずに、

株だの金だのと楽して儲ける事ばかり!

親の財産食い潰して・・・

なあここらで心を入れ替えて真面目に働け!

悪い事言わんから!

と説教されてしまいました!

しょうがないので私は家族だけでオーストラリアに行くことにします、

小松原総理、オーストラリアで良いでしょうか、

宜しければアドバイスお願いします。

[ 2013/03/27 18:25 ] [ 編集 ]
Re: 明日急いで銀行の預金を全額下してきます!
norioさん、コメントありがとうございます。

これはフィクションですので、預金を引き出す必要はありません( ̄Д ̄)ノ。国外脱出も今は心配する必要はありません。

新宿連合なる民間組織も存在しません。ただ、猫で言えば、Kは先頭の凛々しい猫、夜野はその右のコワモテ、前加羅さんは一番奥の猫、左は登場させませんでしたが、西園寺鐘子(さいおんじかねこ、本名: 寺西可奈子)で、公認会計士であり、組織の出納係を務めている設定です。皆、Kに勝手に付けられたコードネームです。
[ 2013/03/27 19:11 ] [ 編集 ]
シティバンク再開!
タイムリーにリアルなショックです。

至急、シティバンク預金を再開します。(笑)
とりあえず、再来月からドルコストします。

私も、オーストラリアに一票!
又は、カナダで大丈夫でしょうか?

X-Dayが10年遅れた場合は南相馬で畑を耕して余生を送る予定!

そう言えば、頭とシッポを中国とロシアに取られ、能登に韓国自治区が出来るのは
抜けていましたね。

現在のレートーで、一万円Fx買いの場合、
一ドル300円になったらどれだけ利益出るんでしょうね。

有事の時は、裁定取引は現金化は困難でしょうね。
[ 2013/03/27 21:58 ] [ 編集 ]
この記事
くだらないけど、テレビでやったら面白そうですね。
[ 2013/03/27 22:10 ] [ 編集 ]
Re: シティバンク再開!
ひなこさん、コメントありがとうございます。

FXでしたら、100円から300円になった場合、1枚持っていただけで200万円勝つことになります。しかし、このような財政破綻をした国の通過で200万円儲けたところで、実態としてはハイパーインフレによって物価も高騰しているため、たいして特はしていないことになります。

外貨でしたら、豪州やカナダ、米ドル、ノルウェークローネなどが安定して高くなる可能性を秘めているでしょうね。
[ 2013/03/27 22:12 ] [ 編集 ]
K首相はいつぞやの中学校の同級生?
ここに出てくる、K首相は元弁護士の同級生がモデルでしょうか?
[ 2013/03/28 00:22 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/03/28 05:07 ] [ 編集 ]
久々に朝からおおうけ!
フィクションとはいえ、随所に設定された2030年がおもしろいです。
なめ猫よろしく、○○連合のKとか・・・巨大銀行(よかった「三井住友UFJ銀行」じゃなくて)、欧州は合併してるらしいし、中国はアジアで覇権取ってるし、はっきり「国軍」と明記されてるし。。。
しかし・・・大阪の横で独立してる和歌山って!! 梅と蜜柑の輸出で成り立ってる国かいっ!

まぁ、なんにせよ、首相の座を狙ってると言うことか・・・ふむふむ。
[ 2013/03/28 06:57 ] [ 編集 ]
Re: この記事
としさん、コメントありがとうございます。

当ブログは基本的にくだらない内容ですが、当記事は確かにテレビ向けですね。

ひろしさん、コメントありがとうございます。

仰るとおり、Kは以前に書いたKで、実在する人物をモデルにしています。Kは別の連合を組織していましたが笑。

えぷさん、コメントありがとうございます。

これらの設定のうちいくつかは現実となっているかも知れませんね(*_*)私が政治家になるようなことは天地ひっくり返ってもないと思いますが笑
[ 2013/03/28 07:50 ] [ 編集 ]
Re: ご質問。
中澤さん、コメントありがとうございます。

就活で進路について悩んでしまう気持ちはよくわかります。ただ私が中澤さんのがどのような状況にあるのか、よくわからないのと、私のキャリアパスはある意味で一般的な価値観の人の場合にはまったく参考にならない可能性があります。

ただし、私にメールをするという一歩を踏み出していることを考えると、真剣に悩んでいるようですので、直接メールで返信します。
[ 2013/03/28 10:43 ] [ 編集 ]
分裂して無くなっているのは、
中華人民共和国では?

日本は大地震でガラガラポンからの復活!
[ 2013/03/28 19:50 ] [ 編集 ]
Re: 分裂して無くなっているのは、
gontaさん、コメントありがとうございます。

それはあるかも知れませんね。私も中国人の友人から、いかに中国が歪んだ状態にある国か聞きますが、結構ビックリする話が多いですしね。中国というのは何度も内側からの革命に王朝が倒されているので、景気後退が起きると国民の態度は一変するでしょうね。
[ 2013/03/28 19:59 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
陛下は、陛下はどうなされたのじゃ~笑
まさか天皇制が廃止されているとか???
[ 2013/03/30 02:38 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです。
銀さん、コメントありがとうございます。

天皇制というのは将来はもっと小規模になっているかもしれませんが、なくなることはないかも知れません。日本は歴史的な観点から見れば有史以来ずっと大和王朝なわけで、王朝を倒して新王朝に変わったことがない、世にも珍しい国ですので。

ただし、憲法の第一条に書くようなものでもないので、後ろの方に書いて欲しいですね。
[ 2013/03/30 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索