仙人の祈り

ニートだらけのこの世界 - 悪化を続ける若年層の失業率

2013年1月、世界経済会議に出席したメルケル首相は「ユーロ圏の大きな問題は若年層の失業率だ」とコメントした。

リーマンショックによる混迷により、ドイツを除く多くの国では雇用者数が未だにショック前と比べて凹んだままとなっているが、若年層(15-24歳)の失業率は特に悪化が激しく、欧州、中東、北アフリカなどでは新たな政情不安の種となっている。

各国の失業率と若年層失業率ILO(国際労働局: International Labour Organization)のデータによると、12年末時点で、分かっているだけで世界には7,460万人の若年層の失業者がいるという。この数字はフランスの全労働者の2.5倍、イタリアの3倍に相当する規模だ。

企業のIT化が進んでいることや、経験のない若年層を優先して雇い入れる経済的余裕がないことが主な要因であるが、ギリシアの若年層失業率は44%、スペインは46%、イタリアは29%、フランスは22%と、異常な状態が続いている(*データは11年末であり、現在はこの数字よりも更に悪化している)。

若年層失業率と就活を諦めた人こうした中、慢性的な不景気により、職のない若者が社会からどんどん遠ざかっていることが問題視されている。トルコでは若年層労働者の30%が失業中であるが、そのうちの8割強が職を探すことを諦めている。

日本でもニートは社会問題となって久しいが、日本やドイツでは若年層の失業率は8%程しかない。もちろんこれは進学率の違いを考慮しなければならないが、客観的に見て世界は日本よりもニートであふれかえっているのである。

これを性別で分けて見ると、更に予想外のデータが見られる。ギリシアを除くすべての国で、男性の方が女性よりも失業率が高く、また、職を探している人の率は女性よりも男性の方が圧倒的に高い。

つまり、世の中の男性は女性よりも一生懸命仕事を探しているのに、就職できる確率は女性よりも低いということだ。この要因も、同様に雇い主が若手を雇い将来の幹部となるような人材を育てる余裕がなくなっているためと推察される。

失業率と親元で暮らす人の相関世界中でニートが増えているということは、独り立ちできない大人が増えているということでもある。事実、図のように若年層の失業率と実家暮らしの相関性は世界で見ても極めて高い。

これらの現象が将来の世界経済に大きな足枷となることは間違いない。就業できない若者が増加すると職業技能の継承や、貯蓄の形成、親元からの独立が遅れることとなり、潜在的な成長力を弱めることになりかねない。

ILOは各国政府に若年層の就職支援を強化するように呼びかけるものの、当該各国は経済問題が山積みでそれどころではないというのが実情である。この問題は今後とも尾を引くこととなりそうだ。

BLOGOSで読む
[ 2013/04/02 18:00 ] 経済社会 | コメント(14)
13年度公共工事の労務単価
13年度公共工事の労務単価の改訂で
若い人の雇用がすこし、改善されないでしょうか?


きちんと末端まで、行き渡ればいいのですが。
[ 2013/04/02 19:04 ] [ 編集 ]
こんなのはダメですかねぇ…
歴史は繰り返すという言いますが、人類が経験したことのないコトばかりで、既存の経済学も役に立たない世の中ですね。
日本のコトだけなら対処も楽ですが、世界も考えると頭痛くなります( ̄▽ ̄)
今思いついたのは、世界中の65歳以上の人が暮らす国を作ったらどーかと。
みんな一律同じ年金で暮らし、財産は自国の若者に全~部あげる。
そのかわり、手厚い施設や介護が約束され、老後が楽しみでたまらない憧れの世界…みたいな
姥捨山の逆転発想で世界中の人と仲良く暮らせたら戦争もなくなり楽しいかなと☆彡

モチロン、私も将来入るから、ムチャ憧れるくらいのプログラム作りには参加したいんですけど笑
[ 2013/04/02 19:36 ] [ 編集 ]
Re: 13年度公共工事の労務単価
gontaさん、コメントありがとうございます。

労務単価は15%ほど上がるらしいので、随分と良くなるとは思いますよ。ようやく10年前の水準まで戻ってきました。仰るようにこれがすべて給料に反映されるわけではないですが、短期的には雇用にもプラスじゃないでしょうか。記事にあるように日本はまだマシで、海外の若者はもっと悲惨ですね。
[ 2013/04/02 19:40 ] [ 編集 ]
Re: こんなのはダメですかねぇ…
るんさん、コメントありがとうございます。

スペインの若年層失業率は現在は50%あります。ラテン系の人々は楽天的過ぎやしないかと日本人からすると思ってしまいますね。

るんさんの姥捨山はなかなか面白いですね。いづれにしても若者に活力がない国は、後でとんでもないことになるので、何とかした方がいいですね。一票の格差が問題になっていますが、若者に2票あげるとかはどうですかね。そしたら政治も若者の待遇改善に尽力してくれるでしょうから。
[ 2013/04/02 19:56 ] [ 編集 ]
T
全面的に同感です。

ただ、一方で、私は次のような仮説も成立するような気がしています。
(あくまで個人的な仮説ですが・・・)

・この問題は各国の努力不足というよりも、人間を一つの資源と考えた場合、今はこの人間という資源が過剰になっていることに起因している。そして今後、IT(中でもAI周り)の発達に伴い、このトレンドは加速していく。

・これを解決するため、次のような仕組みを行う。
企業のIT化が進みそれで生産性が向上する
→(ニートが増え失業率が高まった分をカバーできるくらい)社会に対し生み出す富の総量が今よりも増える
→再配分の仕組みを、全世界が協力しうまくワークさせる

・ITの力で
(1)一部の人が
(2)ニート達
を養うことに成功すれば、コンピュータという名の奴隷に労働をやらせ、人間は労働に囚われず好きなことをできるようになる(古代アテネの現代版)
(1)の人たちも、ITの力で労働量を減らすことが可能になる。

→人類が労働から解放されるユートピアへ。労働に囚われず、好きなことを追求できるようになる。


(※こうなったらいいなぁ・・・という私の願望が多分に入っています汗)
[ 2013/04/02 20:33 ] [ 編集 ]
こんなのどうでしょうか?
周さんのコメント読んでて思いついた事。

若者に投票権2票はムリだと思うのですが、善行をすると
次回の投票時に0.1あるいは0.01ポイント加算のクーポンが貰える
というのではどうでしょうか!

例えば、運転免許更新時、ゴールド免許を貰えるとします。
「あなたの道路交通法遵守を讃え、次回の選挙時、
あなたの投票権は1.01とカウントされます。」

例えば、地域ボランティアに参加するとクーポンが貰えるとしたら…。

そうすると、努力した自治体は人口の割に票数が増えます。
政治家は、人々が善行しやすいよう生活環境を整え
企業は、投票ポイント制度に協賛するようになったりする。
どんどん、住み良い街になってくる…。*\(^o^)/*

もちろんジャッジが必要ですが、あらゆる団体から独立した機関を設立する。
(それが1番難しい所です。)
弁護士等司法試験合格者で構成し、全国民の憧れの職業になる…

というのは、どうでしょうか!


[ 2013/04/02 22:05 ] [ 編集 ]
Re: T
Tさん、ひなこさん、コメントありがとうございます。

Tさんのご指摘のように、機械化された世の中の最終的に行き着く場所には私も興味があります。
http://senninn.blog.fc2.com/blog-entry-568.html
産業革命の時も労働者は暴動を起こして機械を壊しましたが、人間が機械を支配して労働がいらなくなるユートピアもありうるかもしれませんね。逆に人間が支配されるようになったら地獄ですが、、、。いずれにしても、そうなると人口増加や食糧問題とも重なってきますね。

ひなこさんの、ポイント制度は実に柔軟なよいアイディアだと思います。運用する事務が面倒ですが。こんなこと言ったら問題発言なんでしょうが、私は納税している額に応じて選挙権が多くなる制度があってもよいと思います。たくさん納税した人が、国政に物言う権利があるというのは全うなことだとは思うのですが、、、。
[ 2013/04/02 22:58 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございます。

この問題の行き着く先、本当に興味深いですよね。
「機械との競争」の延長線上に、トマスモアが書いた管理社会型のユートピア(ディストピア?)が500年の時を経て実現するのか、それとも「火の鳥 未来編」で描かれているようなことが起きるのか、あるいはこれら2つとは違うまた別の何かが起きるのか・・・
自分が生きている間に何が起きるのかを、しっかり見届けておこうと思っています。
[ 2013/04/03 00:56 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Tさん、コメントありがとうございます。

そうですね。私も理想はユートピアで毎日ファミコンをして過ごしたいですが笑、そもそもユートピアがあるなら誰も努力してゲームをつくってくれないという矛盾が生じてしまいます。純粋な社会主義が上手くいかなかったのは、人間の行動の原動力は欲であることを利用できなかったことにあるように思います。
若者の失業率の高さが、単に不景気だけではないとすると、この議論はとても重要になってきますね。
[ 2013/04/03 10:02 ] [ 編集 ]
たくさん納税した人が、国政に物言う権利があるというのは全うなこと
今日のユニクロがまさにそれ
[ 2013/04/03 18:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
名無しさん、コメントありがとうございます。
ユニクロは業績いいですね。GAPを買う噂が広まりましたが、それはどうもなさそうですが。攻めるなら北米よりもやっぱりアジアがいいですね。
[ 2013/04/03 20:48 ] [ 編集 ]
今時ニートも失業も全然普通ですよね!
でその事に付いて心配性の伯父さんに言ってやったんです、

伯父さん今じゃ失業もニートも全然OKなんだよって!

スペインやギリシャじゃ若者の約半分がそうなんだよって、

今に就職して働いてるのが異常だって言われるぜ!

だから俺が働いて無いからってあんまり心配しいで!

って言ったんです、

そしたら下向いて黙って聞いてた伯父さんが、

肩を震わして泣き出したんです!

で言った言葉が!

norioお前歳は幾つだって!

俺・・・アッ~

その時床が開いて奈落の底に落ちた様に感じたのは気のせいでしょうか、

周さん!




[ 2013/04/04 17:52 ] [ 編集 ]
Re: 今時ニートも失業も全然普通ですよね!
norioさん、コメントありがとうございます。

伯父さんの心配はよく分かりますが、別に収入があって自立しているのなら良いのではないでしょうか?
基本的に雇用統計では、一定期間就職活動をやらなかった人は、就業する意思のない人として、失業者にはカウントしないようにします。家で個人でビジネスをやっている人が増えていますが、その人たちは失業者にはカウントされていないということです。
[ 2013/04/04 19:51 ] [ 編集 ]
沢山納税しようがすまいが一票は一票
たかだ銭勘定で民主制の根幹を揺るがすのは如何なもんだろうな
[ 2013/04/20 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索