仙人の祈り

城門は開かれた - 次はリーダーたちがリスクを取れるか

先日、与謝野・元経済財政相が、ロイターのインタビューに応じ、『日銀は物価を動かす能力は持っていない。そういう人に物価目標を作らせるのは無責任極まりない。株が上がって、円が安くなったからといって、お祭りしているのは、この政策がダメだということを証明しているようなものだ。』、と政府・日銀を批判していた。

ここだけ見ると、今年最大級の「お前が言うな」が聞こえてきそうである。黒田総裁の政策が正しかったかどうかは、未来にならないとわからない。もしかしたら、日本崩壊のトリガーを引いた人物として歴史に名を残すかも知れないが、株価を上げたという点においては、何一つしなかった与謝野氏よりは、明らかに評価できるのではないだろうか。

開城1ただ、同インタビューで氏は、『日本経済が本当によくなるためにはやはり、人が良く働き、新しい技術を作り、海外でモノを売る努力を一生懸命するという、従来と変わらない努力が必要』 とコメントしていたことには共感できる。

表現としては聞き飽きたものであるが、今一度考えてみると、これが出来るか出来ないかは日本経済にとって、とても重要なことであると思う。ジョージ・ソロスやFT紙には「日本は大きな賭けに出た」とか「後戻りの出来ない道を歩んでいる」と言われているが、今度ばかりはどうやら本当にラストチャンスであるようだ。私たちはどうしたら海外でモノが売れるのか、皆で真剣に考えてアクションを起こす必要がある。

私は久しぶりの日本に帰って来てみて、「この人たちで大丈夫であろうか」という一抹の不安を感じている。電車に乗るオジサン達は「会社行きたくねーな」「仕事やだなー」という声が吹き出しで聞こえてきそうなくらい気力がないし、日本の企業経営者と話をしても、彼らの考え方や価値観は悪い意味で何一つ変わっておらず、「改革」という言葉がまるで定食の漬物のようにプレゼン資料に添えられているだけである。

今年1月にラスベガスで開催されたCESでは、パナソニック、ソニー、シャープ、東芝などの日系企業が、フルハイビジョン(208万画素)の4倍の画素数を持つ4Kテレビを前にして「大画面化するほど、自社の技術力によるテレビの画質が差別化要因になる」とドヤ顔でプレゼンしていた。

そしてそのすぐ近くのブースでは数え切れない程の米国ベンチャー企業が、次世代のウェアラブルコンピューターや脳波デバイスを応用したアイディア商品を発表する。私は両者の間には大きな隔たりを感じずにはいられなかった。

自分たちの技術を消費者に売り込む大手の日本勢と、どうすれば消費者をワクワクさせられるかという発想から製品を提案する米国ベンチャー企業。中抜きの改革と期待を上回る改革。責任を取らないリーダーと業績にフルコミットしているリーダー。「後戻りの出来ない道を歩んでいる」国の企業とはどうしても思えない。

本当に土壇場に立たされていると感じているなら、なり振り構わず組織体制や評価体系を変えているはずであって、「改革の具体的な中身はなんですか?」と問われて、「給与計算などのバックオフィス業務をすべてアウトソースする」などと、投資家の前で言えるわけがない。

某携帯最大キャリアーは「自前主義からの脱却」とプレゼンをした1ヶ月後に、独自規格のOSであるTIZEN(タイゼン)を搭載したスマホを年末頃に出すと発表する。AndroidにOSを寡占されたくないという思いから、自分たちの自由度の高いOSの開発をしているのだが、「消費者から見てどんなメリットがあるのか」という問に対しては答えがない。

これは組織が縦割りで、企業としての戦略が統一されていない査証であり、経営者のグリップが効いていないことが見て取れる。新しいスマホ向けOSの開発は、仕事のない社内失業者のために仕事を作ることが真の目的であり、経営者は消費者と株主を無視した経営を続けている。

もういい加減、変わってもいい頃である。リーダーたちは、自身の発言と行動にリスクを負って、既存のやり方をぶち壊す勇気が必要だ。政府・日銀はすでに四方の城門を開門してしまったのである。あとは「我に続けー!!」と言い放ち、打って出ていかなければならない。

上場企業経営者に送る5つの言葉ダメな会社の5つの法則、でも述べたが、トップがリスクを追っていない組織は上手くいかない。リーダーがやらなければならない最低限の仕事は、組織を鼓舞し、人材を見出し適所に置くことだ。社長も含め、まずは年齢序列の組織体系と評価体系を改めることから始めて欲しい。

ノスタル爺が支配する日本型の社会システムはもう通用しない。この先は誰よりも柔軟でクリエイティブな組織が生き残る時代になる。これからが本当の勝負。なり振り構っている場合じゃありません。一緒に頑張りましょう。

BLOGOSで読む
[ 2013/04/14 18:00 ] 経済社会 | コメント(18)
コメントが不正は投稿と判断されアップできません。
何故?
[ 2013/04/14 20:12 ] [ 編集 ]
Re: コメントが不正は投稿と判断されアップできません。
ひなこさん、コメントありがとうございます。

そうですか。私は何も制限をかけていませんので、FC2さんのシステム上の問題かと思います。最近サーバーも落ちまくりで不安定で少し困っています(~_~;)。少し時間を置いてからまたお願いします。
[ 2013/04/14 20:26 ] [ 編集 ]
長文はダメなのかしら?
先週のひなこはとてもついていませんでした。

火曜日に一番やりたくない役員の仕事。( ゚Д゚)㌦ァ!!

水曜日は内職兼外注の仕事に入ってみると
材料が全く用意されておらずー
(頭の中ではミッションインポッシブルのテーマが流れ出す♪)
気を取り直し発注作業から頑張りましたが、3回♪流れた所で
足は肩幅、左手は腰、右手の中指立てる状態…。
事務の女の子が気の毒そうに笑って居りました。(=`ェ´=;)ゞ

木曜日は先日新人研修した所で、朝礼で3分間スピーチというものを
やるのですが、(何を話しても良い)
当日お休みを取り出来ない人が続出、
2w先の予定の私が朝礼の最中に、所長が言ったのは
「二人お休みで、次はひなこさんお願いします。」Σ(Д゚;/)/…エエ!?

金曜日、社長がホームページで外人さんウェルカムと宣伝しているので
通訳連れてこない客が多いのですが社長の奥さん(白色碧眼)人種ではなく
髪を見せてはいけないお国柄とか、英語も出来ない中国の方とか…。
いらっしゃりー。

もーほとんどボディランゲージでした。
「ひなこさん、くねくね頑張っていましたね。」
と慰めてくれた新人は英文科卒と聞いたのは、
全てのコトが終わった後でした。 (#`-_ゝ-)ピキ

[ 2013/04/14 21:13 ] [ 編集 ]
内容が不正?
アップしようとした文章は、お題を変えても、
長文を2つに分けても無理でしたので、周さんに直接メールで送ります。

上記のはナゼカか大丈夫でしたね。

[ 2013/04/14 21:21 ] [ 編集 ]
必要悪か?
先週ついていなくて、ぼーっと考えていたら思いついたこと。
特に火曜日の学校役員の悪夢がこの発送の下地になっています。

北のミサイル、誰もが撃っては欲しくないのですが
金曜日TVのオバマを見て違和感が…。

北との対話を求める米の姿(?)が
就学時前の子供のけんかに見えてしょうが無いのです。

「先生、周くんがひなこを叩いています。」
「周くん暴力はいけないよ。ちゃんと話してみようね。」
でも、ひなこは先生の見ていない所で
「周のバイキン。クサイ!キタナイ!こっち来るな!」などなど
暴力は使わないけれど言葉の限りを尽くしてイジメているのです。

ひなこのお父さんはお金持ちで地域の重要人物。
それに対して、周のお父さんは生活保護者です。

今回の米→日本の金融緩和で、新興国は経済的に苦境に陥ります。
新興国以下の北朝鮮は…?

今回の件は強く正しいアメリカを世界に印象付けるのに最適な状況でしょう。 実際、私にはオバマがアイアンマンみたいに見えました。

この辺は、このブログの参加者がインターナショナルになってきているので
海外ではどんな感じに映るのか、ご意見が欲しい所です。

日本のTVではJ坊がディズニーもどきで遊んでいる姿が繰り返されていますが
スイスで学業を修めたJ坊は自国の状況をキチンと把握していると思います。

北は崩壊させた方が良いとの考えもありますが、
地続きの韓国・中国に北生活保護者の面倒を押し付けられるだけで
メリットは余りありません。
(韓国は分断されて逢えなくなった親戚に会うことが出来る位かな。)

朝鮮半島ソウルの緯度は愛知・静岡と同等ですが
気候は東北・北海道と同じとか。
今キャベツの産地は関東近県、北海道ではホウレン草位
北海道の小麦の収穫は7月半ば
韓国の北に位置する北朝鮮の春はまだまだ先の事でしょう。
北国民は相当餓えているのかもしれません。

今日のケリーの来日も、遠くの伯父さんが説得に来たよ!
後は、近くの親戚(中国・韓国)が面倒見てねの下ごしらえのついで…。

アメリカのヒーローショウの出演料は食料で
J坊のプライドのためのミサイル撃ってしまっても
面倒見切れなった中国のお間抜けぶりが暴露されるだけ…。
と考えるのはチャーリー・マフィンの読みすぎでしょうか?

これ、金曜日にアップしてみたのですが、
FC2混み過ぎでうまく出来ませんでした。(´_`。)グスン
[ 2013/04/14 22:27 ] [ 編集 ]
Re: 必要悪か?
ひなこさん、コメントありがとうございます。

なるほど、確かにいつものアメリカのショーの一つで、北朝鮮は崖っぷちに立たされ続けてヒステリーを起こしている状態かも知れませんね。B2やF22まで持って来たので、北朝鮮は縮み上がってしまったのでしょう。F22一機あれば、北朝鮮に勝てますからね。
J坊ではない、他の力が北朝鮮を実質的に動かしていると考えるのが妥当でしょうね。彼が全権を掌握していたら、もっとまともなことをやっていると思います。彼自身も身を守るために仕方なくトップを演じているのかも知れません。
中国は軍事戦略上、北朝鮮に崩壊されては困るので、今回も軟着陸させると思います。
[ 2013/04/14 22:46 ] [ 編集 ]
J坊が跡継ぎの理由
J坊は長男ではない所がポイントでしょう。

何人いるのか判らない兄弟の中で、公に姿を現す気力があるのが
J坊だけだったのかもしれません。

春秋時代の中国、幼少で帝位に着いて長生きした話は思い浮かびません。
実質的な事は側近がやっているにもかかわらずです。


翻って日本ですが、平安の頃より天皇が幼少でも長生き
摂関→関白等名前をころころ変えて実権を握る者が現れる。
(そいつらはしたい放題…。)
トップが責任を取れないのは1,000年物語なのかもしれません。(泣)
[ 2013/04/14 23:18 ] [ 編集 ]
変わらない、
こんばんは。毎回、楽しみに拝読しています。

私がS社を退職して、早くも4ヶ月、私は今、住宅ローンのデフォルメとプリペイのリスクを統計モデル化することで、収益構造の把握と監督官庁の検査対策用のソリューションをマーケティング・販売する仕事に就いています。
蛇足ですが、今後は、ポートフォリオの収益構造のモデル化にも取り組みたいと考えています。
できれば、為替なども視野にいれたいです。

ところで、転職の折には、相談を聞いて頂き、ありがとうございました。本当に感謝しています。

さて、その折にも触れましたが、「技術があれば物が売れる」と、真剣に信じているのが、日本で4Kテレビを推進しているメーカーなんです。どうしてもルールが変わったことに気付かないようです。
折角の千載一遇の円安効果が無駄にならないこと強く願います。
[ 2013/04/14 23:31 ] [ 編集 ]
そもそも皆、間違ってないか?
よく日本の総理はリーダーシップが無いと言うけど。
私にはどーも信じられないんだよね。

一国のトップに上り詰める程の人間にリーダーシップが無いわけがない。
私にはどっからどう見ても制度、仕組みの問題に見えるんだよ。

総理一人で決断して実行できることって想像以上に少ないよ。
日本の場合は組織の制度上、総理がリーダーシップをとる事は難しい。
合議制ゆえに総理は党内の調整に追われるんだよ。

企業も同じ、不採算部門をリストラしようとしても、
社員を解雇することがどれ程難しいか。
場合によっては解雇無効判決が当然の様に出るからね。

日本の場合、別に年寄りが悪いわけでも、
リーダーが悪いわけでも無く制度が悪い。

私はそう思うね。
[ 2013/04/15 00:46 ] [ 編集 ]
名無しさんへ
とても正しい素晴らしいコメントだと思います。

ですが、時代の流れは早く、今回日銀が作ってくれたチャンスに乗るには
明確な方向性が必要で、それが見えないのが皆さんの不安なんだと思います。

呼ばれてはちがう仕事場に行く毎日ですが
私は決まりきった仕事の中で、概念を視覚化する様努力しています。
とりあえず、いまの所どの職場に行っても好評です。

日本が遅れてしまったのは、技術に頼りすぎ
感覚的な物ををないがしろにしてしまったから…。

繊細とか複雑とかそう言ったものでは、日本がアメリカに負けるはずはないと思うのですが!
[ 2013/04/15 01:11 ] [ 編集 ]
名無しさんへ
雇用流動化を始め、確かに、日本には是正すべき制度的な問題があろうかと思います。
しかし、私が、中で感じたのは、制度以前の経営マインドや責任の問題でした。ステークホルダへの責任は、保身の上に立ち、技術力は自己満足でしかなく、顧客ニーズや市場とアンマッチなマーケティング力のなさが、液晶テレビの出荷台数が前年割れの今、4Kテレビを押してくる戦略に表れていると思います。
これらは、私の周りにあった一例です。冒頭に書きましたが、制度的にも問題があると思いますが、まずは、経営戦略の見直しと、一番は経営マインドの回帰を希望します。
[ 2013/04/15 07:52 ] [ 編集 ]
私がいなくても賑わっている仙人の祈り!
知らなかった!

仙人の祈りは私がいないと二進も三進もいかないと思っていたのに!

思いっきり問題無く!いや、いる時よりも活気付いてレベルが上がってる!

時代は変わったのか、ノスタル爺ーは私だったのか?

いやそんな筈は無い!

たぶんチャンネルが5になったんだ!

そうに決まっている!

な~あんだそうだったのかハハハ・・・



違う!

正体がバレたんだ!



[ 2013/04/15 08:28 ] [ 編集 ]
Re: 私がいなくても賑わっている仙人の祈り!
ひなこさん、逃げない中高年さん、名無しさん、norioさん、コメントありがとうございます。

名無しさんのご指摘は最もですが、総理はどうか知りませんが、私は数え切れない程の日本と米国の経営者を知っている上で、日本のトップにはリーダーシップがないことを知っています。もちろんそういった会社に私が投資することはありません(空売りはしますけど)

組織体制が悪いのも含めて、それもトップの責任だと思います。私が記事に挙げた会社もそうですが、自分の代は保守的に過ごして終わりたいという保身があるのは、紛れもない事実です。

[ 2013/04/15 08:58 ] [ 編集 ]
権力、財力、知名度 保身の気持ちは解るのですが、成長の伸び悩みは起こりますね
内から壊し、外に向けて発信して行く勇気が求められるんですよね…
[ 2013/04/15 13:41 ] [ 編集 ]
最近聞かなくなった言葉
叩き上げ、草の根…。

経営者と、現場の意識の温度が離れている。

現在実質的にアメリカの属国であろうが
我々の思想・宗教・文化の下地は中国に由来するものが多い。

焚書により、中国が失ってしまった物(過去の栄光の思想…知恵)さえ
日本にはまだ残っている。

アメリカを真似てもダメ。

日本がなぜ日本のままの国家でいられたのか?
なぜ経済成長できたのか思い出すべき。
制度は昔から変わっては居ない。
でも、成長出来た…。何故?

欧州に金融緩和の動きあり?
残された時間はますます短くなる…。




[ 2013/04/15 14:34 ] [ 編集 ]
Re: 最近聞かなくなった言葉
あささん、ひなこさん、コメントありがとうございます。

アメリカのように社長の給料と株価を連動させる仕組みなどが必要と考えています。あるいは、60歳以上の役員は20%以内にしなければならないとか。

日本がスーパーブレイクしたのは、勤勉な性格と、単純にモノに対する憧れなどがあったような気がします。今の若者はモノには執着がないので、新しいインセンティブが必要ですかね。
[ 2013/04/16 12:35 ] [ 編集 ]
ワクワクドキドキ 楽しみにしています
小松原さん いつも楽しく 読みやすく 勉強させてもらっています

電気メーカーが 4Kテレビを発表しているのを見て疑問に思っていました


僕には 技術的 インフラ的に 可能かどうかは わかりませんが...

テレビにカメラを付け ライブ画像通信が簡単にできるテレビがあれば と思っています

おじいさん おばあさんなど 孫見たくて買い替えるかな~と

あと 防犯的にも 利用できるシステムをくわえると 便利かなと思います

ドライブレコーダーみたいに 留守中に動きがあると 録画されたり
テレビがスイッチオンになり音量で 居留守の反対の カムフラージュされたり笑


僕は 企業の偉い方とお話しをする機会などないので...


聞いて見たいな と思いコメントさせてもらいました


これからも 楽しみ&応援しています

[ 2013/04/16 17:41 ] [ 編集 ]
Re: ワクワクドキドキ 楽しみにしています
中卒自営業さん、コメントありがとうございます。

ちょっと前にシャープが目覚まし時計付きテレビを発売していましたが、それなら中卒自営業さんのアイディアの方が遥かに良かったですね。シャープの経営陣にあることは多分もうありませんが、別の会社にあった時に伝えておきます。防犯は超高齢化の日本には大切な切り口ですね。
[ 2013/04/16 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索