仙人の祈り

カード普及の促進策 - ライフアシストポイントという劇薬

「ライフアシストポイント」という制度が、安倍政権の成長戦略の一つとして検討されている。

これは、クレジットカードの利用に応じて国が一定割合をキャッシュバックするというもので、7&i、イオンのような流通大手や、イオンフィナンシャル、クレディセゾンなどのカード会社が業界団体を結成しロビー活動を行っているものである。

カードブランド彼らの提示する具体的なアイディアでは、「年間のカード利用額の50万円を超えた部分に関して5%のポイントを付与し、上限の200万に対して年間最大10万円まで国がキャッシュバックをする」というものだ。

家電エコポイントや住宅エコポイントなどは、特定の業種のみ恩恵を受けるという問題点があったが、この仕組みであれば、小売から外食、公共料金の支払いまで、カードで支払ったものなら全てに適用されるので、業種間の不公平さは是正されるという。

確かに、消費を底上げしたい政府にとってはこのアイディアは一見興味を引く。だがしかし、この施策は大手流通業がクレジットカードの普及率を上げることを目的としていることには、十分な注意を払わなくてはならない。

経産省のデータによると日本のカード使用額は44兆円で、家計可処分所得における割合は15.3%と、米国の26.8%、韓国の38.7%などと比べて、まだまだ少ないことがわかる。日本の消費の弱さは、このカード普及率の低さにも原因があるという考えが日本の流通業界の考え方だ。

もともと、この制度はアジア通貨危機後の不況にあえぐ韓国で行われたものであるが、実際に消費の促進とクレジットカードの普及率を急速に高めるという結果をもたらした。大手の流通業はこれに着目して、今が好機とロビー活動を強化しているのである。

もう一つには、米系大手の存在がある。デバイスを支配しているアップルやグーグルなどの米系大手が、本格的な電子決済事業への参入を匂わせており、日本の流通業界は危機感を強めている。ECやリアル店舗間での提携を活発化させているのも、こうした動きを警戒し顧客の囲い込みを急いでいるためである。

このように、一見聞こえの良い話の裏には、大手流通業の自分本位の意図が隠されている。ただ、現在の日本においては、この制度は国民の理解を得づらい状況であるため、簡単に制度化に至ることは考え難い。

そもそも、消費税が増税された場合に、3%分の増税で増える税収が、5%のポイントのキャッシュバックの歳出増で相殺されてしまうため、何のための増税かわからなくなるという問題点がある。税収アップを将来へ先送りできない日本において、税金を使用した消費刺激策はハードルが高い。

また、仮にこの制度が導入されたとしても、キャッシュバック期間が終了した後には、大手の流通業者が圧倒的に有利になる。中小の業者にとってカードの普及は、カード導入による客数アップよりも、カード会社に支払う手数料負担の方が大きく、必ずしも歓迎できることではない。結果的に、カードの普及率が高まり、キャッシュバックの補助制度が終った後は、大手による淘汰が進むことになる。

このように、ライフアシストポイントは、財政の問題を無視していることや、同業者間において公平な施策ではないという重大な問題が隠されている。政府としても、消費を増加させるために頭を悩ませているところであろうが、ライフアシストポイントは劇薬に近い選択であるということを強調しておきたい。

BLOGOSで読む
クレジットカードの読みもの
[ 2013/05/23 18:00 ] 経済社会 | コメント(12)
税金もカードで支払えればいいですよね。(笑)
[ 2013/05/23 20:48 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してます
おサイフケータイやデビットカードは含んだ割合でしょうか?
私のアイデアは国営の消費者金融を創設することです。全国有権者に上限を収入の半分とするカードを配ります。収入は確定申告と年末調整でわかります。一人一人にナンバーつきのカードが配られるので、自動的に知らぬ間にマイナンバーが導入されます。金利は利息制限法の上限に設定。民間消費者金融を圧迫せず、また取り立てが極めてゆるいため気軽に借金をし、消費活動に当てられます。
効果はクレジットと同じはず。毎月の返済金利をライフアシストポイントの付与対象とします。
金利収入は一般会計として国に納めらることにすれば増税幅の縮小にもなるでしょう。
借入を踏み倒した場合の世間体は相当なものでしょう。脱税並みの非国民っぷりでしょう。
[ 2013/05/24 04:15 ] [ 編集 ]
小手先…に感じるわね
国が率先してやる施策で、国民のためであると実感できたものって何かしら…
私はこういった物から切り離されても生きる術を身につける方が楽しくて

…それでは日本が良くならないかしら?

ならば、私なら4年生から英語ではなく、株価と為替の勉強を取り入れるとニュースで流したいわ…

若者から経済を学べば、将来に自分達で考える術が身につくし、新しい力で経済が活性化すると思うのだけど…

もっと…根本的な…
一時期痛みを伴っても膿を出し再発しないようなOpeなら、私も乗れるかと…



[ 2013/05/24 07:07 ] [ 編集 ]
Re: 小手先…に感じるわね
曲者さん、銀さん、仙女の踊りさん、コメントありがとうございます。

お金を配るのではなく、消費に紐づけてお金を配るのは悪くないアイディアですが、もともとの発想が大手の流通が自分たちの利益のみを考えてロビー活動しているという浅ましさがありますね。
この国の競争力の劣化は何によってもたらされたものなのかを考えて、そこに対する施策を打って欲しいですね。そもそも勉強をしていない大人が多過ぎですね、日本は。電車の中の光景は本当に酷いです。
[ 2013/05/24 20:10 ] [ 編集 ]
高きと低き
「NISA」といい、だましに近いのはどんどん出てくるんですね。
ここの読者は「ライフアシストポント」で還元されても
消費増えたりしないでしょうね。(笑)

この時代にかなりアナクロですが、ひなこは年金・健康保険・税金を
毎月銀行に支払いに行っています。
モチロン、「引き落としにしましょう」コールは頻繁に来るのですが
毎月、「こんなに支払わせられている!」を体感していると
自然、ニュース・政策等を見ざるをえません。

家のドアを開けた瞬間、人件費無料のコドモ達の奴隷に戻るひなこは
せっせと原材料購入し製作にいそしんでいるのですが、
パンまで作っている(ホームベーカリーだが)ひなこ家では
日用品、原材料費の高騰はエンゲル係数を押し上げ、
来月は小麦粉とお米どこまで下げようかなとか考えている所。
ヤマザキさんの苦労、私わかりますです。

今週は「投資」について考え直しのさなかに、乱高下がありいろいろ疑問が浮上!
ここの過去ログは、まさに答えの宝庫ですね。
山の高さを感じてしまいました。
[ 2013/05/25 09:36 ] [ 編集 ]
Re: 高きと低き
ひなこさん、コメントありがとうございます。

消費を上げるにはやはり国が伸びていくという国民全体の自信が必要ですね。小手先の施策では、皆すぐに国に乗せられていることに気づいてしまいますので。

山パンは7月からパンの値上げを行う予定です。ひなこさんの読みどおり、資源高、円安、によって、パン業界の覇者でも耐えられなくなってきました。

給料が上がらないと、通貨安による生活品の値上がりが気になり始めますね。
[ 2013/05/25 14:37 ] [ 編集 ]
電車の中の
酷い光景ってなんですか(゚o゚?
NYと違うのかしら

あんまり乗らないから(・・?)うーん、なんだろ?
来月乗るので、教えていただけたら
見てきます~♪

あもしや痴漢⁇
( ̄◇ ̄;)い、いや違うか
[ 2013/05/25 16:57 ] [ 編集 ]
今日は暑かった!
昨日オーソリティーでパートの奥さんが色っぽい目でカードのニュー会を

勧めに私に声を掛けて来た!

私は魔法に掛った様に言われるままにニュー会した!

何故か年収の欄に収入も無いのに見栄を張って

1000万円と書いてしまった!

奥さんの眼はキラリと光った!

あれは私に好意を持ったのだろうか?

・・・あ!  不信感か!





[ 2013/05/25 18:19 ] [ 編集 ]
Re: 今日は暑かった!
るんさん、norioさん、コメントありがとうございます。

酷いというのは、電車の中での日本人の過ごし方のことを言いました。携帯ゲームや漫画を読んでいる人ばかりで、本を読んだり勉強をしている人がほとんどいません。別に携帯ゲームも漫画も私はしっかりキャッチアップしており、それ自体を批判しているのではありません。しかし、皆の電車での過ごし方を見ていて、あまりにも自己研鑽をするマインドがないことがよくわかります。人材の国際競争力という意味ではどんどん差が開いていってしまう気がします。

オーソリティってスポーツオーソリティのことでしょうか。小売業にとってカードはとても美味しい商売です。自社ブランドのカードを使ってもらえば、他店で使った場合でも決済手数料が儲かります。AppleやGoogle、Amazonは次は当然ここを攻めてくるでしょうね。
[ 2013/05/25 19:42 ] [ 編集 ]
そっちでしたか笑
ある意味、平和ボケなんでしょうね(^^;;

国の法律が密かに変わり、海外資産は証券も含め税金対象になる時代ですから危機を感じる方は、ポートフォリオと分散に頭使う毎日でしょうね。
私も仮想空間より、現実のサバイバルゲームの方が好きなので、多くの方がそうなら時間がもったいないなーと思います。
ワンピースは好きですが笑
あ、何回も投稿したら、norioが怒るな  Σ(゚д゚
やっべ~退散♪
[ 2013/05/26 06:51 ] [ 編集 ]
電車の中
確かに電車の中の光景は仰るとおりですが、
前提が違います。
今の日本に「大人」は居ません。政治家も含めて。もちろん私も笑
人生50年の時代、元服は14歳15歳でした。
今は人生80年。単純に割合で行くと24歳25歳から大人ですが、
ここは足し算です。
つまり44歳45歳からが大人なんです。
そう考えると辻褄が合う気がします。
ちなみに売り言葉に買い言葉の噂の市長は42歳ですから大人ではないのです。
私の言う「大人」の定義ですが、「武士道」或いは「ノブレスオブリージュ」
を理解し実践している人のことです。
そうすると、まあほとんど「大人」は居ません・・・
[ 2013/06/01 11:30 ] [ 編集 ]
Re: 電車の中
銀さんコメントありがとうございます。

なるほど大人でないなら仕方がないですね笑。モラル・エコノミーという言葉は日本社会では通用しなそうですね。
まあ社会人になっても学生時代と同じように勉強しないと国際競争力を失いますよ、ということが言いたかっただけですヽ( ̄д ̄;)
[ 2013/06/01 11:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索