仙人の祈り

中国で短期金利が再び上昇 - 「影の銀行」へメスを入れ始める可能性

当ブログで度々コメントしてきたが、私は米国よりも中国経済にリスクを感じている。豪ドル/ドルの価格は5月の初旬から大きく下げ始めており、経験上これは中国経済の悪化を示唆するサインであるからだ。

足元で中国のオーバーナイト金利が急騰しており、現在は過去最高の13%程度になっている。これまでもこのようなことは頻繁に起きていたが、すぐに人民銀行が流動性を供給したために、騒ぎはすぐに収まった。

不動産バブルとシャドーバンキングしかし今回は人民銀行がまったく動いておらず、市場心理が急速に悪化している。市場が心配することとは、不動産・インフラ投資バブルの崩壊である。中央政府はいよいよ本気かも知れないという噂が市場では流れている。

中国では不動産の値上がりを見越して多くの業者がシャドーバンキングから高金利でお金を借りて不動産やインフラへ投資をしてきた。シャドーバンキングとはその名の通り「影の銀行」であり、不動産のバブルを抑えるために総量規制を強いた中央政府の監視を迂回して設立された、銀行による簿外の闇金である。

銀行は中国の高いインフレ率によって、実質金利(名目金利 - インフレ率)が極端に低下しており、これを避けるために高金利貸し業者を設立し、そこを通じて不動産投資でお金を欲しがる投資家へ高金利で貸しつけ、インフレをヘッジしてきた。

だがシャドーバンキングの貸出残高は、GDP比100%を超える金額にまで膨れ上がっていると指摘する専門家もおり、大きな問題となっていた。もちろん中央政府はこれを知っていたが、経済成長を優先させるため、これまで放置してきたのが実情だ。

今回、市場が不暗視する要因は新政権による方針転換である。新政権は今年の10月に新たな構造改革案の骨子を発表する予定である。これに先立って、中国経済の時限爆弾のようになっているシャドーバンキングを潰しに掛かっているのではないかというのが、不安の主因である。

中国政府が長期的な健全性のために、短期的な痛みを受け入れる覚悟を決めたのであれば、短期市場への流動性の供給を絞るであろう。これはアジアの金融・素材市況に留まらず、世界のリスク資産にとって短期的にネガティブな話となる可能性がある。

新政権は政治・経済の透明性を高め、国としての信頼性を向上させようとする動きが明確にあるが、これ自体はとても健全なことであるし、長期的には歓迎すべきことであろう。何れにしても、中国の動向はかなり注視した方がよい。
[ 2013/06/24 18:00 ] 投資全般 | コメント(33)
バーナンキの発言が意表を付いた事から、
中国・欧州の危機を想像した。

中国しぶとく粘って、欧州先か?
[ 2013/06/24 22:36 ] [ 編集 ]
いよいよ
中国バブルの本格的な崩壊が始まるのでしょうか?

アベノミクスがどうのこうの言うよりもかなりの

衝撃的なことが起こるんでしょうか?

一般市民はどう対策を取れば良いのでしょうか?
[ 2013/06/24 23:28 ] [ 編集 ]
 
第2のリーマン・ショックが来るのでしょうか?
塩漬け株の中には「中国企業と技術ライセンス契約締結」との
中国様頼みの会社がありますし、困りますね・・・。

今日のニュースで、日韓通貨スワップ協定30億ドル打ち切りとのこと、
明日も乱高下相場となりそうです。
中国と韓国から外貨が流出がすでに始まってますね。
[ 2013/06/25 00:19 ] [ 編集 ]
Re:
皆様コメントありがとうございます。

中国当局の考え方は軟着陸でしょうから、名前の付くようなショックになるとは私は考えていません。ただ、金融というのは連鎖しますので、ちょっとの締め付けが大爆発に繋がることもあるので、その部分には(可能性は小さいですが)警戒が必要です。

私もブログをやってみて、個人投資家の方は全般的に株式投資の考え方がプロとは異なることに気づかされました。株を買う時は十分に慎重になるべきです。そして買った株は基本的に売ることは考える必要はありません。コツコツと投資しながら、貯めて増やすのが資産形成というものです。

先進国で最弱の日本企業へ投資して、億万長者を夢見るのはナンセンスです。自分で働いて得たお金を、より効率の良いところへ投資してプラスαで資産を伸ばすのが、個人投資家にとってのベストな投資スタンスだと思います。

私はゴールデンウィーク明けからポートフォリオをディフェンシブに思いっきり振りました。しかしその時、個人投資家の多くは強気でした。個人投資家はプロと同じ土俵で戦う必要はありません。時間には制約がないのですから、ゆっくりと資産形成をしていけばよいのです。
[ 2013/06/25 08:50 ] [ 編集 ]
たしかに!
ご教授ありがとうございます!

すぐに結果を求めてしまうのは良くないですね。

おっしゃる通り株を買って、少し上がると

すぐに売りたくなってました。
[ 2013/06/25 09:20 ] [ 編集 ]
今はカメ
ディフェンシブとは、守りにはいる安定的な株ということなんですね

私も日本株は持たず、増やすよりも減らない方向に頭を使います
長期的にみて株は下がっていくと思うので、今はじっと見守る時期です
たたでさえ仕事で神経使うのに、こんな不安定な場でリスク負って増やす必要ないような・・(・v・:)だって疲れね?
機関と個人投資家の強みと弱点を活かし、相場の変化にもアタフタしない
スタンスの方が、精神衛生上いいですね

20、30、40年先のハッピーな自分をイメージして
・・・名付けて、ディフェンシブ・カメ戦法~っ☆

でも、ここぞという時がきたら、カメはアグレッシブに変身しますよー
甲羅の下にスケートボードを忍ばせてますから笑
[ 2013/06/25 10:01 ] [ 編集 ]
Re: 今はカメ
繰り返しですが、投機や短期投資を繰り返しても、結果的に資産は増えません。
カメのような投資がベストです。日本株でもこの10年で利益が15倍、株価が10倍になっている銘柄もあります。その株はリーマンショックの時でさえ、全く下がりませんでした。
そう言った銘柄を探し当てるのが株式投資の醍醐味です。

とは言っても短期の動向が気になってしょうがない読者からのメールが多いので、少しだけヒントをお教えしましょう。円安に支えられていると思って輸出系の企業を持っていると痛い目にあうかも知れません。私の中ではとある明確なイメージが浮かんでいます。
[ 2013/06/25 12:56 ] [ 編集 ]
アベノミクスに乗れた奴等は、下げもしっかり取ってるよ。
今は、次の機会を待ってる最中だろう。
個人投資家は投資も投機も休むのもアリだから。

宇宙人のるんさん、Dow下がりでNEMも下がっている様だね。
買い増しのチャンスだ、おめでとう。
[ 2013/06/25 15:54 ] [ 編集 ]
あらやだ
アベのノリさんは、私のファン?それとも宇宙人に興味が?それとも暇人?
私の買った株をリサーチしてくださるなんて♡

本日書いたとおり、カメですよ、カ~メ~
私は多少の上下にも左右されないように、この株を選びました
てか、落ちても先が見えてるよーなやつ
でも、20切ったら買い増しするかな???
他の株も、そのくらいのスタンスでいますね笑

ちっちぇ~額に、いちいちビビってられっか!!
一度決めた道は、どーんといくんだ!男はどーんと
(あ、私女だった??)
[ 2013/06/25 21:08 ] [ 編集 ]
いつもブログの記事とは関係無い質問ばかりでなんなんですが、、、

いつもこの時間でほろ酔いの酔っ払いです…。

日本の年金の将来にいてはどのようにお考えでしょうか!?

日本が崩壊すると考えたら年金なんて考えるまでも無いことなんでしょうけど、

年金基金は大半が割と近い将来に大半は解散することになるようですし、
その影響もかなり気になっているのですが、
どのようにお考えでしょうか?

[ 2013/06/26 19:34 ] [ 編集 ]
Re:
年金についての見解はこちらのエントリーで述べましたので、参考にして下さい。日本に住み続けるならば、国民年金は払った方が得です。

http://senninn.blog.fc2.com/blog-entry-500.html
http://senninn.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
[ 2013/06/26 19:47 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

5~10年後に一斉に基金が解散するとなれば株式市場に与える影響は大きいのだろうなと思いまして。
なんらかの受け皿は作るのでしょうけど、解散となれば株式も清算しなければならないわけだろうし。

基金の株式市場における影響ってどの程度なのかと。
[ 2013/06/27 08:40 ] [ 編集 ]
個人投資家
小松原さん、いつも勉強させていただいて有難うございます。最近の新興株の下落で個人投資家は大きな損失を出している人も多いと思われます。僕は投資する場合、ROEが高く、PERが低い企業を選び、できるだけ出来高、人気がない時に投資するようにしていますので、影響はありません。実際、過去2年、来期を入れて3年間、ROEが3割以上増加していて、PERが10倍前後の株も存在します。僕は今後もそのような企業を探し続けます。個人投資家がバイオ株に手を出しているのが自分には理解できません。株価はいずれ業績に見合った株価に近づいてくるからです。確かにバイオの上昇は魅力がありますが、今後も僕は理解できない株には手を出さないで行こうと思っています。ただ、本当に株式投資は難しく、忍耐が要求されますが、僕は株式投資が大好きです。
[ 2013/06/27 08:54 ] [ 編集 ]
くまちゃんへ
僕は株式投資が大好きです。
⇒小学生の作文かっ(笑)

[ 2013/06/27 22:06 ] [ 編集 ]
Re:
バイオ株は私も一株も持っていません。市場ではペプチドリームの詐欺疑惑で盛り上がっているようですね。私は幹事団が怪しかったので会いませんでしたが、会わなくて良かったですね。

企業価値への投資を行っている人ならバイオには手を出してはいないのではないでしょうか?

当たり前と言えば当たり前ですが、ROEが向上していく企業に長期投資していけば、よい結果となる可能性が高いでしょう。
[ 2013/06/27 22:33 ] [ 編集 ]
Re:
少し前の「お知らせ - 読者の皆さまへ」で全く同じ質問をされた方がいます。
繰り返しますが、プロである私が個別銘柄の投資判断を助言契約を結んでいない個人に述べることは致しません(というか出来ません)。
私のブログを読んで頂ければ、その銘柄に感して、私がどのように答えるか想像できると思います。
[ 2013/06/28 07:34 ] [ 編集 ]
やはり、そうですよね!

つまらない質問してすいませんでした。(><)

ちょっとこれに関しては、かなり悩んでいたものでつい・・・
[ 2013/06/28 11:11 ] [ 編集 ]
株式投資の世界
自分みたいな素人とプロの投資家と同じ土俵で戦うのが株式投資の世界です。ただ、やり方によっては自分達素人が、プロの方達より投資成績を上回ることができると思います。去年、僕は来期を含めた3年間でROEが3割以上増加していて、PERが10倍以下の株でありました、ユナイテッドアローズとキャリアデザインセンターに投資して、両銘柄とも2倍以上値上がりました。今後もそのような銘柄を丹念に探していこうと思っています。小松原さんのブログはとても勉強になります。今後も、人の良い所をどんどん、吸収させていただいて頑張って行こうと思っています。
[ 2013/06/28 12:02 ] [ 編集 ]
Re:
こちらに以前書いたように、パフォーマンスという意味ではプロと素人の差はありません。
http://senninn.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

プロにあって素人にないスキルというのは、もっと金融工学に近い分野のスキルでしょうか。お客様が求めるリスクとリターンに合わせたポートフォリオを自在に組むようなことは、素人には出来ません。プロというのは銘柄選択というより、リスク管理などに優れているという側面がありますね。
[ 2013/06/28 12:29 ] [ 編集 ]
小松原さん、有難うございます。今後は心理学を含めて様々な分野の勉強をして行きたいと思います。勿論、現場を見ることも大事であります。ユナイテッドアローズに投資する場合も何回も店に足を運びました。僕は常に僕の理解できる分野にだけ投資するようにしています。
[ 2013/06/28 19:04 ] [ 編集 ]
森を視るクマさん
くまさん、興味深い話ありがとうございます。
実証できた人がいると心強いです。

証券会社のサイトなどの詳細条件検索で
優良株候補は調べることは出来ても、
実際にお店に行ったりする努力は
素晴らしいです。

ピーターリンチやバフェットの
ロジックをアレンジしながら
納得かつ安心できる投資をしたいものです。

5月以降の乱高下で心がザワザワするなら、
投資金額か銘柄かに再考の余地ありと。
[ 2013/06/28 21:23 ] [ 編集 ]
社長の交代
ゆきさん、僕が一年前にユナイテッドアローズに投資した要因の一つが社長の交代、旧経営陣から、新たな経営陣になり、会社が変わっていくと思ったこともあります。社長は投資する場合、とても大事であり、人物像、人相を自分なりに徹底的に調べます。股、新興企業の場合、アナリストレポートが少ないので、同業他社も調査します。僕は飛びつき買いだけはしたくないので、投資する会社は納得するまで調べて、長期間保有しようと思っています。
[ 2013/06/28 21:43 ] [ 編集 ]
くまさん

では聞きますが、ユナイテッドアローズこどこが、他業種、同業他社より秀でてますか?
要所を簡潔に述べましょう
[ 2013/06/29 07:38 ] [ 編集 ]
株式掲示板
ここは株式掲示板ではありませんから、僕は個別企業の詳細についてはここでは述べません。小松原さんの過去の記事の指摘どうり、グリーやディーエヌエが年初来安値をつけています。僕達も今後もっと先を見据えて投資をするべきだと、再認識しました。
[ 2013/06/29 09:42 ] [ 編集 ]
くまさん、ゆっくりゆるりと。
相手の顔が見えない掲示板は普通に文章書くだけでも殺伐としてきます。

ましてや株の成功体験は内容に関わらず不愉快になる人もいます。
顔が見えないからと毒を出して日頃の憂さ晴らしをする人もいます。

私がここが心地よいのは、ゆるやかさだったりらしくなさだったりします。

それではよい週末を~
[ 2013/06/29 10:47 ] [ 編集 ]
業績相場と金融相場
株主総会の開催がピークに達していると思いますが、お土産目当てに出席してみるとそこで報告される決算内容は、増収増益がほとんどといった印象です。なのに株式相場は、業績とは裏腹に冴えない動きが続づく企業が多いと感じています。

一方、マスコミ報道によると、ヘッジファンドの決算期が米系は5・11月、欧州系は6・12月だそうで、この決算に絡む売買が増加することからこの時期の相場は、企業業績とは無関係に乱高下を繰り返すというのです。

この間、日本の株式市場は、バリュー投資もファンダメンタルズ投資もあったものではなく、ヘッジファンドの決算の調整弁になっている、との指摘があります。最近の相場動向を見ると、アベノミクスと黒田バズーカ効果により判定は難しいと思いますが、小松原さんはそこのところどのようにご覧でしょうか。(また、素人は、この時期積極的な投資は控えるべきでしょうか。)

[ 2013/06/29 22:05 ] [ 編集 ]
Re:
皆様コメントありがとうございます。

ゴールデンウィーク明けの頃は、こめからはプロが勝ちやすい相場になるので、風が読めない人は参加しない方がよい、とコメントしたと思います。

ヘッジファンドの決算などはあまり関係がなく、日本株の調整はプロからすれば予定通りの動きといった感じだと思います。皆さんの目には触れないでしょうが、世界中の優秀なファンドマネージャーはゴールデンウィーク前後から守りに入っていたようですね。私にとっては敵も流石にやるなーといった感じですが。

個人投資家は日本企業の実力を急に過大評価していないでしょうか?世界中の企業を見ている投資家から見たら、日本株の評価はどんなものかを想像してみるとよいでしょう。為替以外で何が変わったか、よく考えて見ましょう。為替以外で何も変わっていないのであれば、こんなところで十分ではないでしょうか。

中長期では株価は企業業績を完全に織り込みます。お祭りはゴールデンウィークで終わり、そろそろ取捨選別がゆっくりと始まって来るでしょう。日本株の中にもこれから大きく伸びる、お宝のような企業はありますよ。まぁ、それをもし私が言っても信じない人が大半だと思いますが。それこそが投資の醍醐味ですね。
[ 2013/06/29 22:46 ] [ 編集 ]
Re:
今回も示唆に富んだお答えをいただきありがとうございます。

>中長期では株価は企業業績を完全に織り込みます。

私もそれを信じて日々精進したいと思います。

>日本株の中にもこれから大きく伸びる、お宝のような企業はありますよ。

もう少しヒントがあるといいのですが、、、、。

[ 2013/06/30 16:29 ] [ 編集 ]
昔の名前が出ています?
以下は、12/9のエントリでした。

「ニッチ産業のトップ企業となるだろう。医療用の針や、卵を割る機械や、寿司ロボットなど、・・・・」

たとえば寿司ロボット、その後高値2.5倍です。

ここにあまねさんが書かれていることで重要そうなことだけでもコピペ
するだけでも投資への心構えが変わりますし、
どれが重要かわからない方は、ブログの最初から全部プリントアウトして
通勤時間に読むだけでも楽しいです。
http://senninn.blog.fc2.com/page-32.html

一所懸命勉強しても儲からないのが株ですが、
知れば知るほどもっと知りたくなるのも株です。
いずれにしても、労なくして益を得るのは将来嫌な汗をかきそうです。

おやすみなさい。
[ 2013/07/01 23:58 ] [ 編集 ]
5年後の自分を想像する
個人投資家も機関投資家も『投資家』という点では同等!

己の資産を己の判断においてリスクに投資するからこそ
リターンは得られる。

もし、ここで周さんが「これがお宝ですよ!」と教えてくれたとして
信じて5年持ち続ける事ができるだろうか?
(その間、不測の出来事が起きるかもしれない。)

結局、信じれるのは自分の判断のみである。

5年後の生活を想像してみる。
5年後、自分は何をやっているのだろう。
その時必要な物はナニなのだろう。

何に投資するのか、それは、個人のライフスタイルにより変化する。
お宝探しだけが投資ではないと思うのですが…。

ポートフォリオの重要性を感じるこの頃です。



[ 2013/07/02 07:35 ] [ 編集 ]
Re:
そうですね。ニッチトップ企業が伸びるのは、ある意味では当たり前で、強豪がいないというのが良いところですね。

日本の素材産業がボロボロになったのも、単純に過当競争により国内予選で体力を消耗してしまったためです。それに比べて強豪のいない企業は、値段も下げる必要がなく、数量の増加を享受できるため、収益性が高くなります。

外食産業や小売店の収益性がいつまで経っても低いのは、参入障壁が低く、競争が激しいためです。逆に、先日書いたオリエンタルランド(ディズニーランド)は一貫して値段を上げています。この差はとても重要ですね。
[ 2013/07/02 07:49 ] [ 編集 ]
あらまぁ~ひなこったら!!
なんか、ちょっと見ないうちに逞しくなったんでないのぉ~?
私、そーいう考え、大好き笑

「誰かの人生をなぞるくらいなら、死んでしまえ」

最近、一番びびっときた言葉なんだけど、コレ笑

小松原さんはプロだし、世界をまたにかけるイイ男だし、ゲイにもモテル
からといって(これ関係ない?)
全部コピーして熟読する(まじっ?)、ゆきさんのようなカワイイ模範生徒には
どーやってもなれないな
あ、ゆきさん誤解しないでね、その素直さが素晴らしいと思うから

どっちかというと、アタシの人生、アタシのやり方でいくわ♡だな
え?これじゃぁ男受けが悪い?
ばかねぇ、分かる男には分かるのよ!!

[ 2013/07/02 09:24 ] [ 編集 ]
目標は3桁億円
株価が上がったか、下がったか?

そんな事は、もはやどうでも良いと思う。
そんな事より、どの様なプロセスを経て投資へ至ったのか?
自分がどの様に考え、どの様な心理状態で投資したのか?

全てのプロセスが納得できるものであれば、
例え株価が下がっても後悔はしないはずだよ。

自分で見つけた素晴らしい企業に投資し、
利益が元本の2倍、3倍と増えていく瞬間の気分は例えようがないもの。

「ここの業界はこれから伸びますか?」や
「この企業はどう思いますか?」なんて人に聞く時点で
自分は興ざめですけどね(笑)
[ 2013/07/02 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索